こんにちは![bambi夫婦]です。キャンプに欠かせないタープ選びでぜひチェックしてほしいのが「ロゴス」。豊富な種類の中でも『ソーラーブロック加工』という驚異の遮光性・UVカット率を持つタイプが特に人気です。そこで今回は、最新のロゴスのタープや選び方を解説していきますので、タープ選びの参考にしてくださいね。

【タープの選び方】キャンプのタープ選びでチェックしておきたい5つのポイント

まずは、タープを選ぶ上でチェックしていきたい5つのポイントをご紹介します。

さまざまなタープの種類が販売されていますので、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

●ポイント1:用途に合ったタープの形状を選ぶ

タープの形状には主に4つの形があります。

形状 特徴
ヘキサ型 ・張ったシルエットが美しい
・風に強い
・タープ下の面積は狭くなる
レクタ(スクエア)型 ・タープ下の面積が広い
・たたみやすく収納しやすい
・横からの雨風に弱い
ウィング型 ・シンプルなひし形
・設営が楽チン
・タープ下の面積が小さい
スクリーン型 ・プライベート感がある
・メッシュで覆われているので防虫効果がある
・風の影響を受けやすい
caption

タープの形状によって、使い勝手や自分のサイトに合うのか変わってきます。

▼もう少し詳しく知りたい人は、タープ形状を初心者向けに、分かりやすくイラストでまとめていますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

●ポイント2:使用する人数

ファミリーやソロ、カップルなどの使う人数によって、タープを選ぶ大きさが変わってきます。

タープのサイズが小さすぎると、雨や日差しに遮ることができなくなります。

一方で、大きすぎるタープを選んでしまうと、持ち運びや設置場所に苦労して困ることもあります。

なので、使う人数に対応したタープを選びましょう。

●ポイント3:素材

タープの素材は主に3つの種類に分けられます。

素材 特徴
ポリエステル&ナイロン素材
(合成繊維)
・軽い
・耐水圧が高く速乾性も優れている
・焚き火の火の粉で穴が空きやすい
コットン素材(綿) ・非常に吸湿性が高く通気性も良い
・焚き火の火の粉に強い
・3種類の中で重量は最も重い
・耐水圧が低く、雨には弱い
TC素材
(テクニカルコットン)
・ポリエステルとコットンの良さを兼ね備えている
・ポリエステル素材と比べると重い
caption

どの素材が一番優れているということはありませんので、自分の使っているテント素材や色合いに合わせたり、持ち運びしやすさも考えて選ぶと良いですね。

▼タープの素材については、詳しくはこちらの記事で解説しています!

●ポイント4:性能(難燃性・耐水性・UVカット率など)

キャンプ中に天候がよく変わることがありますが、タープがあることで、急な雨や夏場での強い日差しから守ってくれます。

タープによって性能が異なってきますので、耐水圧や撥水・防水加工などの耐水性、日差しから遮るUVカット率もチェックしましょう。

また、焚き火の近くでタープを使用したい場合は、難燃性があるのかも事前に確認しましょう。

●ポイント5:ポールやペグなどが付属しているか

ロゴスのタープはポールやペグなど、設営に必要なものがすでにセットになっている商品と、別売りになっている商品があります。

購入する際に必要なものが含まれているか必ずチェックしましょう。

ロゴス・タープの魅力:強力紫外線カットの「ソーラーブロック機能」や車と連結できるタイプも豊富

ロゴスのタープはたくさんの種類がありますので、ラインナップをご紹介します。

【ロゴス・タープのラインナップ】

  • タープ :ヘキサ型やレクタ型などのタープ
  • Qセット :ワンタッチで自立し簡単に設営しやすいタープ
  • スクリーン :車の側面などに装着するカーサイドタープ
  • サンシェード、パラソル :ポールやペグダウン不要の自立型タープ

ロゴスのタープの魅力は、形やラインナップが豊富であり、これからキャンプを始める人にもお買い求めやすい価格帯のものが多いです。

特に「ソーラーブロック」シリーズなど、UVカットのタープや、車の横に設置できるカーサイドタープ、空気を注入するだけで簡単に設営できたりと、キャンパーにとって嬉しい機能を追求しているモデルがたくさんあります。

【ソロキャンプ向け】ロゴスのおすすめタープ3選

まずはソロ用におすすめのタープをご紹介します。

●1. 「Tradcanvas ソーラーツーリングタープ」:軽量コンパクトでバイクに積める

シルエットが美しいウィング型タープ。

ソーラーブロック加工により、紫外線もしっかりと遮断してくれます。

バイクの荷台に載せることができるほどのコンパクトさがあり、総重量は約1.2kgと軽量なので、持ち運びもしやすいです。

総重量 (約)1.2kg
サイズ (約)幅430×奥行440cm
収納サイズ (約)幅48×奥行10×高さ10cm
構成 シート、ペグ、ロープ、収納バッグ
主素材 [シート]難燃性バルキーポリ(耐水圧2000mm、UV-CUT加工、ソーラーブロック加工)
caption

●2. 「LOGOS LAND ツーリングタープ」:ツーリングにも最適

左右におしゃれな柄があるウィング型タープ。

こちらもバイクの荷台に乗せられるほどコンパクトに収納が可能。

ソーラーブロック加工はをされていないものの、撥水・防水加工を施されているので、耐水性も確保されています。

お求めやすい価格なので、初めてのタープにおすすめですね。

総重量 (約)1.8kg
サイズ (約)幅430×奥行440cm
収納サイズ (約)幅56×奥行12×高さ12cm
構成 シート、ペグ、ロープ、収納バッグ
主素材 [シート]難燃性バルキーポリ(耐水圧2000mm、UV-CUT加工)
caption

●3. 「ソーラーブッシュタープ」:無骨なブッシュクラフトキャンプにも

ワンポールだけでタープを簡単に設営が可能です(ポールは別売り)。

ソーラーブロック加工が施されており、日差しをしっかり遮断してくれます。

さらに、別売りの耐火断熱シートを本体上部に取り付けることで、タープを火の粉からより守れるようになります。

最近注目されている「ブッシュクラフトキャンプ」など、ワイルドに焚き火の近くで使用したい人におすすめですね。

総重量 (約)2.4kg
サイズ (約)幅500×奥行430cm
収納サイズ (約)幅45×奥行14×高さ14cm
構成 シート、ペグ、ロープ、収納バッグ
主素材 [シート]難燃性バルキーポリ(耐水圧2000mm、UV-CUT加工
ソーラーブロック加工)

【ファミリーキャンプ向け】ロゴスのおすすめタープ3選

続いては、人数が多いファミリー向けのタープをご紹介します。

●1. 「QセットBlackタープ 270」:2分で組み立て完了!

スタイリッシュなブラックのタープで、わずか2分で組立てが完了します。

屋根生地を黒色、裏側を特殊PU加工により、遮光率100%、UV-CUT率99%以上で日差しを強力にブロックしてくれます。

上部には、突風時の風が抜け部分があったり、着脱式のランタンフックが付いているなど、機能性も高いのでおすすめです。

総重量 (約)9.6kg
組立サイズ (約)270×270×230/215/151cm
軒下サイズ (約)167/151/88cm
収納サイズ (約)20×20×116cm
主素材 [フレーム]スチール
[シート]ポリエステルオックスフォード(耐水圧1000mm、PU加工)

●2. 「LOGOS ナバホ Tepee ブリッジヘキサタープ-AE」:ティピーテントとの相性も抜群

可愛らしいナバホ柄のヘキサタープ。

ポールが付属で付いてきますので、追加で購入する必要はなく、そのまま使えます。

ポールの継ぎ数を増減させることで、好みの高さに調整することも可能です。

さらに、別売りのロゴス「Tepeeテント」とも簡単に連結することができます。

総重量 (約)4.3kg
サイズ (約)570/330×435×230/172.5/115cm
収納サイズ (約)66×16×16cm
主素材 [ポール]スチール
[シート]難燃性ポリエステルタフタ(耐水圧1600mm、UV-CUT加工)

●3. 「neos ヘキサタープセット L-BB」:スタイリッシュなブラックカラー

ロゴスのロゴマーク模様がおしゃれなヘキサタープ。

落ち着いたカラーと大きめのタープであり、タープ下にチェアが6脚置くことができるサイズ感です。

付属のイエロー系のポールとの組み合わせが良くマッチしていますので、見た目も良いです。

総重量 (約)4.7kg
サイズ (約)幅570×奥行500×高さ280/240cm
収納サイズ (約)幅58×奥行18×高さ18cm
主素材 [ポール]スチール
[シート]難燃性ポリタフタ(耐水圧2000mm、UV-CUT加工、エンボス加工)

【サンシェード・ポップアップ】ロゴスのおすすめタープ2選

ポールとペグダウンを必要としない、設営簡単なサンシェード・ポップアップをご紹介します。

ピクニックや海辺でまったりする時間にも、一つあると快適ですよ!

●1. 「ソーラーブロック Q-TOP フルシェード-BA」:遮光率100%のポップアップ!

折りたたまれたフレームを伸ばすだけで約30秒で組立てが完了します。

しかも、ソーラーブロックを採用したことで、UV-CUT率99.9%以上、遮光率100%で快適なプライベート空間を気軽に確保できます。

組立て・撤収だけ汗をかいてしまう夏場のシーンに間違いなく、頼りになるサンシェードなのでおすすめします!

総重量 (約)3.0kg
サイズ (約)幅200×奥行150×高さ117cm
収納サイズ (約)幅69×奥行12×高さ12cm
主素材 [フレーム]グラスファイバー
[フライシート]ポリタフタ(UV-CUT加工、ソーラーブロック加工)
[フロアシート]PEラミネートクロス

▼愛用者の詳しいレビューはこちらの記事で紹介しています!

●2. 「ソーラーブロック ポップフルシェルター」:ポンと投げるだけで組み立て完了!

ポップフルシェルターは、生地とフレームが一体化しているので、収納バッグから取り出して広げるだけで一瞬で組立てが完了します。

コンパクトに収納ができて持ち運びも設営・撤収も楽ちんです。

ソーラーブロック加工を施されているので、遮光性やUVカットもばっちりですね。

フルクローズタイプなので、子供の遊び場やお昼寝場所、着替え場所などの気軽に使いたいシーンにおすすめです。

総重量 (約)2.0kg
サイズ (約)幅235×奥行113×高さ90cm
収納サイズ (約)直径70×高さ4cm
主素材 [フレーム]スチールワイヤー
[フライシート]ポリタフタ(裏面:ソーラーブラックコーティング、耐水圧450mm、
UV-CUT加工)

▼愛用者の詳しいレビューはこちらの記事で紹介しています!

【カーサイド】ロゴスのおすすめタープ3選

最後は車の側面を使うカーサイドをご紹介します。

●1. 「Tradcanvas ハイタイプカーサイドオーニング」:大型ミニバンにも対応!

ハイタイプの大型ミニバンに対応したカーサイドオーニング。

ジョイント吸盤のフックで簡単に固定でき、別売りのポールとロープを使用すれば、キャノピーを張り出せます。

また、最大高さは210cmなので、低姿勢になることなく、3方向から出入りが可能です。

ロゴス独自開発のデビルブロックSTは、きめ細かなメッシュなので、風通してを良く、雨や虫の侵入をブロックしてくれます。

総重量 (約)4.3kg
サイズ (約)幅320×奥行250×高さ210cm
収納サイズ (約)幅63×奥行15×高さ15cm
主素材 [フレーム]7001アルミ合金
[シート]難燃性バルキーポリ(耐水圧2000mm、UV-CUT加工)
[メッシュ]デビルブロックST

●2. 「neos ALカーサイドオーニング-AI」:車中泊に広々リビングスペースがつくれる!

軽量で丈夫なアルミフレームを使用し、従来品よりも1kg軽量化されたカーサイドオーニング。

こちらも3方向からの出入りが可能となっており、マッドスカート付きで地面とカーサイドオーニング間のすき間から冷気を防いでくれます。

総重量 (約)3.9kg
サイズ (約)幅320×奥行250×高さ190cm
収納サイズ (約)幅63×奥行20×高さ20cm
主素材 [フレーム]6061アルミ
[シート]難燃性68Dポリエステルタフタ(耐水圧1600mm、UV-CUT加工)
[メッシュ]ポリエステル

●3. 「neos Link Panel・PLR(142×200cm)」:テントとも接続可能!はじめてのカーサイドに◎

このカーサイドオーニングは、PLR対応テントとも組み合わせることが可能なため、タープ×車はもちろん、タープ×テント、車×タープ×テントを繋ぐこともできてしまう優れもの!

最大のポイントは、上部の湾曲部分。

居住空間を広げ、ランタンフック付きで明るく照らす、雨が降ってきても水たまりを防いでくれるなど、実用性が高いのが魅力。

900gという軽量さ、1万円以下というリーズナブルさから、「まずは手軽にカーサイドタープを設置してみたい」という方にもおすすめです!

総重量 (約)900g
サイズ (約)幅200×奥行142cm
収納サイズ (約)幅55×奥行6×高さ16cm
主素材 [フレーム]グラスファイバー
[シート]難燃性ポリエステルタフタ(耐水圧2000mm、UV-CUT加工)

ロゴスのタープは「ソーラーブロック」などの高機能&低価格で初心者キャンパーにもおすすめ!

ロゴスのタープはいかがでしたでしょうか?

難燃性や耐水性だけではなく、ソーラーブロック加工を施されているタープやサンシェードなどは、遮光性が高く、UVカットで日差しを強力にブロックしてくれます。

キャンプがもっと快適にになりますね!

ロゴスのアイテムは低価格でお求めやすいので、これからキャンプを始める方にもぴったりです。

今回ご紹介したタープやスクリーンなどの商品を参考に、ご自身に合うものを選んでみてくださいね!

▼その他の愛用者おすすめタープはこちらの記事でも紹介しています!

▼夏キャンプをより快適にしてくれる「遮光性の高いタープ」はこちらの記事で紹介しています!