SOTO(ソト)は燃焼系のギアに定評があり、多くのキャンパーに人気のアウトドアブランド。レギュレーターストーブやウインドマスターといったシングルバーナーのほか、ダッチオーブン、焚き火台など、さまざまなラインアップがそろいます。そこで、ハピキャン編集部イチオシのSOTOのおすすめギアをまとめて紹介します。

SOTO(ソト)とは? 新富士バーナーが手がけるアウトドア向け燃焼器具のブランド

SOTOは、新富士バーナー株式会社が手がける、アウトドア向けの燃焼系ギアブランド。

新富士バーナー株式会社は、もともとは工業用バーナーのメーカーとして1978年に設立された愛知県の企業です。

シングルバーナー、ガストーチ、ダッチオーブン、焚き火台など、炎に関するさまざまな商品が製造・販売されています。

機能的で使いやすいSOTOのギアは、多くのキャンパーやアウトドア愛好家に愛用されています!

今も新製品が続々と登場し、今後もSOTOのアイテムから目が離せません!

▼2021年の注目の新製品情報はこちら!

ここからはSOTOのおすすめギア12点を一挙に紹介します。

SOTOシングルバーナーのおすすめ4選! レギュレーターストーブ・ストームブレイカーほか

SOTOといえばシングルバーナーをイメージする方も多いのでは?

ここでは持ち運びしやすく便利な、人気の4アイテムを紹介します。

●SOTO「レギュレーターストーブ ST-310」 コンパクトながら安定した高火力!

SOTO「レギュレーターストーブ ST-310」は、コンパクトなボディからは想像もつかないような、パワフルで安定した火力が特徴。

重量は350gほどと軽く、収納時は片手で持てるほどの小型サイズで、携帯に便利です。

使用する燃料は、カセットコンロなどに使われるCB缶(カセットボンベ)で、入手しやすいのがメリット。

また、マイクロレギュレーターが搭載されているので、比較的外気温に左右されることなく、安定した火力を維持できるのが魅力です。

▼愛用者レビューはこちら!

●SOTO「ウインドマスター SOD-310」 風に強く、安定した火力をキープ!

文字通り、風に強いシングルバーナーのSOTO「ウインドマスターSOD-310」。

風向きや天候が変わりやすいアウトドアシーンでも、火力が安定しているのが魅力です。

加えて、寒さに強いメリットも。

−5℃の環境下でも、2,800kcal/hのハイパワーです。

重量は67gほど。収納時は手のひらにおさまるくらいのサイズです。

▼愛用者レビューはこちら!

●SOTO「レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン)ST-330」 初心者にもおすすめ!

取り扱いしやすく、初心者の方にもおすすめなのがSOTO「レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン)ST-330」です。

使用する燃料はCB缶で、入手しやすく、安価で購入できるのがうれしいポイント。

バーナーにも簡単に取り付けられます。

4本のゴトクは安定性が高く、大きめのクッカーを置いて調理することも可能です。

▼愛用者レビューはこちら!

●SOTO「ストームブレイカー SOD-372」 強風&寒さに強いスグレモノ!

SOTO「ストームブレイカー SOD-372」は強風にも寒さにも強く、冬の使用にうってつけのシングルバーナー。

強い風が吹いても火力が保たれるのは、炎孔(火口数)の多さと、バーナーヘッドの形状のおかげです。

一般的なバーナーの約3倍の炎孔が装備されていて、火足が短くなるのがポイント。

また、バーナーヘッドがすり鉢状にデザインされているため、横風を通しにくく、鍋やクッカーなどをのせると火元が隠れるメリットがあります。

ガス(OD缶)およびガソリンの2種類の燃料に対応していて、使用シーンや状況に合わせて使い分けられるのも魅力。

▼愛用者レビュー&使い方はこちら!

SOTOツーバーナーのおすすめ! 「レギュレーター2バーナー GRID ST-526」

SOTOのツーバーナーなら「レギュレーター2バーナー GRID ST-526」がおすすめ。

シンプルかつスタイリッシュなデザインで、キャンプやアウトドアシーンをおしゃれに演出できます。

もともと火力が強いのに加え、取り外し可能な風防が付いているので、風が強い日の調理も安心。

使用する燃料はCB缶です。

また、オプション品を利用することで、アウトドア調理がより楽しく快適にできます。

▼バーナーの奥側に設置するテーブル

▼持ち運び用ハードケース

▼愛用者レビューはこちら!

SOTO調理器具のおすすめ4選! スモークポット・ダッチオーブンなど 自宅調理に使えるものも

キャンプやアウトドアでおいしい料理をつくるのに欠かせないのが、機能的な調理器具。

SOTOの調理器具は、機能的で使いやすく、かつおしゃれなラインアップがそろいます。

●SOTO「スモークポットCoro(コロ)」 自宅のキッチンで燻製がつくれる!

自宅のキッチンでも、手軽に燻製料理が楽しめるSOTO「スモークポットCoro(コロ)」

密閉性が高く、煙が出にくいので、室内でも安心して使えます。

商品名の通り、コロッとしたデザインがかわいらしく、眺めているだけでほっこりするのも魅力。

SOTOのスモークポットには「Don(ドン)」のラインアップもあります。

▼愛用者レビューはこちら!

●SOTO「燻家(スモークハウス)」 初心者でも簡単に使える段ボール製の燻製器

燻製をつくるのに必要な道具が一式そろう、SOTO「燻家(スモークハウス)」。

燻製器本体のほか、スモークウッド、金網、アルミ皿などが付属するので、好きな食材とバーナーを用意すれば、すぐに燻製がつくれます。

手軽に燻製づくりにチャレンジしたい初心者の方にもおすすめ。

ダンボールの性質上、湿気や風に弱く、リピート使用には向かない点に注意しましょう。

▼燻家のレビューはこちら!

●SOTO「ダンボールスモーカー モクモグ ST-116」 子どもと一緒にチャレンジ!

SOTO「ダンボールスモーカー モクモグ ST-116」は、ダンボール製の本体を組み立てると、ログハウスの形になる燻製器。

付属のシールを貼ったり、絵を描いたり、ダンボールなのでデコレーションも思いのまま。子どもが喜びます。

ファミリーキャンプや子どもの火育にもおすすめ!

▼モクモグの組み立て方&レビューはこちら!

●SOTO「ステンレスダッチオーブン」 シーズニング不要ですぐに使える&お手入れもラク

SOTO「ステンレスダッチオーブン」は、キャンプやアウトドアだけでなく、自宅でも使える調理器具。

ガス火のほか、IHやハロゲンヒーターなど、さまざまな熱源に対応しています。

一般的な鋳鉄製のダッチオーブンと異なり、シーズニング不要ですぐに使えるメリットも

傷や汚れに強いステンレス製なので、お手入れもラクにできます。

▼愛用者レビューはこちら!

SOTO焚き火台のおすすめ2選! ソロキャンプ・2〜4人・4〜8人用の多彩なラインアップ

キャンプやアウトドアの楽しみといえば、やはり焚き火。そして、焚き火に欠かせないのが焚き火台です。

SOTO製品のおすすめはこちら。

●SOTO「焚火台エアスタ ベース ST-940」 高い燃焼効率&サイズを選べるスグレモノ

エアーアシストスタートシステムの採用で、高い燃焼効率が特徴のSOTO「焚火台 エアスタ ベース ST-940」。

太い薪にもしっかり着火するのが魅力です。

エアスタベースは別売りのウイングを取り付けて使う仕組み。

使用人数に応じて、適したサイズを選べます。

▼Mサイズ:2〜4人用

▼Lサイズ:4〜8人用

▼エアスタベースのレビュー&使い方はこちら!

●SOTO「ミニ焚き火台テトラ」 コンパクトに持ち運べて便利! ソロキャンプ&ツーリングにおすすめ

折りたたんでコンパクトに携帯できるSOTO「ミニ焚き火台テトラ」。

収納時は厚さ4mmほどの手のひらサイズになり、ポケットに入れて持ち運べます。

携帯性に優れているので、ソロキャンプやツーリングなどにうってつけ。

▼愛用者レビューはこちら!

その他のSOTO製品のおすすめ! CB缶が使える「レギュレーターランタン ST-260」が便利

SOTO製品にはランタンのラインアップも。

コンパクトで携帯しやすいこちらがおすすめです。

SOTO「レギュレーターランタン ST-260」は、軽量かつコンパクトで持ち運びしやすいのが特徴です。

サブランタンに適していますが、場合によってはメインランタンとしても活用できるほど、明るさは十分。

燃料にCB缶を使用します。

▼愛用者レビューはこちら!

燃焼系ギアなら、やっぱりSOTO! 機能性アイテムを活用して、おしゃれで快適なアウトドアライフを!

燃焼系ギアを選ぶなら、キャンパーやアウトドア愛好家に人気のSOTOのアイテムがおすすめ。

機能的で使いやすい上、デザイン性が高いのが魅力。

シングルバーナー、ツーバーナーをはじめ、ダッチオーブン、焚き火台など、幅広いラインアップがそろうので、用途やシーンに合わせて選べます。

SOTOのギアを活用して、おしゃれで快適なアウトドアを楽しみましょう。

(ライター:hayase)