川遊び(水遊び)での子供のケガ防止にはサンダル選びが重要となりますが、我が家はKEEN(キーン)のサンダルを選びました。なぜKEENのサンダルなのか?…その特徴やサイズ感など、家族で履きたいおすすめのサンダルをご紹介します。この夏にキャンプで川遊びを考えている方、必見です!

KEENのサンダルが川遊びに最適な3つの理由!「つま先ガード」「滑りにくい靴底」「脱げにくい」!

KEEN(キーン)はアウトドアにぴったりなフットウェアを展開しているアメリカ・オレゴン州ポートランドを本拠とするブランド。

2003年の創業当初からKEENのサンダルは大人気で、またたく間に世界で愛されるシューズブランドとなりました。

愛されるその理由のひとつは「つま先保護機能のサンダル」=「トゥ・プロテクション」だということ。

創業者がボートでつま先を怪我した経験をきっかけに『つま先を守るサンダルを作りたい』とKEENを立ち上げたそうで、ブランドの根幹とも言えるコンセプト。

そして、KEENを立ち上げた時のモデルが「Newport(ニューポート)」であり、靴のようなサンダルとして注目を集め世界的なヒットとなった経緯があるそうです。

●川遊びに最適な理由1.つま先を守るデザイン

川は石が多く流れもあり、足元がよく見えずつまづきやすいため、つま先が保護されているサンダルだと安心。

●川遊びに最適な理由2.滑りにくい靴底

川底はぬめっており、滑りやすくなります。KEENのサンダルのようにグリップ性の高い靴底だと滑りにくい。

ちなみに、川専用にするのであれば靴底がフェルトのものが望ましいですが、普段履きには不向き。

●川遊びに最適な理由3.脱げにくい

ビーチサンダルなどで川に入ると脱げやすく、脱げたサンダルがそのまま流れていくこともありますが、KEENのかかと付き・足首で固定するタイプのサンダルだと、しっかりと足をホールドしてくれるので、その心配がぐっと下がります。

過去のハピキャン記事でも詳しく紹介しておりますのでチェックしてくださいね。

「KEENサンダル」実際のサイズ感は? 少し小さめなので幅広甲高は要注意!店舗•通販でも試し履き必須

ではKEENのサンダルを購入する際「普段ご自身が履いている靴と比べ実際はどうなのか? 」という点が気になりますよね。

もちろん、店舗に出向き試し履きすることが一番ですが、通販などで購入したい場合もあるかと思います。

そこで、我が家を例にとると…(キッズとレディースに限りますが…)

KEENのサンダルを買うときに注意してほしいのが、「少し小さめ」なつくりだという点! 特に幅広甲高タイプの人ですとワンサイズ上ぐらいがいいかもしれません。

●参考:実際のサイズ感(キッズ用/男の子)

【息子の場合(2歳5ヶ月)】

●実際の足サイズ15.0cm

●スニーカー16.0cm→KEENサンダル18.0cm

普段履いているスニーカー(ナイキのダイナモフリー)のサイズは16.0cm。もうそろそろ16.5〜17.0cmの靴に替えようかな、悩むぐらいの足のサイズです。

靴下をはかせた状態でKEENのサンダル18.0cmを履かせて、やや余裕のある感じ。

●参考:実際のサイズ感(キッズ用/女の子)

【娘の場合(4歳6ヶ月)】

●実際の足サイズ16.0cm

●スニーカー17.0cm→KEENサンダル18.5cm

普段履いているスニーカー(ナイキ ノーヴィス)17.0cm。靴下をはかせた状態でKEENのサンダル18.5cmを履かせて、全体的に余裕のある感じ。

●参考:実際のサイズ感(レディース用/筆者)

【筆者の場合】

●実際の足サイズ約23.0cm

●スニーカー24.5cm(私は幅広甲高なので…このサイズ感がジャストフィットすることが多いです)

●KEENのサンダルは25.0cmがベスト!

基本的には少し大きめのサイズがいいかと思いますが、足の形状は個人差が大きいので、試し履きすることをおすすめします。

近くに店舗がない・買い物に行くのが難しい場合は、Amazonのprime wardrobeや返品無料の商品を活用すると自宅でフィッテングができますよ。

【リトルキッズ向け】水陸両用サンダル!つま先安心で脱ぎ履きが容易「ニューポートH2&ウィスパー」

●KEEN ニューポートH2 サンダル リトルキッズ(15cm〜19.5cm)

創業モデルとして長く愛されている「ニューポート」ですが、こちらは「ニューポートH2」というモデル。聞くところによると、違いは…初代ニューポートを水辺用に特化した現行モデルらしく、速乾性が高いのが特徴らしいです。(ほぼ同じと考えても良いでしょう)

走り回るやんちゃな男の子や女の子におすすめできるモデルで、親指から小指までしっかりガードをされているのがわかりますね。

キャンプ場では木の根や石など、つま先にひっかかりやすいものが多いですが、これならつま先も安心です。

脱げにくいサンダルは「履きにくい」こともありますが「ニューポートH2」は2歳5ヶ月の息子もひとりで履くことができるくらい履きやすいのが特徴。

かかとがスニーカー仕様でループもついているので、普段の靴を履くようにスッと履いていました。

ただし、小さなお子様ではマジックテープがきちんと取り付けられないことがありますので、履き終わった後に必ずチェックしてあげてくださいね。

●KEEN ウィスパー サンダル リトルキッズ(15cm〜19.5cm)

4歳の娘はウィスパーを選びました。ニューポートよりもつま先ガードの部分が少なくなりますが、しっかりガードしてくれます。また、デザインが女の子らしくアウトドアサンダルの「ごつい」感じはぐっと減りますよ。

「ニューポートH2」「ウィスパー」と、靴底のパターンはそれぞれ違いますが、両方ともしっかりと厚みのあるソール。

たくさん歩くキッズにはこのようにしっかりしたソールの、川でも陸でも活躍する水陸両用タイプのサンダルが重宝しますよ。

【メンズ&レディース】KEENサンダル「ニューポートH2&ウィスパー」紹介!家族お揃いでもOK

「ニューポートH2」はデザインも豊富でキッズだけにとどまらず、メンズ・レディースも商品展開がありますので、家族でお揃いでもOK。「ウィスパー」は女性用のため、大人用はレディース展開のみです。

※ちなみにいずれも大人用のデザインは、かかと部分が開いています。

●KEEN ニューポートH2 サンダル メンズ

●KEEN ニューポートH2 サンダル レディース

●KEEN ウィスパー サンダル レディース

【KEEN ローズ サンダル】シンプルかつフェミニンなデザインでもアウトドア機能はバッチリ!

子供たちに「ニューポートH2」や「ウィスパー」を購入したなら…お揃いでも良いかな?と思いましたが…あえて私が選んだのは女性的なデザインの「ローズ」サンダル。

川遊びよりも普段履きでの機会を意識して、デザインで選びました。

アウトドアのどっしりしたデザインではないので、街履きでも浮きませんし、スカートにもよく合います。

もちろん、つま先はしっかりガード。さらに足首でしっかりホールドされているため、子供を追いかけて走っても脱げる心配やつま先をケガする不安がゼロです。

歩きやすいので、キャンプやアウトドア以外でもどんどん履いてお出かけしたくなりますよ。

【 KEEN ヨギ サンダル】我が家の男性陣が絶賛!長く使え普段履きからフェス…キャンプでも大活躍!

川遊びには不向きですが…我が家の男性陣が愛してやまないサンダル…それが「ヨギ」。

実弟が最初に履き始め、アラカンの実父も履くようになり、そして筆者と結婚して数年、夫もヨギデビュー!というのも、身長や体格がさほど変わらない男3人。

衣類や靴が使いまわしできるため〝少し借りたときにその履き心地の良さを体感〟→〝そのまま自分の物を買う〟という流れです。(笑)

●アウトドアライクでかっこいい!大きいサイズの「つっかけ」

我が家の男性陣に愛されているポイントは「履きやすさ」「快適さ」「大きさ」。

デザインは見たまま!〝つっかけ〟そのものなので、履きやすさは勿論のこと通気性も(言うまでもなく…)良いです。

そして肝心なのが…〝靴底も滑りにくく〟しかも〝クッション性もあり〟全てにおいて快適なんだそうです。

そして大きさ。3人とも180cmを超える高身長なので洋服や靴のサイズ選びが難しいのですが、KEENは29・30と大きめのサイズがありますので、小さめのつくりでもフィットします。

実父はシンプルな黒一色のヨギを愛用しているのですが、その歴なんと10年!!

河原でBBQなどアウトドアではもちろんのこと、普段もごみ捨てなど、ちょっとした時にも履いており、未だに現役。「長く履き続けられるサンダル」として身近で立証済みです。

●KEEN ヨギ サンダル メンズ

●KEEN ヨギ サンダル アーツフル

夫は〝人とは違うデザイン〟が大好きなのでアーツフルタイプをチョイス。まだ愛用歴は浅いですが長く履いてほしいものです。(実の父で立証済みなので長く履けるはずですが…)

KEENサンダル+靴下で冷えや虫刺されから肌を守ろう! 水辺のレジャーではライフジャケットも必須!

KEENのサンダルを履いている人を街中でもキャンプ場でもよく見かけますが、靴下の上から履いている方を見かけますよね。 夏でもキャンプ場の朝晩の冷え込みや虫刺されから足を守るのにも実は靴下が役に立ちます。

また[水辺遊び]で、意外と忘れがちなのがライフジャケット。毎年夏になると多くの水難事故が報道されています。水辺遊びを計画している人はKEENのサンダルと一緒にライフジャケットの準備も忘れずにしてくださいね。