普段使いのサクッと履けるものからキャンプやマリーンスポーツなどの本格アウトドアにも使える「サンダル」を一挙紹介。キャンパーにも大人気のワークマン、KEEN(キーン)やChaco(チャコ)といったアウトドアサンダルで有名なブランドまで幅広く取り扱います。防寒サンダルや防虫サンダルなど、あると便利なアイテムも紹介するのでぜひチェックしてみてください。

【メンズ2選】キャンプやアウトドアで人気のKEENとブーツで有名なDannerからピックアップ

●【おすすめメンズサンダル①】KEEN(キーン) 「ヨギ」クッション性抜群でアウトドアライク

アウトドアにぴったりなフットウェアを展開しているアメリカのシューズブランド・KEEN(キーン)。

そんなKEENを象徴するリラックスクロッグサンダルが『YOGUI(ヨギ)』。

リラックスタイム、アフタースポーツ、オフィス、そしてファッションまで、シーンレスに楽しめる一足で、素足はもちろん、ソックス合わせでオールシーズン活躍します。

河原でBBQなどアウトドアではもちろんのこと、普段もごみ捨てなど、ちょっとした時にも使えますよ。

他にも、カラフルなデザインのYOGUIARTS(ヨギ アーツ)、YOGUI ARTSFULL(ヨギアーツフル)など、多彩なラインナップを「ヨギコレクション」として展開しています。

▼詳しいレビューはこちら!

[【KEEN(キーン)おすすめサンダル】普段履き〜川遊びまで!サイズ感など選び方のポイントもご紹介! - ハピキャン|キャンプ・アウトドア情報メディア]

●【おすすめメンズサンダル②】Danner(ダナー) 「エム・マザマ」サンダルとスニーカのいいとこ取り

アメリカ生まれのアウトドアブーツメーカー・Danner(ダナー)。創業から90年の歴史を持ち、日本でも愛され続けている老舗ブランドです。

今回紹介する「エム・マザマ」は、サンダルでもスニーカーでもない形状で、両者のイイとこだけを合わせた最高の一足!

従来のサンダルのデメリットであった〝長時間の使用で足が疲れる〟といった点を、分厚いソールで克服しています。

アッパーにはハニカム構造のメッシュが施されているため、伸縮性や通気性も抜群!

靴下を履いたままでも着用出来るので、ファッションの幅もぐっと広がるオススメアイテムです!

▼詳しいレビューはこちら!

【レディース2選】サンダルとは思えないほどデザイン性が高いサンダルと厚底サンダルを紹介

●【おすすめレディースサンダル①】KEEN(キーン)「ユニーク」コードを編んで作ったおしゃれな一足

「ユニーク」はデザイン性に優れた、KEENのサンダルの中でも特に人気の高い商品。

2本のコードを編み上げて作られたユニークなデザインのスポーツサンダル。足裏の形に合わせて立体的につくられ、サンダルとは思えないフィット感を演出してくれます。

ミッドソールに高反発性のモノを使用しているため、長時間歩いても疲れにくく旅行にも最適。

通気性が良く、締め付けないのにフィット感が抜群で歩きやすいと評判です。

▼詳しいレビューはこちら!

●【おすすめレディースサンダル②】Teva(テバ) 「フラットフォームユニバーサル」厚底で足が長く見える

Teva(テバ)の「フラットフォームユニバーサル」は、女性に嬉しい足長効果が期待できる厚底ソール。

デザイン性もあり、フォーマルなスタイルでも合わせやすいスポーツサンダルです。

4.5センチの厚みがあるソールですが、軽量で持ち運びも楽ちん。

裸足で履いても、靴下を履いたコーディネートも可能です!

▼詳しいレビューはこちら!

【ワークマン2選】即完売・売り切れ続出で入手困難なほど人気の防虫サンダル&走れるサンダル

●【おすすめワークマンサンダル①】「AERO GUARD ステルスサンダル」 夏の虫除けに使える防虫サンダル

ワークマンから新発売になった「ステルスサンダル」。靴の本体部分はEVA樹脂という、とても軽量で水にも強い素材です。

迷彩柄の生地にディアガード防虫加工がされています。

普通のサンダルと違い、ステルスサンダルは虫に刺されやすい足首をガードするように、ブーツのような形状をしています。

この布部分は折りたたんで、普通のサンダルのように使うこともできます。

日中は暑さもあるのでサンダルのように使い、夕方虫が出てくる時間帯にブーツスタイルに変えるといった使い方ができますよ。

▼詳しいレビューはこちら!

●【おすすめワークマンサンダル②】「FO121走れるJOGサンダル」スニーカーのような感覚で履けるサンダル

FO121走れるJOG(ジョグ)サンダルは、ワークマン独自開発の高反発ソール「バウンステック(Bounce TECH)」を搭載したモデル。

形状はサンダルですがスニーカーのように履くことができ、アウトドアシーンはもちろんタウンユースにもおすすめできるシューズです。

甲部分のベルトで足首へのホールド感を調節できます。しっかりと足首に固定すれば簡単に脱げてしまうこともありません。

テントからの出入りの際に、かかとを踏んでさっと履いて出てくることもできます。

▼詳しいレビューはこちら!

【アウトドア向けサンダル2選】マリンスポーツや川遊びなどハードなアウトドアで足を守るシューズ

●【おすすめアウトドア向けサンダル①】KEEN(キーン) 「ニューポート」 耐久性抜群&水陸両用

創業モデルとして長く愛されている「ニューポート」。

つま先をしっかり保護するトゥ・プロテクションを搭載しています。アウトソールと一体化しているので、サンダル全体の耐久性が高いのが特徴です。

水陸両用モデルなので、水辺のアクティビティ、旅行、普段使いなど、さまざまなシーンで活躍してくれます。クッション性が高く、フィット感も優れていて、はき心地が良いのもうれしいポイント。

また、ニューポートには、スタンダードモデルのほか、ニューポートH2のラインアップもあります。海、川、湖などでのキャンプやアクティビティ時に重宝しますよ。

レディースモデルもあります。

▼詳しいレビューはこちら!

●【おすすめアウトドア向けサンダル②】MERRELL(メレル) 「チョップロックシャンダル」 街・山・海で使える

靴(シューズ)とサンダルの間の存在である新しいジャンルの「シャンダル」。

水辺やぬかるみのような滑りやすい場所でも驚くほどのグリップ力を発揮する、Vibramメガグリップをソールに採用。

さらに、ミッドソールにある溝が、水路のように効率的に水を外に排出するハイドラモーフを採用しています。そのため、非常に滑りにくく、水の中に入っても靴の中に水が溜まりません。

軽い登山からタウンユース、SUP等のウォーターアクティビティまで幅広く使用することができます。

街・山・海、どんな場所でも、これ一足遊びに行ける万能な靴です。

▼詳しいレビューはこちら!

【目的別3選】これがあればキャンプでも安心! 寒さ対策や疲労回復など健康にも効果アリ!

●【冬用防寒サンダル】SUBU(スブ)「サンダル」 まるでダウンのような暖かさ!家の中でも使える

「SUBU(スブ)」は、2016年に誕生した素足で履ける冬にピッタリのサンダルです。

しっかり暖かさを保ちつつ、快適な履き心地を得られるのが防寒最強冬用サンダル。

起毛加工が施された内側の生地と4層のインソールがまるでダウンのような暖かさで素足で履いてもひんやりしないのが特徴。

防寒機能に優れた構造で冬キャンプをリラックスして過ごせますよ。

また、ルームシューズとしてや近場へのショッピング、散歩にも使いやすいので、幅広い方におすすめです。

▼詳しいレビューはこちら!

●【靴下を履いたまま履けるサンダル】mont-bell(モンベル) 「ソックオンサンダル」コンパクトで持ち運びも◎

モンベルで人気のアウトドアサンダルが、靴下を履いたままでも履けるように作られた「ソックオンサンダル」。

登山のテント泊でも携行できる、軽量・コンパクト・速乾性に優れたサンダルです。

荷物に入れても負担に感じない重量は、Mサイズで1足172g!

独自の形状で、ひとりひとりの甲にフィットする履き心地はとても楽ちんですよ。

ビームスとのコラボカラーも販売され、キャンプシーンのみならずタウンユースでも人気が高いアイテムです。

▼詳しいレビューはこちら!

●【軽量&快適なサンダル】Chaco(チャコ) 「チロススライド」スポーツ後の足の疲労回復にも最適!

「チロススライド」はクッション性の高いEVAフットベットを採用し、優しく足裏を包みこむような履き心地は一度履いたら脱ぎたくなくなるような心地よさ。

EVAを採用したフットベットは足裏を包み込み衝撃を受け止め、足のバランスを正しい位置に矯正してくれるのもチャコならではの機能性。

そして、このモデルのもう一つの特徴でもあるのが、アッパー部分をチャコらしい1本のウェビングでデザインしていること。自分の好みや体調に合わせてホールド感を調整する事ができます。

外だけでなく、家の中、長時間移動する時など、色々なシーンで使える1足です。

▼詳しくはこちら!

サンダル・シューズ以外にもキャンプにおすすめのファッションを紹介中! 詳しくはこちら!