言わずと知れたアウトドアの最大手ブランド「コールマン(Coleman)」の手がけるテントは実に多種多様。コールマンのテントの主要3シリーズの特徴を整理し、初心者から上級者まで、対応人数に応じたおすすめテントをご紹介します。

コールマン(Coleman) はキャンプの「ど定番」ブランド

コールマン(Coleman)は、知らない人はいないアウトドア業界の最大手メーカーですが、最近"120周年"を迎えた超老舗ブランドでもあります。

誰もが知っているブランドだからこそ、これからキャンプを始めようという初心者の方の多くが、コールマンのテントを選択されるようです。

しかし、「コールマンのテント」にはとても種類が豊富なので、「どれを選べば良いの?」と悩まれる方もいるかもしれません。今回は、コールマンのテントを網羅的に整理してご紹介していきます。

コールマン(Coleman)のテントには3つのシリーズがある!

まず最初に押さえておきたいのが、コールマンテントの血統図とも言える「主要3シリーズ」です。それぞれのシリーズの特徴をご紹介していきます。

●[ 1 ] タフシリーズ ~ 最もベーシックなテント ~

「タフシリーズ」は、コールマンのテントの中では最もベーシックなシリーズです。

▼タフシリーズテントの特徴

  • 春夏秋の3シーズンキャンプに必要な機能が搭載されて安心にキャンプを楽しむことができるテントシリーズ
  • コールマンのテントシリーズの中ではリーズナブルな価格設定
  • シンプルなドーム型なので設営しやすく、大人が立ったまま着替えることのできる高くて広い空間が特徴
  • 夏でも涼しさを保つよう室内の空気循環を効率的に促す「サークルベンチレーション」、雨に強い耐水圧に優れたフライシートや、強風にも耐えるアルミ合金製メインポールを採用するなど、安心して快適に過ごせる機能が満載

▼こんな人におすすめ

他のシリーズと比べるとリーズナブルな価格設定のテントが多いので、「まずはお金をかけずにコスパの良いテントを選びたい方」におすすめなシリーズです。

●[ 2 ] ダークルームテクノロジー ~ 真夏の涼しさが抜群なテント ~

「ダークルームテクノロジー」は、真夏の涼しさが群を抜いてすごいテントです。

遮光性に優れた素材で光を90%以上ブロックするので、真夏の日差しでテント内の温度上昇が大きく軽減されます。どれくらい涼しいかというと、コールマン調べで「通常のテントと比較で最大温度差は約13.5℃!!」とのこと。

▼ダークルームテクノロジーの特徴

  • 日光を90%以上ブロック
  • UV遮蔽率99,99%以上
  • テント内が真夏でも涼しい(最大温度差は13.5℃)※コールマン調べ
  • 真夏の朝も眩しさで早朝に起こされることがなく安眠できる
  • ソロキャンプにも使えるサイズから、ファミリーキャンプ向けサイズまで、サイズのラインナップが多様
  • 2022年新モデルは、ワイドエアメッシュ採用で換気性能アップ

▼こんな人におすすめ

「キャンプに行くのは主に夏休み(7〜8月の真夏)という方」におすすめなシリーズです。

また、遮光率が極めて高いためテント内はかなり暗くなりますので、「暗くないと眠れない方」、「朝日が登っても少しゆっくり寝ていたい方」にもおすすめです。

●[ 3 ] マスターシリーズ ~ コールマンの最高峰モデル ~

「マスターシリーズ」は、コールマンの技術を結集した最高峰モデルです。

真夏の暑さや真冬の寒さ、雨風などの悪天候などにも対応できるハイスペックなテントです。

▼マスターシリーズの特徴

  • 日本の四季との共生をコンセプトとしたコールマンの最高峰モデル
  • テント名称の頭につく「4シーズン(4S)」とは、春夏秋冬の一年を通して快適に使えるテントであることを示す
  • 強風が吹く春も、雨が続く梅雨や秋雨も、厳冬の氷点下から30℃を越す盛夏まで、大きく変化する日本の四季に完全対応した一年中キャンプを楽しめるシリーズ
  • コットン混紡素材のインナーテントはコットン混紡素材で真夏は涼しく真冬は暖かい
  • フライシートには特殊なコーティング加工を施していて、真夏の日差しや強い雨でもへっちゃら
  • 「極太アルミ合金ポール」による強靭なフレーム構造で今までにない強固な耐久性
  • どのテントもめっちゃ広い(※ソロキャンプ向けテントは無い)

▼こんな人におすすめ

ハイスペックなテントゆえ、価格は高めの設定になっています。

「エントリーテントから、ハイスペックテントにグレードアップしたい方」、「真冬にもキャンプに行きたい方」におすすめです。

また、初めてのテント購入という場合でも、「より高品質なものを長く使いたい方」には自信を持っておすすめできるテントです。

●主要な3つのシリーズ外のテントもある

コールマンのテントには、上記の主要3シリーズには属さない、機能性や形にエッジが立ったユニークなテントもあります。

最近人気が高まる「コテージ(キャビン)型のテント」や「ティピー型テント」、車と繋げて使える「カーサイドテント」などです。

キャンプスタイルも多様化しているので、これらの独自系テントもますます進化していくことでしょう。

それでは、主要なシリーズを押さえていただいたところで、次ページからコールマンの各テントを「誰とキャンプに行く?」の切り口で詳しくご紹介していきます。

ソロキャンプ・デュオキャンプ・ツーリングキャンプにおすすめなコールマンテント

最初にご紹介するのは、対応人数1〜2名のテント。「ソロキャンプ」、「デュオキャンプ」、「ツーリングキャンプ」におすすめなラインです。

テントイメージ テント名 価格 スペック 特徴
ツーリングドーム/ST 19,800円
  • 耐水圧:フライ/約1,500mmフロア/約1,500mm
  • 定員:1〜2人用
  • 本体サイズ:約265×210×110(h)cm
    インナーサイズ/約210×120×100(h)cm
  • 収納時サイズ:約ø19×49cm
  • 重量:約4kg
ポールが抜けにくいポケット式で1人でも設営しやすいコンパクトテント
インスタントアップドーム/S 16,800円
  • 耐水圧:フライ/約1,500mmフロア/約1,500mm
  • 定員:1人用
  • 本体サイズ:約210×210×115(h)cm
  • インナーサイズ:約210×90×100(h)cm
  • 収納時サイズ:約φ17×65cm
  • 重量:約4.3kg
  • 設営・撤収があっという間 前室が広いワンタッチコンパクトテント
  • 2022年新作
ツーリングドームエアー/ST+ 23,800円
  • 耐水圧:フライ/約3,000mmフロア/約1,500mm
  • 定員:1〜2人用
  • 本体サイズ:約265×210×110(h)cm
  • インナーサイズ:約210×120×100(h)cm
  • 収納時サイズ:約φ19×49cm
  • 重量:約4.5kg
  • ダークルームテクノロジーのコンパクトサイズテント
  • 電動ファン(別売)とセット使用で空気循環とスピード冷却を実現
  • 2022年新作(7月発売)
ソロキャンプ・デュオキャンプ・ツーリングキャンプ向けテント

それぞれのテントの詳細を見てまいりましょう。

●ツーリングドーム/ST

その名の通り、ツーリングキャンプにおすすめなコンパクトテントです。

【おすすめポイント】

  • 収納・移動に便利なコンパクト収納
  • 雨天時でも室内に直接雨が入り込まず荷物やシューズ置き場に便利な前室空間
  • 1人でも設営しやすいポールポケット式
  • 別売りのキャノピーポールがあれば前室に大きな日よけ雨よけスペースを作ることが可能
  • 温まった空気を外に排出することで室内を涼しくすると共に結露を軽減するベンチレーション付き

●インスタントアップドーム/S

コールマンの中で唯一の「ワンタッチ式」のテントで、コールマンテントとしては最安クラスの価格設定です。これからソロキャンプを始める方におすすめ。

【おすすめポイント】

  • 設営・撤収があっという間 前室が広いワンタッチコンパクトテント
  • 両手でハブを合わせるだけでインナーテントを完成できるワンタッチ機構
  • 荷物の保管や日よけ雨よけに便利な広い前室空間
  • 雨の浸入を軽減して前室を有効に使えるサイドフラップ開閉機能
  • 別売りのキャノピーポールで前室を更に拡張可能
  • 温まった空気を排出するトップベンチレーション
  • 1人専用サイズでコンパクト収納を実現

▼コールマンのソロキャンプ向けパッケージ(2022新発売)でも買えます!

●ツーリングドームエアー/ST+ (2022年7月発売)

ダークルームテクノロジーのソロキャンプ・ツーリングキャンプ向けのテントです。真夏のソロキャンプにおすすめ。

【おすすめポイント】

  • ワイドエアメッシュ採用で換気性能アップ。外気を取り入れることでこもった熱や湿気を排出し今までより涼しく快適に
  • 別売りのリバーシブルファンベンチレーションで外気を取り込みテント内に気流を作り風の力でより涼しい空間が可能に
  • ダークルームテクノロジーで日光をブロックし涼しく朝までゆっくり睡眠
  • 空気循環を促すサークルベンチレーションワイドエアシステム
  • 必要に応じて光をとれるクリアウィンドウ
  • 建てやすいポールポケット付き
  • 荷物の保管や日よけ雨よけに便利な広い前室空間
  • 雨の浸入を軽減して前室を有効に使えるサイドフラップ開閉機能
  • 別売りのキャノピーポールで前室を更に拡張可能

3人家族におすすめなコールマンテント

3人家族、あるいは、お子様がまだ小さい期間の4人家族におすすめなコールマンテントをご紹介します。

ご家族だけでなく、ゆったり過ごしたい「デュオキャンプ」にもおすすめなテントです。

テントイメージ テント名 価格 スペック 特徴
タフドームエアー240+ヘキサタープセット 54,800円
  • 耐水圧:フライ/約3,000mm フロア/約2,000mm
  • 定員:3〜4人用
  • 本体サイズ:約405×240×162(h)cm
  • 使用サイズ:約240×240×150(h)cm
  • 収納時サイズ:約68×22×18cm
  • 重量:約8kg
  • ダークルームテクノロジーで日光をブロックし涼しく朝までゆっくり睡眠でき、一人でも簡単にたてられるテント
  • 2022年新作(7月発売)
コンパクトドーム/LDX スタートパッケージ 68,000円
  • 耐水圧: 約2,000mm(フロア:約2,000mm)
  • 定員:3〜4人用
  • インナーサイズ:約240×220×140(h)cm
  • 本体サイズ:約240×370×155(h)cm
  • 収納時サイズ:約65×25×22cm
  • 重量:約6.7kg
ヘキサタープ&グランドシートを標準装備したオールインワンコンパクトテント
エクスカーションティピーⅡ/325 27,800円
  • * 耐水圧:約1,500mm(フロア:約1,500mm)
  • 定員:3〜4人用
  • 使用時サイズ:約385×325×200(h)cm
  • インナーサイズ:約325×230×200(h)cm
  • 収納時サイズ:約ø19×60cm
  • 重量:約6.2kg
キャンプだけでなくピクニックの時のシェードにもなる風合いが良いTexFiberを使用したティピー型テント
3~4人家族向けテント

それぞれのテントの詳細を見てまいりましょう。

●タフドームエアー240+ヘキサタープセット

ダークルームテクノロジーのテントなので、真夏にキャンプに行かれるファミリーにおすすめです。

2022年7月新発売の新型テントで、電動ファン(別売)とセットで使用すればさらに空気循環とスピード冷却を実現します。

セットで使えるタープはテントとしっかり接続されるので、雨の日のキャンプも◎です。

【おすすめポイント】

  • ダークルームのヘキサタープが標準装備
  • コネクティングシステムでタープをテントに簡単連結
  • ランタンフック付きタープポール
  • ワイドエアメッシュ採用で換気性能アップ。外気を取り入れることでこもった熱や湿気を排出し今までより涼しく快適に
  • 別売りのリバーシブルファンベンチレーションで外気を取り込みテント内に気流を作り風の力でより涼しい空間が可能に
    ダークルームテクノロジーで日光をブロックし涼しく朝までゆっくり睡眠
  • 空気循環を促すサークルベンチレーションワイドエアシステム
  • 必要に応じて光をとれるクリアウィンドウ
  • 建てやすくテントの剛性を上げるクロスフレーム
  • 人でも建てられるアシスト機能付き
  • 荷物の保管や雨よけに便利な広い前室空間
  • 雨の浸入を軽減して前室を有効に使えるサイドフラップ開閉機能

●コンパクトドーム/LDX スタートパッケージ

ドーム型テントにヘキサタープがくっついているパッケージです。タープによって広いリビングスペースが生まれるので、雨の日のキャンプも楽しめるでしょう。

収納時サイズがコンパクトなので「車の積載量に余裕がない方」や、「2ルームテントは重すぎるので軽いテントの方が良い方」には特におすすめです。

【おすすめポイント】

  • ヘキサタープ&グランドシートを標準装備
  • 高さ140cmも220 x 240cmのフロアで2人でゆったり過ごせるコンパクトサイズ
  • オープンタープを連結でテント内とリビングを雨にぬれず自由に移動可能
  • テントのフロアを守るグランドシート付属

●エクスカーションティピーⅡ/325

ティピーのフォルムがとても愛らしいコールマン唯一のワンポールテント。ティピー型テントが好きな方、また、簡単設営のテントをお探しの方に特におすすめです。

グリーンの基本カラーの他に、限定カラーとして「ベージュ」があります。

【おすすめポイント】

  • ポール1本でインナーテントを簡単立ち上げ
  • コットンのような風合いで速乾性に優れたTexFiberをフライシートに採用
  • インナーテントを外せばデイキャンプのシェードとして利用可能
  • 雨天時でも室内に直接雨が入り込まず荷物やシューズ置き場に便利な前室空間
  • 複数のベンチレーションで温まった空気を外に逃がすと同時に結露を軽減
  • 保管・移動に便利なコンパクト収納

4人家族におすすめなコールマンテント

続いて、寝室スペースが広めの「4人家族におすすめなテント」をご紹介します。

テントイメージ テント名 価格 スペック 特徴
BC クロスドーム270 26,800円
  • 耐水圧:約1,500mm(フロア:1,500mm)
  • 定員:4〜5人用
  • 本体サイズ:約415×270×175(h)cm
  • インナーサイズ:約270×270×170(h)cm
  • 収納時サイズ:約ø23×68cm
  • 重量:約10kg
シンプルなフレームワーク設営しやすいベーシックドームテント
タフドームエアー/3025 49,800円
  • 耐水圧:フライ/約3,000mmフロア/約2,000mm
  • 定員:4〜5人用
  • 本体サイズ:約450×300×180(h)cm
  • インナーサイズ:約300×250×175(h)cm
  • 収納時サイズ:約φ24×70cm
  • 重量:約10kg
  • ダークルームテクノロジーで真夏も涼しく、電動ファン(別売)とセット使用で空気循環とスピード冷却を実現したテント
  • 2022年新作(7月発売)
タフスクリーン2ルームハウス/MDX 74,800円
  • 耐水圧:約2,000mm(フロア:約2,000mm)
  • 定員:4〜5人用
  • 本体サイズ:約560×340×215(h)cm
  • インナーサイズ/約300×250×175(h)cm
  • 収納時サイズ:約ø32×74cm
  • 重量:約17kg
ワイドな居住空間を持った1人でも簡単に設営できる2ルームテント
タフスクリーン2ルームエアー/MDX+ 89,800円
  • 耐水圧:フライ/約3,000mm(寝室)、約2,000mm(リビング)、フロア/約2,000mm、ルーフ/約3,000mm
  • 定員:4〜5人用●本体サイズ:約560×340×215(h)cm
  • インナーサイズ:約300×250×175(h)cm
  • 収納時サイズ:約φ34×74cm
  • 重量:約20kg
  • ファミリー向けのドームテントと同じクラスのインナーテントサイズで快適な寝室を演出。
  • 2022年新作(7月発売)
パーティーキャビン/3025 39,800円
  • 耐水圧:約1,500mm(フロア:約1,500mm)
  • 定員:4〜5人用
  • 本体サイズ:約300×300×250(h)cm
  • インナーサイズ/約300×250×215(h)cm
  • 収納時サイズ:約24×21×100cm
  • 重量:約16.5kg
シェードに吊るすだけの居住性抜群な簡単組立テント
カーサイドテント/3025 47,900円
  • 耐水圧:約1,500mm(フロア:約2,000mm)
  • 定員:4〜5人用
  • 本体サイズ:約330×325×210(h)cm
  • インナーサイズ/約300×250×185(h)cm
  • 収納時サイズ:約ø23×73cm
  • 重量:約10kg
車と連結して寝室やリビングを手軽に作れるカーサイドテント
4人家族向けテント

それぞれのテントの詳細を見てまいりましょう。

●BC クロスドーム270

シンプルな形で設営しやすいベーシックドームテントです。この広さのテントとしては、価格が26,8000円と大変リーズナブルなので、ミニマムコストでキャンプを始めたい初心者のファミリーキャンパーの方におすすめです。

【おすすめポイント】

  • シンプルなフレームワークのドームテント
  • ドーム型としては少し広めの前室スペースがあるので雨の日も大丈夫
  • 「タフスクリーンタープ/400」、「スクリーンキャノピージョイントタープⅢ」と連結可能

●タフドームエアー/3025

ダークルームテクノロジーのドーム型テント。2ルームテントよりも設営が楽ちんなので、真夏を中心にキャンプをしたい初心者におすすめ。

【おすすめポイント】

  • ワイドエアメッシュ採用で換気性能アップ。外気を取り入れることでこもった熱や湿気を排出し今までより涼しく快適に
  • 別売りのリバーシブルファンベンチレーションで外気を取り込みテント内に気流を作り風の力でより涼しい空間が可能に
  • ダークルームテクノロジーで日光をブロックし涼しく朝までゆっくり睡眠
  • 空気循環を促すサークルベンチレーションワイドエアシステム
  • 必要に応じて光をとれるクリアウィンドウ
  • 建てやすくテントの剛性を上げるクロスフレーム
  • 1人でも建てやすいアシスト機能付き
  • 荷物の保管や雨よけに便利な広い前室空間
  • 雨の浸入を軽減して前室を有効に使えるサイドフラップ開閉機能

●タフスクリーン2ルームハウス/MDX

ワイドな居住空間を持った1人でも簡単に設営できるタフシリーズの2ルームテントです。コールマンの2ルームテントの中では、最安クラスの74,800円という価格設定ですので、広いテントを探していて、コスパよくキャンプを始めたい方におすすめ。

▼こちらの記事でも詳しくご紹介しております

ちなみに、スカートは前室のみとなっているので、真冬にもキャンプに行きたい方には、後述のマスターシリーズの2ルームテントがおすすめです。

【おすすめポイント】

  • 寝室にもクロスフレームを採用で広い寝室
  • リビング側にもランタンフック付属
  • 1人でも設営可能なアシスト機能
  • 室内の空気循環を促すサークルベンチレーションシステム
  • キャノピーポールで前室も活用できる広々リビングスペース
  • 強風でもびくともしないアルミ合金製メインポール

●タフスクリーン2ルームエアー/MDX+

大人気のダークルームテクノロジーの2ルームテントが、新たな機能「サークルベンチレーションシステム」を搭載してバージョンアップしました。涼しさ重視で真夏を中心にキャンプをする方に特におすすめしたいテントです。

▼こちらの記事でも詳しく説明しております

ちなみに、こちらもスカートは前室のみとなっているので、真冬にもキャンプに行きたい方には、後述のマスターシリーズの2ルームテントがおすすめです。

【おすすめポイント】

  • 電動ファン(別売)とセット使用で、空気循環とスピード冷却を実現
  • 日光をブロックしゆっくり眠れる
  • 強度なアルミ合金ポール使用で、立てやすいクロスフレーム構造
  • ファミリー向けのドームテントと同じクラスのインナーテントサイズで快適な寝室を演出
  • 寝室(インナーテント)には必要に応じて光や外気を取り入れることが可能な“サイドウィンドウ”付
  • ダークルームテクノロジー搭載のルーフフライを標準装備
  • ルーフフライを装着することで、遮光性upするだけでなく、本体とルーフフライに空間が生まれ、結露の軽減
  • サークルベンチレーションシステムで上下の通気口によって室内の空気を循環し、涼しく過ごせる

●パーティーキャビン/3025

おうちのような形をしたユニークなテント。中はとても広いです!人と被らない個性的なテントをお探しの方に特におすすめ。

【おすすめポイント】

  • シェードに吊るすだけの居住性抜群な簡単組立テント
  • 広げるだけの簡単組立
  • 吊り下げ式インナーテントで日中はシェードとして夜はテントとして使用可能
  • デイキャンプのシェードとしても使えて年中活躍
  • 垂直に立ち上がった広々室内空間
  • 横窓装備で通気性抜群の3面メッシュ
  • 天井の大きなベンチレーションで熱気を解放して涼しく

●カーサイドテント/3025

車と連結して寝室やリビングを手軽に作れるカーサイドテント。車中泊ができる車をお持ちの方におすすめなテントです。

【おすすめポイント】

  • 車と連結可能(約160〜195(h)cm)
  • 日中はリビングとして使用し夜は寝室として使用できるハンギングインナーテント付属
  • 外に出ず車の荷物を出し入れ可能
  • 急な天候悪化で心配な時はすぐに車内に避難が可能
  • 防災用の自主避難用としても活躍
  • 3面がメッシュ、オープン、クローズ可能
  • 別売のキャノピーポールで、キャノピーの張出しはもちろん、車との連結なしでも自立可能。BBQの時の日よけとしても大活躍

ワンランク上のキャンプ体験ができる最高峰のコールマンテント

続いて、グランピングのようにワンランク上のキャンプ体験ができるコールマンテントの最高峰テント「マスターシリーズテント」をご紹介します。

オールシーズン使えて、耐水性・耐風性なども最高レベルのテントなので、年間通じて日本のどのエリアでもキャンプが安心して楽しめる高級テントです。

テントイメージ テント名 価格 スペック 特徴
4SワイドツールームコクーンⅢ 189,800円
  • 耐水圧:フライ/約3,000mm、フロア/約10,000mm、ルーフ/約3,000mm
  • 定員:5〜6人用
  • インナーサイズ:約360×240×195(h)cm
  • 本体サイズ:約670×400×220(h)cm
  • 収納時サイズ:約ø40×85cm
  • 重量:約34kg
変化の激しい日本の四季の厳冬の氷点下から30℃を越す盛夏まで対応するこだわりの機能を備えたコールマン最高峰テント
4Sワイド2ルームカーブ 128,000円
  • 耐水圧:フライ/約3,000mm、フロア/約10,000mm、ルーフ/約3,000mm
  • 定員:4〜5人用
  • インナーサイズ:約300×225×185(h)cm
  • 本体サイズ:約580×350×200(h)cm
  • 重量:約24kg
コクーンⅢと同等の機能を備えていて、コクーンⅢよりも一回り小さいサイズのテント
コールマン最高峰テント

それぞれの商品の特徴を見てまいりましょう。

●4SワイドツールームコクーンⅢ

コールマンの最上位モデルのテント。抜群の強度と空間を最大化させるフォルム設計で、コールマンの中では最大サイズで、スノーピーク「ランドロック」よりも広いんです。

▼使用感はこちらの記事で詳細に説明しています

また、キャノピーポールが付属しているので、トータルの価格ではランドロックよりも安くなると思います。(ランドロックにはキャノピーポールが付属していない)

「上質なテントが欲しい方」、「1年中いろんなところへキャンプに行きたい方」、「大人数でキャンプに行きたい人」には特におすすめしたいテントです。

【おすすめポイント】

  • 解放感あふれるリビング天窓(クリアウォール)付き
  • ルーフフライ、キャノピーポールがセット(標準装備)
  • プライバシーを守り、アレンジパターンの多いサイドウォール付きで、キャノピーを立ち上げた状態でも雨の吹き込みを防ぐ
  • 春の強風にも安心極太アルミ合金ポール
  • 広さと抜群の強度を両立する独自フレーム構造
  • 猛暑、日差しの強い夏に空気循環を促すベンチレーション
  • フライ本体の耐水圧は安心の3,000mm、210Dポリエステルオックスフォードの厚手で丈夫な生地
  • 薄い色の生地の裏面に遮光性のあるポリウレタン樹脂を塗ることにより、光を遮りテント内に効果的に影が作れる
  • テント内の湿気を吸収し、外部に排出する通気性抜群のコットン混紡素材を採用し、寝室が快適に
  • 寝室側も含めた周囲すべてにぺグループ付きのスカートを採用し、泥はね、虫の侵入防止になるスカートですが、ぺグループを固定すれば、室内の暖気を逃さず、室内への冷気の侵入を阻止

● 4Sワイド2ルームカーブ

先ほどの「4SワイドツールームコクーンⅢ」と同じ性能&機能を備えたサイズ違い(ひとまわり小さい)テントです。

コクーンⅢほどのサイズでなくても良い方には、こちらの 4Sワイド2ルームカーブをおすすめいたします。

進化し続けるコールマンテントは初心者から上級キャンパーまでカバー

コールマンテントの全貌を網羅的にご紹介いたしました。キャンプ歴に応じてテントを買い替える方も多いので、初心者の方も、上級者の方も、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

コールマンは毎年さらに進化したテントを発表し続けているので、今後も楽しみですね!

▼こちらの記事もどうぞ