夏のキャンプやアウトドアに欠かせない、日除け&UVカット対策。涼しい日陰をつくって、強い日差しと紫外線から体を守りましょう。濃い日陰をつくるには、遮光性に優れた素材が使われているタープ・シェード・テントがおすすめ。そこで、ロゴス、デカトロン、DODなどの人気商品を紹介します。

夏キャンプを涼しく過ごしたいなら、タープ&テントの素材にこだわろう!

夏キャンプを涼しく過ごしたいなら、使用するタープ・シェード・テントに使われている素材をチェックしましょう。

日除け効果が高い、遮光性に優れた素材が使われているタイプがおすすめです。

この記事では、夏キャンプにおすすめな「濃い日陰が作れるタープ・シェード・テント」について、くわしくご紹介します!

●夏キャンプを涼しくするには、濃い日陰を作るのがポイント!

強い日差しや紫外線を避けるには、濃い日陰をつくるのがポイント。

例えば家の北側のように、日があまり当たらない場所や、ほぼ1日中日陰になる場所は、空気が常にヒンヤリしていますよね。

タープやテントを使って濃い日陰を作れたら、夏のキャンプやアウトドアも涼しく快適。

日除け性能が高く、濃い日陰をつくりやすいのは、遮光素材、コットン、TC(ポリコットン)素材などが使われているものです。

より高い日除け効果を得たい場合は、遮光率や遮熱率の数値が100%に近いモデルを選びましょう。

後ほど、遮光性に優れた人気アウトドアメーカーのタープ・テント・シェルターを紹介していくのでお楽しみに!

●「遮光素材」って何?注目されているのはこの3つ!

日除け効果のある「遮光素材」とは、太陽の光や熱をシャットアウトする特殊加工がほどこされた生地で、各メーカーが独自に開発したものを商品に取り入れています。

現在、遮光・遮熱の新素材として注目されているのは、次の3つ。

【注目の遮光素材】

  • ロゴス「ソーラーブロックコーティング」
    表側(白地)で太陽光を反射させ、裏側(黒地)で熱をブロックする仕組み。UVカット率99.9%以上、遮光率100%。
  • デカトロン「FRESH&BLACK」
    特殊な遮光塗料でコーティングされた生地。遮熱性・遮光性が高く、UPF50+のUVカット性能を誇る。特許取得済。
  • コールマン「ダークルームテクノロジー」
    遮光率90%以上、UVカット率99.99%。遮光率、遮熱率が高く、テント内の温度上昇防止に役立つ。

また、遮光素材として開発されたものではなくとも、コットンやTC(ポリコットン)も比較的遮光性が高いのでおすすめ。

一般的なタープやテントによく使われるポリエステル生地と比べると、涼しく快適です。

ここからは、遮光性に優れたタープ、シェード、シェルター、テントを一挙に紹介します。

遮光性に優れたタープ・シェード・シェルター5選! DOD・ローベンス・ロゴスなど

手軽に日陰をつくりたいときは、遮光性に優れているタープ・シェード・シェルターが便利。

デイキャンプ、ピクニック、バーベキュー、庭でのおうちキャンプなどにもおすすめです。

●【ポリコットン素材のタープ1】DOD(ディーオーディー)「チーズタープ」

DODの「チーズタープ」は、生地にポリコットンが使われていて、濃い日陰をつくれるのが特徴。

コットンとポリステルの混紡で、火の粉にも強いメリットがあります。

正方形なので、用途や人数に合わせて自由にアレンジが可能!

【スペック】

  • サイズ:(約)520×520cm
  • 収納サイズ:(約)60×19×高さ19cm
  • 重量:(約)6.9kg
  • 素材:ポリコットン(ポリエステル65%・綿35%)
  • 付属品:ロープ10本、キャリーバッグ

▼レビュー記事はこちら!

●【ポリコットン素材のタープ2】ROBENS(ローベンス)「アウトバックタープ4×4m」

ROBENS(ローベンス)の「アウトバックタープ4×4m」は、メーカーが独自に開発したハイドロテックスポリコットン素材が使われているウィングタープ。

アレンジしやすい上、投影面積が広く、4〜6人ほどの大人数での使用にもぴったりです。

【スペック】

  • サイズ:400×400cm
  • 収納サイズ:54×18 cm
  • 重量:3.8kg
  • 素材:ハイドロテックスポリコットン(35%コットン・65%ポリエステル)
  • 付属品:Vペグ18本

▼レビュー記事はこちら!

●【遮光素材のシェード1】LOGOS(ロゴス)「ソーラーブロックQ-TOPフルシェード-BA」

LOGOS(ロゴス)「ソーラーブロックQ-TOPフルシェード-BA」は、ワンタッチで組み立てられる便利なサンシェード。

フライシートにはメーカー独自のソーラーブロック加工がほどこされており、UVカット率99.9%以上、遮光率100%のスペックを誇ります。

濃い日陰ができるため、強い日差しと紫外線のブロックが可能。

フルクローズできるので、着がえるときに便利です!

【スペック】

  • サイズ:(約)200×150×高さ117cm
  • 収納サイズ:(約)69×12×高さ12cm
  • 重量:(約)3.0kg
  • 素材:フレーム…グラスファイバー、フライシート…ポリタフタ(UV-CUT加工、ソーラーブロック加工)、フロアシート…PEラミネートクロス
  • 付属品:ペグ4本、ペグケース、収納バッグ、設営・取扱説明書

▼レビュー記事はこちら!

●【遮光素材のシェード2】LOGOS(ロゴス)「ソーラーブロック ポップフルシェルター」

LOGOS(ロゴス)「ソーラーブロック ポップフルシェルター」は、1つ前に紹介した「ソーラーブロックQ-TOPフルシェード-BA」と同様に、ソーラーブロックコーティングがほどこされています。

強力な太陽光をしっかりブロックできるので、中はヒンヤリ。

暑い日も、シェルターの内側なら快適に過ごせます。

【スペック】

  • サイズ:(約)235×113×高さ90cm
  • 収納サイズ:(約)径70×高さ4cm
  • 重量:(約)2.0kg
  • 素材:フレーム…スチールワイヤー、フライシート…ポリタフタ(ソーラーブロックコーティング、UV-CUT加工)
  • 付属品:収納バッグ

▼愛用者レビューはこちら!

●【遮光素材のシェード3】Coleman(コールマン)「パーティーシェードライト/360+」

日光を90%ブロックする、コールマンの「ダークルームテクノロジー」を使った遮光素材のシェードです。

1人でも設営できる自立式フレームなので、気軽に使えるのも大きなメリット。デイキャンプなどにも活躍します。

実はハピキャン編集部でもこちらを所有しており、イベントなどの際には専用のサイドウォールを追加して「上映スペース」として使っています!

遮光率の高さにより、上映ができるほどシェードの中が暗くなるのです!

【スペック】

  • サイズ:(約)360×360×高さ265cm
  • 収納サイズ:(約)23×23×高さ88cm
  • 重量:(約)13.5kg
  • 素材:シェード/75Dポリエステルタフタ(ダークルームTMテクノロジー)、フレーム/アルミ合金、スチール

遮光性に優れたテント7選! デカトロン・コディアック・ノルディスク・フィールドアなど

夏の宿泊キャンプには、遮光性の高いテントの利用がおすすめ。

ここでは、おすすめのテント7つを紹介します。

●【遮光素材のテント】DECATHLON(デカトロン)「QUECHUA(ケシュア)MH100 FRESH & BLACK」

DECATHLON(デカトロン)の「QUECHUA(ケシュア)MH100 FRESH & BLACK」には、メーカー独自の遮光素材である「FRESH&BLACK」が使われています。

遮光性能が高く、日中でもテント内は真っ暗。

夜間も中の光が外にもれないので、着替え時などのシルエットも外からは見えず、女子のソロキャンプ時も安心。

【スペック】

  • サイズ:210×195×高さ120cm
  • 収納サイズ:20×18×高さ60cm
  • 重量:4.1kg(収納時)
  • 素材:ポール…ガラス繊維 (FG)、インナールーム…ポリエチレン(PE)55%・ポリエステル(PES)45%、フライシート…ポリエステル(PES)85%・ポリウレタン(コーティング)15%
  • 付属品:キャリーバッグ

▼レビュー記事はこちら!

●【コットン素材のテント】KODIAK CANVAS(コディアック キャンバス)「Flex-Bow Canvas Tent Deluxe 10×10 ft」

KODIAK CANVAS(コディアック キャンバス)「Flex-Bow Canvas Tent Deluxe 10×10 ft」は、アメリカ製のキャビン型テント。

濃い日陰をつくれる上、通気性にも優れているので、夏キャンプも快適です。

重量があるので、連泊キャンプでゆったり過ごしたいときにおすすめ!

【スペック】

  • サイズ:(約)305×305×高さ201cm
  • 収納サイズ:テントバッグ…(約)径33×76cm、ポールバッグ…(約)径14×122cm
  • 重量:(約)35kg
  • 素材:本体素材…Hydra-shieldコットン100%、フロア…ポリエステル強化ビニール
  • 付属品:-

▼レビュー記事はこちら!

●【ポリコットン素材のテント1】NORDISK(ノルディスク)「Ydun(ユドゥン)5.5 Basic Cotton Tent」

NORDISK(ノルディスク)「Ydun(ユドゥン)5.5 Basic Cotton Tent」には、ポリコットン素材が使われています。

換気しやすいつくりのため、テント内部の気候を快適に保たれ、結露しにくいのも魅力。

フルクローズすれば、冬はあたたかく過ごせます!

【スペック】

  • サイズ:210×260×150cm
  • 収納サイズ:62×27cm
  • 重量:13kg
  • 素材:フライシート…コットン35%・ポリエステル65%、フロア…150Dターポリン
  • 付属品:スチール製ポール2本、スチール製ペグ V型18本/skewer11本

▼愛用者レビューはこちら!

●【ポリコットン素材のテント2】NORDISK(ノルディスク)「Asgard(アスガルド)7.1 Basic Cotton Tent」

NORDISK(ノルディスク)の「Asgard(アスガルド)7.1 Basic Cotton Tent」は、ポリコットン製の少人数向けテント。

メッシュ窓とベンチレーター装備で、風通し・換気性が良いのも魅力。

夏は涼しく、冬はあたたかく過ごせます。

【スペック】

  • サイズ:300×265×200cm
  • 収納サイズ:97×30cm
  • 重量:15.5kg
  • 素材:フライシート…テクニカルコットン(コットン35%・ポリエステル65%)、フロア…150Dターポリン
  • 付属品:スチール製ポール2本、スチール製ペグ V型17本

▼レビュー記事はこちら!

●【ポリコットン素材のテント3】FIELDOOR(フィールドア)「パップテントT/C 320」

FIELDOOR(フィールドア)の「パップテントT/C 320」は、フライシートにポリコットン素材が採用されています。

パップテントならではの見た目も、キャンパー心をくすぐりますよね。

インナーテントも付属しているタイプなので、使いやすいのがポイント。

パップテントは、もともと軍用に開発された軍幕テントのこと。武骨なデザインで人気を集めています。

【スペック】

  • サイズ:(約)320×210×高さ130cm
  • 収納サイズ:(約)径20×73cm
  • 重量:(約)7.5kg
  • 素材:フライシート…ポリエステル65%・コットン35%、インナーテント…ポリエステル、グラウンド…ポリエステル、ポール…スチール
  • 付属品:インナーテント、ポール2本、ペグ12本、ロープ4本、専用収納バッグ、取扱説明書

▼愛用者レビューはこちら!

●【ポリコットン素材のテント4】tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)「サーカスTCDX」

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)の「サーカスTCDX」は、ポリコットン製のワンポールテント。

生地に厚みがあり、遮光性が高いのが特徴です。

コットン混紡の風合いが良く、見た目がおしゃれなのもうれしいポイント。

【スペック】

  • サイズ:(約)420×442×高さ280cm
  • 収納サイズ:(約)63×27×高さ27cm
  • 重量:(約)12.3kg
  • 素材:本体…コットン混紡生地(ポリエステル65%・コットン35%・はっ水加工済)、裾部(スカート)…ポリエステル、ポール…スチール
  • 付属品:ポール、ペグ、張り綱、収納袋、設営用ガイドセット

▼愛用者レビューはこちら!

●【ポリコットン素材のテント5】CHUMS(チャムス)「ブービーキャビンテント(旧名:コヤテントT/C5)」

※記事掲載時は公式サイトでも売り切れ(また旧モデル「コヤテント/C5」との違いはメッシュ部分のロゴの有無です)

CHUMS(チャムス)の「ブービーキャビンテント(旧名:コヤテントT/C5)」は、ポリコットン素材が使われているロッジ(小屋)型の2ルームテント。

涼しい日陰がつくれる上、窓や出入口が多く、通気性バツグンです。

スペースをゆったり使えるので、ファミリーキャンプにうってつけ!

【スペック】

  • サイズ:550×350×高さ220cm
  • 収納サイズ:-
  • 重量:本体…(約)20kg、ポール…(約)12kg
  • 素材:本体…ポリエステル65%・コットン35%、スカート… 210Dナイロンオクスフォード、内装床… 210Dポリエステルクスフォード、ポール…アルミニウム
  • 付属品:ポール、ペグ、ガイライン、フラッグ、カーテン、収納袋

▼レビュー記事はこちら!

遮光性の高いタープ・シェード・テントを活用して涼しい日陰を確保! コットン・TC素材は焚き火にも◎

夏のキャンプやアウトドアで快適に過ごすには、日陰をしっかり確保するのがポイント。

遮光性の高いタープ・シェード・テントを活用して、濃い日陰をつくりましょう。熱中症予防や紫外線対策に役立ちます。

ちなみに焚き火好きなキャンパーなら、火の粉に強いコットンやTC素材が使われているモデルを選ぶのがおすすめです!

(ライター:hayase)