こんにちは、ソロキャンパーのもめです!ソロキャンプが楽しい寒い季節が見えてきました。今回は、秋冬に食べたくなるような簡単ソロキャンプ飯を実際に作りながら紹介します。どれも簡単でソロキャンプにぴったりのレシピばかりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

あったまる料理が美味しい季節! 秋冬に食べたくなるソロキャンプ飯7選

それでは早速、秋冬に食べたいソロキャンプ飯のレシピを7つ紹介していきます。

今回使っている道具は、プリムスのソロクッカー「[イージークックNS ソロセットM]」と100円ショップの16cmのスキレットです。

スキレットは下記キャプテンスタッグのものと同じサイズです!実際に作るときの参考にしてください。

【簡単ソロキャンプ飯1】食欲の秋! クッカーで作る「サツマイモとシメジの炊き込みご飯」

まずは秋の食材を取り入れたレシピ!

個人的に秋と言えば炊き込みご飯なのですが、みなさんはいかがですか?

今回は、秋が旬のサツマイモを使った炊き込みご飯を、ソロクッカー炊飯で作ってみました。

事前に調味料や食材をを用意しておけば、普段の炊飯とほぼ同じ手順で作れちゃいますよ!

【材料(1合分)】

  • お米:1合
  • 水:約170ml(調味料と合わせて約216mlになるよう)
  • サツマイモ:1/3〜1/2コ
  • シメジ:30g
  • しょうゆ:大さじ1
  • 酒:大さじ1
  • みりん:小さじ1
  • 和風だし(顆粒):2g

【作り方】

  1. 研いだお米は水に最低30分浸けておく。
  2. サツマイモは一口サイズ(小さめ)に切って水に浸けておく。
  3. クッカーにお米を入れ、調味料と水を入れる。
  4. お米の上にサツマイモとシメジを載せる。
  5. 蓋をして、沸騰するまで強火にかける。
  6. 沸騰したら弱火にし、蓋の上に重しを載せて約20分。
  7. 20分経過したら火からおろし、タオル等に包んで10分蒸らす。
  8. 具材とお米をかき混ぜて完成。

【ポイント】

  • クッカーが小さいため、具材は通常より少し小さめに切るのがおすすめ。
  • 水と調味料はあわせて炊飯の規定量(1合なら216ml)になるように!
  • 当日中に使うのなら、事前に自宅で調味料を混ぜておくと楽です。

【簡単ソロキャンプ飯2】キャンプと言えば! 焚き火で「焼き芋」

もう一品秋の食べ物!またまたサツマイモですが、今度は焼きます。

そう。焚き火の定番焼き芋です!

ちょっとめんどくさそうだなとか思われるかもしれませんが(筆者は実際に思っていました笑)、意外と簡単なんですよね。

キャンプで焚き火をするなら、ぜひやってみてください。

【材料(用意するもの)】

  • サツマイモ:1コ
  • キッチンペーパー
  • 水:適量
  • アルミホイル
  • 焚き火(熾火が望ましい)
  • 火ばさみ
  • 軍手

【作り方】

  1. サツマイモを水を染み込ませたキッチンペーパーに包む
  2. 1をさらにアルミホイルで包む
  3. 2を焚き火に突っ込む
  4. 15分〜20分ほどでひっくり返す
  5. 箸を中に刺すなどして様子をみて、中まで柔らかくなっていそうなら取り出して完成!(目安:約30〜40分)

【ポイント】

  • 焚き火は、炎がごうごうに上がっている元気なものよりも、 熾火(薪が赤く静かに燃えている状態)の方が望ましい です。火が強すぎると外はもう焦げているのに、中までは火が通らないなんて事態に…。
  • 火から上げたさつまいもは熱々なので火傷に注意!(軍手や火ばさみは必須です)

【簡単ソロキャンプ飯3】簡単であったまる! クッカーで「水餃子コンソメスープ」

あったまる料理と言えばスープですよね!

今回は、冷凍水餃子を使った簡単コンソメスープを紹介します。もちもちの水餃子とあったまるスープでお腹も心も満たされます。

今回使った水餃子はこちら。

水餃子スープは、コンソメ以外にもいろんな味にアレンジができます。和風やピリ辛など、お好みでアレンジしてみてくださいね。

【材料(1人前)】

  • 冷凍水餃子:5コ〜10コ
  • 玉ねぎ:1/4コ
  • 人参:1/6コ
  • 水:350ml
  • コンソメキューブ:1コ(顆粒の方が調整しやすいのでおすすめ)
  • 塩コショウ:適量

【作り方】

  1. 玉ねぎは薄切りに、人参は小さめのいちょう切りに。
  2. クッカーで1を炒める。
  3. 玉ねぎが柔らかくなってきたら、クッカーに水をいれ沸騰させる。
  4. 沸騰したらコンソメキューブ、塩コショウで味を調節し、最後に水餃子を入れる。
  5. 水餃子が茹で上がったら完成。

【ポイント】

  • 今回は顆粒コンソメが無かったのでキューブを使いましたが、ソロキャンプでは味の調節がしやすい顆粒コンソメの方がおすすめです。
  • 水餃子の数は餃子の大きさやクッカーのサイズと相談して調節してください。
  • 他のスープ系料理にも言えますが、出来上がったばかりのクッカーは熱いので、スープを飲むときに無意識に口をつけないように注意!

【簡単ソロキャンプ飯4】スキレットで熱々「グラタン」

キャンプの調理器具と言えばスキレット!スキレットと言えばグラタンです!(と勝手に思っています)

グラタンは、キャンプする場合、上からバーナーで炙るかスキレット用の蓋を上手く使うなど、オーブンの代わりになるものが必要です。

筆者は残念ながらスキレットの蓋を持っていないので、今回はバーナーを使って炙りました。

もし下のようなスキレット蓋があれば、上に焚き火の熾火や炭をのせ、焚き火台の上で最後の加熱を行うことも可能です。

【材料(1人前) 】

  • 玉ねぎ:1/4〜1/6
  • ベーコン:70g
  • グラタンの素:1箱(使うのは1/2)
  • 牛乳(豆乳でも可):100ml
  • 水:100ml
  • チーズ:適量
  • パン粉:適量(今回は忘れました…)
  • 塩コショウ:適量
  • バター:適量

【作り方】

  1. 玉ねぎは薄切りに、ベーコンは小さめの一口サイズに切る。
  2. スキレットでバターを熱して、玉ねぎとベーコンを焦がさないように炒める。
  3. 一旦火を止めて、グラタンの素に入っているマカロニ・クリームソースの素(各半分)、水、牛乳をいれ、混ぜながら中火にかける。この時、味見をしながら塩コショウで調節する。
  4. マカロニが柔らかくなったらチーズをかけ、パン粉を振りかけて上から炙る。

【ポイント】

  • スキレットが小さくて調理しづらい場合は、深めのクッカーで手順2まで行ってから、スキレットに移して焚き火で炙っても大丈夫です。(洗い物は多くなりますが)
  • パン粉をかけることでカリカリに焦げ目をつけることができます。

クリームソースから作ってもいいですが、スキレットで作るには量が多いため2人前くらいのマカロニも入っているグラタンの素があると便利です。

今回使ったグラタンの素はフライパン1つでできるようになっていて、キャンプ向き。おすすめです。

【簡単ソロキャンプ飯5】冬の定番! クッカーで「クリームシチュー」

ここからクリーム系が連続します。なぜなら筆者がクリーム系が好きだからです。

クリームシチューは冬に食べたくなる料理の1つですよね。

簡単にできて、失敗しづらいのでソロキャンプにもおすすめです。

ちなみに、シチューはご飯と食べる派です。(反対派の人ごめんなさい)

【材料(1〜1.5人前)】

  • 玉ねぎ:1/4コ
  • ジャガイモ:1/2コ
  • 人参:1/6コ
  • 豚肉or鶏肉(お好みで):100g
  • シチューミックス(ルゥでなく顆粒タイプがおすすめ):45g
  • 水:350ml
  • 牛乳(豆乳でも可):70ml
  • バター:適量
  • 塩コショウ:適量
  • パセリ:適量

【作り方】

  1. 玉ねぎは薄切りに、ジャガイモは小さめの一口サイズ、人参は薄めのいちょう切りにする。
  2. バターを熱したクッカーで肉と野菜を炒める。
  3. 水を入れて、あくを取りながら具材が柔らかくなるまで弱火〜中火で煮込む。
  4. 一旦火を止め、シチューミックスを入れ、溶かす。
  5. かき混ぜながら弱火にかけ、5分〜10分程煮込んだら牛乳を入れ、さらに5分ほど煮込む。
  6. 塩コショウで味を調節し、パセリをかけて完成。

【ポイント】

具材の量は少なめ、さらに小さめに切ると、小さいソロクッカーでも炒めやすくなります。

シチューミックスは顆粒タイプ、1人分の調整がしやすくておすすめです。

【簡単ソロキャンプ飯6】あの作品にも登場?! クッカーで「クリームスープパスタ」

最後のクリーム系はクリームスープパスタです!

じつはこのクリームスープパスタ、筆者がキャンプに出合ったきっかけのキャンプ漫画「[ゆるキャン△]」に登場した料理なんです。

スープパスタが登場したのは第2巻!

クッカー1つで簡単にできる上に、とっても美味しいのでぜひ作ってみてくださいね。

【材料(1人前)】

  • 玉ねぎ:1/4コ
  • シメジ:30g
  • アスパラ:20g(1本程度)
  • スライスベーコン:2枚
  • パスタ:100g
  • 牛乳(豆乳でも可):200ml
  • 水:150ml(調整用に+100ml)
  • スライスチーズ:2枚
  • コンソメキューブ:1コ
  • オリーブオイル:適量
  • おろしにんにく:適量
  • 塩・コショウ:適量
  • パセリ:適量

【作り方】

  1. 玉ねぎは薄切りに、アスパラとスライスベーコンは一口サイズに切っておきます。
  2. 野菜とベーコン、シメジをオリーブオイルとおろしにんにくで炒めます。
  3. 2に水とコンソメを入れ、沸騰させる。
  4. 沸騰させたら半分に折ったパスタを入れる。
  5. パスタがちょっと固めに茹で上がったら、牛乳とスライスチーズを入れ、もう少し煮込む。
  6. 塩コショウで味の調節をし、パセリをかけたら完成!

【ポイント】

  • パスタは事前に水に浸けておくともちもちに+柔らかくなって小さいクッカーにも収まりやすくなるのでおすすめです。
  • パスタはソロクッカーにも入るように半分に折ってから入れます。

【簡単ソロキャンプ飯7】あつあつで簡単! スキレットで「定番エビのアヒージョ」

最後はキャンプでのスキレット定番料理アヒージョを紹介。

今回は気軽さ重視に、ニンニクを別で用意しなくても良い「アヒージョの素」を使って作ってみました。

とっても楽かつ、他の料理に応用することもできるのでおすすめです。

【材料(1人前)】

  • S&B シーズニング アヒージョ:1袋(5g)
  • 冷凍むきエビ:70g
  • シメジ:30g
  • オリーブオイル:大さじ4

【作り方】

  1. エビは解凍しておく。
  2. スキレットに具材と素、オリーブオイルを入れ5分ほど煮込む。

【ポイント】

  • アヒージョと一緒にパンがあるとより美味しく楽しめます。
  • 余ったアヒージョはオイルパスタにアレンジすると、2度おいしくて無駄もありません。キャンプにおすすめです。

寒い時期のソロキャンプは、簡単で温まる料理で楽しもう!

秋冬に食べたくなるようなソロキャンプレシピを7つ、紹介しました。

どれも簡単で美味しくて、しっかり温まるものばかりです。ぜひ秋冬ソロキャンプで作ってみてくださいね。

白い息が出るような寒空の下、これらの料理をキャンプで楽しめる季節がやってくると思うと、わくわくが止まりません。早くキャンプに行きたくなってきました。

ちなみにこの記事を書いているときは、まだまだ残暑だったので、食べながら汗をかいていました。

これからは気温が心地よいシーズンですから、ぜひ楽しんでください!

▼ソロキャンプ飯レシピはこちらもチェック!