おぎやはぎの2人がプレゼンキャンパーを迎えて、キャンプを楽しむ番組「おぎやはぎのハピキャン(メ〜テレ制作)」。プレゼンキャンパーに大阪吉本のキャンプ芸人・グッピーこずえさん、ゲストに庄司智春さんをお迎えし「冬こそ楽しいグループキャンプ」を実施!何度も使えてエコなハクキンカイロや、薪ストーブなしでも温まれる快適な寝床作りの秘訣を伝授!

ゲストは庄司智春さん!プレゼンキャンパーはキャンプ芸人のグッピーこずえさん

おぎやはぎのハピキャン」シーズン24となる今回のゲストは、お笑いコンビ「品川庄司」の庄司智春さん!

普段は家族でキャンプに行き、登山もやっているという実はアウトドア派な一面を持っているんです。

でも今日僕プレゼンキャンパーじゃないんですよ

あ、そうなのね

そう、今回はゲストとして庄司さんを迎えプレゼンキャンパーには別の方をお呼びしています。

ただでさえ寒い冬、アウトドアをやるのは少し億劫になっちゃいますよね。そこで今回は、「ファミリーや仲間と冬でも楽しめる(冬こそ楽しい)キャンプ」を教えてもらいます。

紹介してくれるプレゼンキャンパーは、お笑い芸人の「グッピーこずえさん」です。

キャンプ芸人として、様々なメディアで活躍されていて、自身のYouTubeチャンネル「こずちゃんネル。」でも「ファミリーキャンプ」の動画を投稿し人気を博しています。

おぎやはぎさん、庄司さんともに初対面ということで、まずは挨拶から……。

こんにちは、グッピーこずえです!

声出てますね

張りすぎました?

この番組は、そんなに大丈夫だから

普通の番組なら初対面でもお互いトップギアで行くことが多いかもしれませんが、ハピキャンはこの辺、ゆる〜く進行していき、だんだん仲良くなっていく番組です(笑)

でも、そっちの方が本当に「キャンプをやって、自然の中で交流してる」という感じがして良いですよね。

ロケの舞台は千葉県「RECAMP 勝浦」 初心者ファミリーでも快適に楽しめる高規格キャンプ場

おぎやはぎさん・庄司さんの3人が「[Jeep Compass](ジープ コンパス)」に乗ってやってきたのは...千葉県にある「RECAMP 勝浦」。

都心から2時間弱という立地で、電源サイト、お風呂・シャワー付き、トイレにはウォシュレットもついており、炊事場ではお湯の使用が可能という、いわゆる高規格キャンプ場です。

子ども向け遊具も充実しており「設営の間は遊んでおいで〜」なんてことも可能な、まさにファミリーキャンプにはうってつけのキャンプ場です。

今回のロケでも、様々な遊びを体験をしましたので後ほど記事にて紹介いたします。

【RECAMP 勝浦】

所在地:千葉県勝浦市串浜1830

営業:通年営業

定休日:定休日あり/毎週水・木曜日※春休み・GW・夏休み・冬休み期間は無休

公式HP:[https://www.recamp.co.jp/katsuura]

冬キャンプの楽しみ方「ハクキンカイロを使って寒さ対策」! SDGsかつ何度も使えてエコな相棒

キャンプ場について、まずは設営……といきたいところですが、グッピーさん流の冬のキャンプではまずは、カイロを作って寒さ対策をします。

「何?カイロを作るって...」と思いますよね。今回作るのは「ハクキンカイロ」と言って、「ベンジン」という液体の化学反応を用いた、繰り返し使えるカイロです。

【ハクキンカイロの作り方】
1.本体のフタを外し、さらにV字になった火口を外す。※V字の部分は触媒ですので、直接触れないでください!!!

2.付属の注油カップを本体と平行になるように取り付けてベンジンをメモリの線まで入れる。

3.線まで入れたら注油カップを90°回す。本体にベンジンが入っていきます。

4.ベンジンが本体に入ったのを確認して火口を戻す。

5.火口(V字部分)をライターで炙る。この部分にプラチナ触媒がついていますので、火を着火させるのではなく、触媒反応で温度を上げると考えてください。

6.本体のフタを戻し、ウォーマーに入れ使用してください。

カイロ作るの初めてだな〜

使い捨てカイロはだめなの?

エコじゃないじゃないですか

ハクキンカイロは、ベンジンとプラチナの化学反応で発熱し、反応が終わったら「炭酸ガスと水」に分解されるという製品なので、地球に優しいエコなカイロなんです。

どんくらい持つんですか?

24時間くらい持つんです。めちゃエコくないですか?

俺エコって言われたいんだよね。「えこやはぎ」になりたいからこれ使おう。

1回で使用するベンジンは25cc程度で、持続時間は脅威の24時間!温まり始めたら、専用のウォーマーに入れて使用します。

見た目もスタイリッシュでかっこいいですし、皆さんもこれで「エコキャンプ」をしていきましょう!

ファミリーにおすすめ簡単設営できるDOD「ヤドカリテント」 庄司さん謎のワンポールダンス披露?

カイロで温まり始めたところで、テントの設営をしていきましょう!

今回、グッピーさんが用意したのは、DODの「ヤドカリテント」というテント。タープと一体型になっているワンポールテントで、その名の通り見た目がヤドカリのような形状になっています。

これデカいな、絶対一人でできないよ!

いや、ワンポールはいけますよ!

グッピーさん曰く、「慣れたらワンポールテントは一人で立てられる」とのこと。ファミリーキャンプなら子どもに少し手伝ってもらってもいいかもしれないですね。

テントを広げたらペグ打ちしていきます。もうおぎやはぎさんは手慣れたものですよね!

どうせやったことないんだろ

いや、ありますよ!

どうせミキティがやってくれてるんじゃないの。

確かに。ミキティ最近ペグティって言われてるもんな。

言われてねえわ!

なんて、適当な会話が繰り広げられながら、難なくペグ打ちは完了(笑)

ここからは、ポールを1本、中に入れてテントを立ち上げていきます。

中に入ってテント立ち上げるのが一番楽しいですけど、誰がやりますか?

え?……じゃあ、庄司がやるよ。

やりたくないんですか!やりましょうよメインの二人が!

なんならワンポールダンスやっちゃっていいよ

ワンポールダンスってなんですか!?(笑)

矢作さんは普通にボケとして言ったつもりだったようですが、実は庄司さん、一時期ポールダンスを習っていたことがあるという衝撃の事実が判明……。

そんなわけで(?)、庄司さんがポールを立てに中に入って……

見事な(?)ワンポールダンスを披露!!!(笑)

こんな、カメラマンさんと二人っきりのポールダンス初めて

中の広さはこんな感じで、大人4人でも十分な広さです。

3人以上、4人でも余裕だな

それにタープもあるから、1DKみたいになるのね

スタークアール新作登場「ショルダータイプボックスSTR-6000」! 5つのアイテムであったか寝床作り

テントとタープを立てたら……次は寝床を先に作っていくのが、グッピーさん流ファミリーキャンプ。

子どもはすぐに寝ちゃうから、寝床を先に作るんですよ

あーなるほど、いいね!これちょっと役に立つよ今回!

毎回役に立ってないんすか?

ちょっと!矢作さん!? ちゃんと毎回役に立ってますよね!?

それでは、グッピーさんに持ってきていただいたギアで寝床を作っていきますよ〜!

●Starke-R(スタークアール)の新作ショルダータイプボックス「STR-6000」

暖かくて快適な寝床作りをする前に...まず車([ジープ ラングラー])から取り出した大きなボックスですが...

こちらは大阪の老舗工具箱メーカー・リングスターがおくるアウトドアブランドStarke-R(スタークアール)のショルダータイプボックスSTR-6000。

サイズは外寸で597(L)mm×336(W)mm×300(H)mmとランタンやチェア、テーブルなども収納できるサイズ。ショルダーベルトもついているため、持ち運びに便利!

そして、なんと言ってもすごいのが耐荷重840kgということ!

え、840キロの物を載せても大丈夫ってこと?

いけちゃうんですよ。正直どうやって840キロのものを載せるかはわかんないんですけど、それぐらいすごいってことです。

矢作さんが上に乗ってみると……

え、怖い

乗ったらたわむんですけど、それが逆に良いんですよ

そう、硬ければ良いということではなく、うまく力を逃すことで耐荷重840kgを実現しているんです。

箱の上に人が乗っても全然平気なので、車のルーフに物を乗せるときの踏み台にもなっちゃいます。

【STR-6000 ボックス製品情報】
●サイズ:597(L)×336(W)×300(H)mm/内寸法:538(L)×262(W)×288(H)mm

●重量:2.85kg

●本体:超高耐衝撃性ポリプロピレン/バックル:ポリカーボネート 取手:ABS

●カラー:オリーブドラブ / サンドベージュ / ローズグレー

●ショルダーベルト付属。(それぞれボックスカラーに合わせたレザーを使用)

※ショルダーベルト(サイズ:195cm/重量:150g)革部分:姫路レザー ベルト部分:ポリエステル テープ材質:アクリル

※本体、ショルダーベルト共に日本製

●グッピーさん流「あったか寝床」の作り方

ショルダータイプボックスSTR-6000の中には、テントの床に敷くマットレスが入っており、まずはこちらを敷いていきます。商品は以下!

表と裏で素材が違っており、アルミ面が熱を吸収するため、冬はこちらを上にして体温を逃がさないようにし、夏はこちらを下にして地面からの遮熱材として使うことができます。

そして、その上に電気毛布を敷いていきます。電源サイトはこういう時に助かりますね!

さらに、封筒型シュラフにくるまって、さらにさらに、ダウンシュラフを掛け布団にします。

そこまでやる!?!?とびっくりしちゃいそうですが、グッピーさん曰く、

子どもがいると薪ストーブが危なくて使えないので、どうやって暖をとるかが大事なんです!

あー懐かしい。子どもの頃こうやってお母さんに毛布かけてもらったな。

こうやって首元のとこから風が入らないようにしてもらうんだよ

そして極め付けにブランケットも上からかけていきます。

かけてかけて〜。あ、ママ〜。

なんだよこれ!

小木さんも思わず幼児退行……(笑)

【あったか寝床の作り方(おさらい)】
1.マット、2.電気毛布、3.封筒型シュラフ、4.ダウンシュラフ、5.ブランケットの5段構えで熱を完全に逃がさない工夫!

グッピーさん流の寝床、おみそれしました!

おすすめギアでリビング作り!高さ変更可能DODチェア・スゴイッス&オルタスのウールブランケット

寝床が出来上がったら、タープの下で過ごすリビングを作っていきましょう!

まずは、椅子から組み立てていきます。今回持ってきたのは以前ギアキャンでも紹介した「スゴイッス」です。

ローチェアにもハイチェアにもなるのが特徴のスゴイッス。ローチェアだと子どもでも座りやすくなるため、ファミリーキャンプでは重宝するのだとか。

そしてですね〜、後ろにポケットがあるんですけど、袋を折り畳んで、そこに入れると枕っぽくなるんですよ!

あーなるほど。これいいな〜!

椅子って、良いの持っといたほうがいいんですよ!
座り心地でキャンプの快適感変わるので!

テーブルは、ユニフレームの「焚き火テーブル」。

熱やキズに強いため、ハードな使用にも耐えられる便利なサイドテーブルです。

椅子とテーブルを用意したら、防寒用に先ほど寝床で使ったブランケットをかけていきます。

こちらは、オルタスの新作でウール100%のブランケット。質感というのか...クラシックな良い雰囲気を持っていました。

燃えにくくて、汚れもつきにくいので長く使うことができるんです。

SDGsね

デザインもずっと使えるよね

そして小木さんは、案の定、幼児退行してます(笑)

ちょっと、俺にかけてよ!足が寒い!足が寒い!

足寒い?ほらかけてあげるから

あ〜はあ〜あったか〜い

グッピーさん、普段も良いお母さんなんだろうな〜と想像できる一幕ですね。3人ともグッピーさんに母性本能を感じちゃってます。

お母さんキャンパーってやっぱいいね

パッケージにお湯を注ぐだけの便利グッズ「コーヒーブリューワー」で至福のひととき!

じゃあちょっとコーヒーでも飲みますか

お〜!!!素晴らしい!!

いつもは、火を起こしたり、コンロでお湯を沸かしますが、今日は電源サイトなので湯沸かしは電気ケトル!!お手軽ですね〜♪

コーヒーも「コーヒーブリューワー」という、ドリッパーもフィルターも何も必要ない商品。

パッケージにお湯を注ぐだけなので、必要なのはお湯だけ!超便利な即席コーヒーです。

コーヒータイムはいいねえ

これは美味しい。マイルドで作ってもらったけど深みあるよ

即席で作った感じしない。落ち着く。

確かに高級なやつっぽい。救命用ベストがないと溺れちゃいそうなくらい深い!

そっちの深さですか!?(笑)

大人のコーヒーブレイクを過ごし、ホット一息。

冬の寒空の下でも快適な時間を過ごしつつ、キャンプを満喫していきます……。

【おぎやはぎのハピキャン】

●放送:毎週木曜日 深夜0時15分〜 テレビ朝日系列メ〜テレ(東海3県/愛知・岐阜・三重)地上波にて放送。 ほか地上波各局でも放送中! 放送局・放送日時など詳しくは[こちら]。

●配信:毎週木曜日 深夜3時より[GYAO!]にて2週間無料配信!

●過去の放送は[ハピキャン公式YouTube]でも配信中