国内バーナーメーカーとして第一線を走る「新富士バーナー株式会社」が展開するSOTO(ソト)のアイテム。キャンプギアとして広く支持され愛用されている方も多いのではないでしょうか。そんな[SOTOの2021年新作アイテム]で、筆者が特に気になったアイテムが「Hinoto(ひのと)」という小型ガスランタンです。今回はその魅力と使い方を最速レビューいたします!

2021年3月リリースのSOTO新作「Hinoto(ひのと)」 キャンプを優しく照らすガスランタン

SOTO(ソト)から2021年3月22日リリース予定の「Hinoto(ひのと)」は、ろうそくのような火を灯すスタイリッシュなガスランタンです。

ガスを燃料とすることで安定した光量を得ることが可能。

この「Hinoto」という製品名は、陰陽五行説で小さな火を表す「丁(ひのと)】から名付けられたとのこと。

焚き火やろうそくの火に例えられ、「暗いところで傍にいる人を温める」という性質があります。

ネーミングもすごく素敵ですね!

それでは気になるスペックをご紹介します。

サイズ 直径38mm× 高さ156mm
重さ 222 g
燃焼時間 小型充てん式タンクで1〜2時間(タンク充てん状況や火力によって変動します)
材質 アルミ・真鍮・ステンレス・ガラス・樹脂

【Hinotoの魅力】スペースを取らないスタイリッシュなデザイン やわらかい明かりが食卓を照らす

Hinotoは、こんなシーンで活用することができるアイテムです。

●魅力1:夜のキャンプの食卓をやわらかく彩る照明として使える

Hinotoは、暗くなりがちな夜のキャンプ食卓を温かく演出してくれるのに最適なランタンです。

一般的なランタンは、調理器具やシェラカップなどで場所をとられがちなキャンプのテーブル上は、なかなか置くスペースが取りづらいということがありました。

また光量も強かったりと、逆に落ち着かないようなことも。

しかし、このHinotoは直径3.8cmという非常にスリムなデザインでテーブルスペースを最小限にし、場所を取らずに照明として活用できます。

ろうそくに近い穏やかな明るさを表現してくれるので、目に負担のかからないにも嬉しいポイント。

●魅力2:コンパクトだから場所を取らずに収納もしやすい!持ち運びにも便利

Hinotoは、とてもコンパクトで尚且つ重さが222gと軽量設計!

そのままお部屋のインテリアアイテムとしても飾れますし、収納にも便利なアイテムです。

ガスボンベやOD 缶などと一緒に並べておいてもアウトドア感があってオシャレですね!

それでは、実際にHinotoの着火方法をご紹介していきたいと思います。

SOTO小型ガスランタン「Hinoto」の着火方法をご紹介!

ガスの充てんや取り扱いの注意点なども一緒にご紹介します。

●1.本体から充てん式タンクを取り外す

まず最初に本体からガラスの部分(ホヤ)を外します。

ゆっくりと引き上げるようなイメージでガラス部分を取り外しましょう。

●2.充てん式タンクにガスを充てんする

取り外した充てん式タンクに燃料となるガスを充てんしていきます。

充てんするガスは市販のカセットボンベ・OD缶(※)・ライター用ガスから充てん、またはSOTOから販売されているOD缶であれば充てん式タンクに充てんすることなく、そのままOD缶を取り付けて使用することも可能です。

(※OD缶からガスを充てんする場合は、別売りの「フィルアダプター」が必要です)

充てん式タンクを水平な場所に置き、ガスボンベの挿入口を合わせ差し込みます。

「シュー」という音が鳴り、充てんが開始。

ガス充てんバルブから液化したガスが吹き出してきたら、充てんは完了です。

この時、注意点としてガスを出しすぎないようにしましょう。

取り外した燃焼部を元に戻します。

これで本体の着火前の準備は完了です。

●3.ガストーチ等を使って着火する

それではHinotoに着火していきたいと思います!

ホヤ(ガラス部分)を取り外した状態で、本体を水平な場所に置きます。

まず、黒のリングを反時計回りに回し、回転が止まったところがガスが全開で出ている状態です。

そしてガスを出したまま芯の部分に着火します。

ちなみにSOTOから販売されている「スライドガストーチ」なら安全で簡単に着火することができます。

(※着火の際はホヤ(ガラス部分)を必ず外してから着火しましょう。そのまま着火するとガラス内部に溜まったガスに引火し、思わぬ事故につながる可能性があります)

着火するとろうそくのような炎が立ち上がります。

黒のリングを調整して燃焼を最小限にしてから、筒部分を取り付けましょう。

しっかりと充てん式タンクを抑えて、ゆっくり慌てずに取り付け。

取り付けが完了したら、再度黒のリングを調整してお好みの光量に調整してください。最大でホヤ内の2/3くらいの高さまで炎が立ち上がります。

OD缶に直接本体部分を取り付けることもできて、満タンの230gOD缶を使った場合は24時間以上楽しむこともできますよ。

SOTOの「Hinoto」はこんな人におすすめ! キャンプの食卓やアウトドアでの読書灯としても

さまざまなシーンでスタイリッシュに使うことができるHinotoはこんな方に特におすすめです。

●ゆっくりとキャンプの食卓や晩酌を楽しみたい方

Hinotoは、アウトドアの暗くなりがちな夜の卓上を癒しの空間に演出する時に大活躍します。

タンブラーやグラスよりもスリムなその本体はテーブルの上のどこにおいても場所にならず安定した明るさを提供してくれます。

そして何よりもおしゃれでいい感じです。

●屋外での読書灯やリモートワークの作業等にもおすすめ

このHinotoはアウトドアでの食事だけではなく、読書などの使用にもおすすめです。

Hinotoは、アルミとガラスをベースにしたつくりでとてもシンプルなデザイン。

まるでインテリアアイテムのように、デスクの上を洗練された空間に彩ってくれます。

筆者は屋外でのPC作業の時にちょっとしたアクセントとしてHinotoを使用しましたが、非常に穏やかな明かりで作業に集中することができました。

LEDなどの明かりでなく、炎は心を落ち着かせる効果があり、ゆったりとした音楽をかけながら、リラックスできる気分に。

アウトドアでテレワークをしながらパソコンや手帳を開いて、1日をじっくり振り返る時にもおすすめですね。

また実際に火がついているので「じんわり暖かい」という感覚も心を落ち着かせる相乗効果なのではないかなと感じました。

SOTOのガスランタン「Hinoto」はキャンプでもお庭でも大活躍!  優しい明かりに癒される

Hinotoは穏やかな明かりをともしてくれるガス式ランタンです。

ろうそくをフューチャーしたその明かりは、キャンプの食卓や穏やかな読書の時間に癒しと特別感をプラス。

限られた卓上スペースを最小限に抑えるそのスタイリッシュなデザインはもちろん、安定的な明かりを供給してくれるガス式タイプで使い勝手も◎!

実際に使わせていただき、SOTO製品の作りの良さを改めて実感しました。

アウトドアの空間に癒しをプラスしてくれるこのHinotoをぜひ手に取ってみることをお勧めします!

筆者はバーナーはもちろん、ウォータージャグやガストーチなどを愛用していますがこのアイテムを通じて、ますますSOTO(ソト)ファンになりました。

今回は、SOTO(ソト)から2021年3月22日リリース予定の新作アイテム、「Hinoto」をご紹介しました。

※SOTOの「Hinoto」は屋外専用のガスランタンです。必ずキャンプなどの屋外で使用してください。

※今回レビューした「Hinoto」は試作品段階のため、実際に販売される製品とは異なる点がございます。あらかじめご了承ください。

▼その他のSOTOの「2021年新作アイテム」や、人気アイテムのレビューはこちらの記事を参考にどうぞ!