北欧・デンマーク生まれのアウトドアブランド、ノルディスク。今回はワンポールテント、アスガルド7.1をご紹介致します。サイズ感や設営の仕方など、これからキャンプを始める人にも扱いやすく、北欧デザインでサイト映えするテントです。

【基本仕様】ノルディスクの1〜3人用テント「アスガルド7.1」 コンパクトで2人キャンプにぴったり

アスガルドにはいくつかサイズが用意されており、7.1は1〜3人用のコンパクトなタイプです。

グランピング施設でもアスガルド(大型)はよく採用されているようで意匠性の高さを物語っていますね。

大人2人と小型犬1頭でよくキャンプをする筆者には十分なサイズ感です。

「アスガルド7.1」/ノルディスク

  • 定員:1〜3人
  • 本体サイズ:300x265x200cm
  • 収納サイズ:97x30cm
  • 重量:15.5kg
  • 素材:(フライシート):テクニカルコットン/コットン35%、ポリエステル65%
    (フロア):150Dターポリン(sewn-in-flor)
  • 耐水圧:(フライシート):350mm、(フロア):100%防水
  • ペグ:スチール製V型17本
  • ポール:スチール製2本

▼「アスガルド7.1」と、別売りのインナーキャビンのセットも

ノルディスクのテント「アスガルド7.1」を徹底レビュー!

「アスガルド7.1」の設営方法やテント内部の機能などについて、詳しくレビューしていきます!

●設営方法を解説!ワンポールテントだから簡単

アスガルドに限らずですが、ワンポールテントはとにかく設営が簡単!

実際に設営の様子をご紹介します。

まず本体を広げます。

まずは外周部をペグダウン。

1ヵ所打ったら、反対側(対角線上)を引っ張って打つ、を繰り返すときれいにペグダウンできます。(※筆者が使用しているペグは付属のものではありません※)

その後、上に見えているスカートのロープをペグに引っかけます。(最後でもOK)

入口を開け、センターポールを建てる。

これだけでもう自立します。

次に入口の二股ポールをセット。

セットする場所も分かりやすいので楽ちんです。

次にガイロープをペグダウンしてテンションをかける。

最後にグランドシート用のブルーシートを折り曲げて隠せば完了!

慣れれば5~10分で設営できる簡単さです。

アスガルド7.1はフロアと幕が一体であることも設営時間短縮の要因ですね。

(サイズアップする12.6以降は別々になっており、ジッパーでの接続が必要です。その代わり掃除しやすいというメリットはあります。)

●テント内部の機能を紹介

若干の高さ調整ができます。ガイロープのテンションをかける前に調整するように注意しましょう。

メッシュの窓がついており、夏場でも風が通せるようになっています。

ベンチレーターもあり、換気にも配慮されています。

正面は全面メッシュ可。目が細かく、小型犬の爪も引っ掛からなかったので、夏場でもしっかりと虫を防いでくれます。

また、本体の素材はコットンとポリエステルでできており(いわゆるポリコットン)夏涼しく、冬暖かいのも特徴。

風通しも良く結露しにくいのも嬉しいですね。

●タープとの連結が簡単にできる

正面には止水キャップが付属しており、タープを連結する際には押さえの役割も担ってくれます。

同じくノルディスクのタープ、「カリ12」を連結。

縦と横の2バージョンです。タープを連結するとサイトの雰囲気がさらに良くなりますね。

アスガルド7.1の場合、入口が少し低いので狭くなりがちですが、大人2人くらいならスペースは十分です。

「カリ12」/ノルディスク

ノルディスクのテント「アスガルド7.1」はこんな人におすすめ

実際に使ってみて、コンパクトな「アスガルド7.1」は以下のような方におすすめだと感じました。

●デュオ(2人)キャンプをする人

内部をセッティングするとこんな感じになります。

大人2人子供1人なら大きめのクーラーや収納BOXを置いてもゆったり使えるサイズ感。

7.1だと天井は高くないので、身長178cmの筆者は中心でしか直立できませんがデメリットまではならないと思います。

また、シュラフを収納しておけば幕内でのおこもりキャンプを楽しめる広さはあります。

●オートキャンプが多い人

コットン系テントのデメリットは重くかさばる点。

アスガルド7.1は15.5kgと中々の重量です。筆者は何度か駐車場からサイトまで距離があるキャンプ場でチャレンジしてみましたが、おすすめしません。

背負って歩くとかなり疲れる重さなのと、荷運び用のカートにのせてもかさばります。

また、収納袋も大きくかさばるので、テント内に置いておくと邪魔になります。

ぜひオートキャンプ場でのご使用を。

ノルディスクのテント「アスガルド7.1」の評判・口コミ

ベル型で白くておしゃれな「アスガルド7.1」はキャンパーにも人気。テント内にラグなどを敷けばあっという間にグランピングのようなおしゃれな空間が完成します!

ソロキャンプで使えば中にテーブルやベッドなどを置いて広々過ごせそうですね。

ノルディスク「アスガルド7.1」は通年使用できるテント!北欧デザインでサイトの雰囲気UP

前述しましたが、夏涼しく冬暖かいテクニカルコットンのワンポールテント。

筆者がキャンプを始めた当初、所持していた幕はアスガルド7.1のみだったので通年使用していました。

遮光性が高く夏場は心地よい日陰ができ、北欧生まれだけあって、真冬でも快適に過ごせるテントです。

ちなみにノルディスクでは、今回ご紹介したアスガルド7.1の非売品カラーをはじめ様々なアイテムをゲットできる「[Club Nordisk]」という会員制サービスも存在します。

気になる方は是非、公式HPからチェックしてみて下さいね。

▼ノルディスクの2021年新作テントや、その他のおすすめワンポールテントはこちらの記事をチェック!