『おぎやはぎのギアキャン』は、おぎやはぎのふたりが注目のキャンプギアを体験レビューするYouTubeチャンネルです。12回目となる今回は、親子キャンプにぴったりなSOTOの燻製キット『モクモグ』をご紹介します。子どもと一緒に燻製作りが楽しめる『モクモグ』の魅力をチェックしていきましょう!

子どもが火や煙の扱い方を学ぶ機会に! 火育にぴったりなSOTOの燻製キット『モクモグ』

新富士バーナーが展開するアウトドアブランド・SOTOは、高い機能とスタイリッシュなデザインのキャンプギアを扱っているのが特徴です。

特に燃焼器具ジャンルで人気の高いSOTOですが、実は燻製用品の取り扱いも豊富! SOTOでは、初心者から上級者まで楽しめる多彩な燻製用品を販売しています。

SOTOが販売している燻製用品のひとつ『モクモグ』は、親子で楽しめることをコンセプトにしたスモーカー。

そのコンセプトの通り、モクモグは単においしい燻製を作れるだけでなく、子どもが興味を持って楽しめるような工夫が施されています。子どもが火や煙の扱い方を学ぶ「火育」の機会にもなるため、親子キャンプにぴったりのアイテムといえるでしょう。

今回、モクモグについて解説してくれるのは、新富士バーナー株式会社の坂之上さん。おぎやはぎの体験レビューとともに、モクモグの魅力に迫っていきます!

組み立てが楽しいのも魅力! SOTOのダンボール燻製器『モクモグ』の使い方をご紹介

モクモグは、燻製作りに必要な以下のアイテムがセットになった燻製キット。

・スモーカー本体
・金網
・アルミ皿
・スモークウッド

モクモグのスモーカー本体は段ボールでできており、使うときにスモーカーの形に組み立てる仕様です。そのため、持ち運びや収納に場所を取らないのも嬉しいポイント。

また、上記のほかにスモーカー本体を飾りつける用の「お絵描きシール」もついています。段ボールを組み立てたり、飾りつけにお絵描きシールを貼ったりと、組み立て時に工作を楽しめるのがモクモグならではの魅力です。

坂之上さんに教えてもらいながら、小木さんと矢作さんもモクモグの組み立てに挑戦!

本体組み立ての手順は以下の通り。文章だと手順が多くややこしいように感じてしまうかもしれませんが、実際に組み立ててみると、どの手順も非常にシンプルで簡単です。単純作業のため、小さなお子さんでもチャレンジしやすいはずですよ!

1.ツメがついた凸側を上にし、凹側に差し込んで本体の底面を作る

2.底が抜けてしまわないように、底板を本体の中に敷く

3.ウッド皿受け台を本体にセットし、煙の元となるスモークウッドを置くための台を作る

4.本体上部にある4か所の切り込み部分を内側へ押し込み、金網を乗せるツメを作る

5.手順4で作ったツメの上に金網を乗せる

6.煙突を組み立てる

7.煙突を穴に差し込みツメを広げる

8.屋根部分を組み立てたら本体の組み立て完了

本当に工作だね〜。子どもは楽しいんだろうな

完成形のモクモグは、煙突がついたログハウス風のフォルムで、とってもかわいいデザインです。

そのままでもかわいいですが、本体にお絵描きシールを貼ったりペンで絵を描いたりすれば、オリジナリティあふれる燻製器に。世界にひとつだけしかない、オリジナルの燻製器を作れますよ!

本体の組み立てと飾りつけが完了したら、金網に好きな食材を並べて、スモークウッドに点火します。スモークウッドの火が消えて煙が出ることを確認したら、受け皿部分に載せて本体に設置します。

あとは屋根を閉めて、1〜2時間放置すればOKです。

調理は煙を眺めているだけでできるので、パパやママの負担が少ないうえに、子どもが途中で飽きてしまう心配も少ないです。

SOTO『モクモグ』で作った燻製をおぎやはぎが実食! スイーツやスナック菓子もおすすめ

今回のギアキャンでは、モクモグで作った燻製を、おぎやはぎのふたりが実食してみました。

燻製といえばチーズ・ウィンナー・ベーコンなどがポピュラーですが、今回は子どもが好きそうなプリンやシュークリーム、ポテトチップスも燻製に!

プリンはおかしいでしょ〜!(笑) でもおもしろいね、こういうの。

え〜! これの燻製!? ちょっとプリン食べてみたいね!

イレギュラーな食材の燻製に興味津々な小木さんと矢作さん。実際に燻製プリンや燻製シュークリームなどを食べてみた感想は……。

プリンは意味わかんない味になってる!(笑)

これは……うん。煙の味っていうか……(笑)

あっ! シュークリームはおいしい!

ポテトチップスもうまい!

燻製プリンの衝撃的な味わいには失笑するふたり。しかし、シュークリームやポテトチップスは意外にも大好評でした。

間違いなくおいしい食材を燻製にするのもいいですが、プリンやシュークリームのように変わった食材を燻製にしてみると、意外な発見があっておもしろいかもしれません。もし失敗してしまったとしても、それもまた楽しい思い出のひとつになるはずです!

SOTOの『モクモグ』は親子で満喫できるキャンプギア! モクモグで親子キャンプをもっと楽しもう

【スペック】

・セット内容
スモーカー本体×1
金網×1
アル三皿×1
スモークウッド×1
お絵描きシール

・外形寸法(幅×奥行×高さ)
組立時:455×230×450mm
収納時:235×235×70mm

・重量
470g

・材質
スモーカー本体:段ボール
金網:鉄

モクモグは、単においしい燻製を楽しめるだけでなく、子どもの火育やかけがえのない思い出作りにも役立つこと間違いなしのアイテム。

また、スモーカー本体は、繰り返し使用も可能です。スモークウッドを買い替えれば、また次のキャンプでも燻製を楽しめてコスパも◎!

親子でキャンプに行かれる方は、ぜひモクモグを使った燻製作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

今回のギアキャンの様子はYouTubeで公開中です!

モクモグについてもっと詳しく知りたい方や、おぎやはぎのふたりが体験レビューする様子をさらに見たい方は、YouTubeでチェックしてみてくださいね。

プレゼントも実施中

また、紹介した「モクモグ」を抽選で5名の方にプレゼントさせていただきます!
応募は2月15日(月)まで。以下のフォームからご応募ください。

[【ハピキャン】モクモグプレゼントキャンペーン]

いろいろな燻製レシピに挑戦したいなら 燻製レシピの幅が広がるこちらの記事も要チェック!

[お家で燻製!? 自宅で燻製の作り方&必要な道具&つまみに合う食品ベスト5も紹介! - ハピキャン(HAPPY CAMPER)]

[【アレンジレシピ】燻製和風ローストビーフで極上キャンプディナー! - ハピキャン(HAPPY CAMPER)]

[【燻製おつまみの作り方】燻すだけで下ごしらえなし 塩サバなど厳選おすすめ食材7種 - ハピキャン(HAPPY CAMPER)]

[【簡単燻製】チップがなくても燻製が出来る! おうちの茶葉を使う燻製の作り方とオススメ食材をご紹介! - ハピキャン(HAPPY CAMPER)]

[【徹底解説】燻製好きが教える初心者さんでも失敗しないポイント&おすすめ燻製器6選 - ハピキャン(HAPPY CAMPER)]