キャンプの夜を明るく照らすマストアイテム「ランタン」。中でもコールマンのガソリンランタンはブランドロゴにもなっているように、コールマンを代表する歴史と人気のある定番商品です。今回は中でも代表的なガソリンランタン、「ワンマントルランタン286A」を筆者が実際に手に取り、その魅力と使い方を徹底解説していきます。

「ワンマントルランタン286A」はコールマンを代表する人気モデル! その他2つの現行機種をチェック

ランタンには現在LEDやガス式など様々なタイプがありますが、中でもコールマンのガソリンランタンは1914年の発売以来ずっとキャンパーに愛され続けている定番アイテムです。

そんな歴史あるガソリンランタンの燃焼システムを引き継ぐ、現行モデルの中で人気なのが、「ワンマントルランタン286A」です。

ガソリンランタンの燃焼の仕組みは、マントルという灯りとなる発光体(特殊な素材でできたもの)が、圧縮されてガス状になったガソリンにより発光するというもの。

※ワンマントルランタンは発光体であるマントルが「ひとつ」という意味です。

●コールマン(Coleman)ワンマントルランタン 286A740J

その他、コールマン・ガソリンランタンの現行機種には…マントルが2つの「ツーマントルランタン」やチューブ型のマントルを使用した「ノーススターランタン」もありますので、少しだけご紹介します

●コールマン(Coleman)パワーハウス ツーマントルランタン 290A740J

286Aが約200キャンドルパワー(=約130W)に対し、「ツーマントルランタン」は約300キャンドルパワー(=約190W)というように、ランタン本来の役目「明るく灯す」という求めに応えたのがこちらの290Aです。

さらに明るく、操作性も含めて追及した結果が次にご紹介する「ノーススター」ということになります。

●コールマン(Coleman)ノーススターランタン 2000-750J

約360キャンドルパワー(=約230W)を誇り、機能面ではマントル取り付けがクリップ式になったり、ワンプッシュ点火を備えた実用性に特化したランタンがノーススターランタンです。

このように、コールマン・ガソリンランタンの現行機種は「286A」を定番としながらも「290A」「ノーススター」と、3つのモデルがあることを覚えておきましょう。

「ワンマントルランタン286A」を実際に購入!保管&携帯性に優れたグリーンのハードケースも付属!

購入すると専用のハードケースがセットとなっています。壊れやすい部品もあるため、本体にフィットした丈夫なハードケース付きはありがたいですね。カラーは本体と同じグリーンで、コールマンのロゴ(ランタンマーク)入りです。

☆ちなみにコールマン・ワンマントルランタン286AのケースをDIYする記事もありますので、[こちら]も併せてお読みください!

以下の写真がケースから出した286Aの本体です。まさにコールマンのロゴそのままの形ですね。歴史あるモデルのDNAを引き継いだ商品であることが覗えます。

また、ランタンスタンドなどに吊るすのに便利なベイル(ハンドル)も付いています。

ガソリンの燃焼にも耐える耐熱ガラスのグローブにもしっかりとコールマンのロゴ。さらに、燃料タンクにもロゴと286Aという品番が確認出来ます。

タンクには、写真向かって右手のつまみが「ポンプノブ」と呼ばれるタンク内に空気を送る装置、向かって左手のつまみがガソリンを注入する「燃料キャップ」が付いています。

「286A」=「ガソリンランタン本体」だけではNG! 点火するために必要なアイテムを一式準備しよう

ガソリンランタンはLEDランタンのように本体だけでスイッチONで点灯するような代物ではなく、様々な周辺アイテムが必要です。手をかけるところがこのランタンの醍醐味であり、魅力でもあります。

【ガソリンランタンの点火に必要なアイテム】
①ホワイトガソリン
②マントル
③フューエルファネル or ガソリンフィラー
④ライター
⑤ハサミ

ランタン本体を除くと上記5点のアイテムがあれば点火可能です。

まずはガソリンランタンなので、燃料のガソリンは欠かせません。しかし、ガソリンと言っても自動車に入れるレギュラーガソリンなどを使ってはいけませんので注意しましょう。

必ずコールマン純正の「エコクリーン」と呼ばれるホワイトガソリンを使用してください。通常のガソリンに比べ、燃料効率が良い、目詰まりしにくい、燃焼時の臭いカットといった特徴があります。

●コールマン(Coleman)エコクリーン4L

次に発光体となるマントルが必要です。マントルは消耗品であり、何度か使用しているうちに破れたり、欠損するため、都度交換して使います。

破れたまま使うと、そこから炎が出て、器具破損の原因になるので注意が必要です。

●コールマン(Coleman)マントル 21A型 21A102J

次にガソリンを燃料タンクに入れるためのフューエルファネルまたはガソリンフィラーです。

構造上、そのままの給油は難しく、こぼれたり、満タンに入れすぎてしまいます。満タンにしてしまうと空気が入らず、液体のガソリンでメラメラと炎を上げて燃えてしまいます。

そこでじょうごであるフューエルファネルか、ガソリン缶に装着して給油するガソリンフィラーが必要になります。

どちらもタンク8分目で給油を停止できるようになっていますが、筆者おすすめはフューエルファネルです。

理由は一つ、長期間使わない時に本体タンクからガソリン缶にガソリンを戻す際、ガソリン缶側に装着すれば戻すことが出来るためです。

一方、ガソリンフィラーはエコクリーン(コールマン純正のホワイトガソリン)に装着する専用のアイテムなので、それが出来ないというデメリットがあります。

●コールマン(Coleman)フューエル ファネル

●コールマン(Coleman)ガソリンフィラーII

続いて、点火の着火源としてライターが必要です。ただし、下の写真のように本体の穴から差し込んで着火するため、先が細長い形状のチャッカマンが必要です。

ただし、チャッカマンの先の部分が太かったり、短いと穴に入らなかったり、マントルまで届かない恐れがあります。

適切な代用品があれば問題ありませんが、コールマンの専用のガスライターを買っておくのが無難です。ガスを充てんすれば繰り返し使えるため、こちらも長く使えるアイテムになりますね。

●コールマン(Coleman)ガスライター

最後に必要なアイテムにハサミがありますが、これはごく普通のものであれば問題ありません。用途としてもマントルを本体に縛り付けたあとに余った紐を切る、それだけです。

以上、本体を除いて5つのアイテムが揃いましたら、いよいよ点火に進みましょう。

「ワンマントルランタン286A」に明かりを灯す! ガソリン注入から点火まで4つの手順をマスターしよう

必要なアイテムが揃ったところで、「点火」してみましょう。はじめは難しく感じますが、慣れてくるとスムーズに出来るようになり、徐々にその作業感が心地よくなってくるはず。

それでは以下の4つの手順を解説していきます。※他の[ハピキャン記事]でも詳しくご紹介していますので参考までに!

<手順>
(1)ホワイトガソリン注入
(2)ポンピング
(3)マントルの空焼き(からやき)
(4)点火

●(1)ホワイトガソリン注入

まずはガソリンの注入です。タンクの蓋を開けて、フューエルファネルまたはガソリンフィラーでガソリンを入れていきます。満タンに入れずに8分目あたりを目安にします。

★フューエルファネルの場合、じょうごの中にたまったガソリンが内部に落ちなくなったらそれが8分目のサインです。注入を止めて、フューエルファネルを少し持ち上げてたまったガソリンを中に入れて蓋をしましょう。

★ガソリンフィラーの場合、自動的にガソリンが入らなくなるため、そこでやめれば8分目まで入っています。

●(2)ポンピング

続いて、タンク内の空気圧を高めるポンピングという作業に入ります。

まず、燃料バルブをOFFにセットし、ポンプノブを開きます。その後、親指でポンプノブの中央にある穴を押さえながら、手前に引いて押し込むポンピングを行います。

数十回ポンピングをすると手ごたえが固くなってきますので、その後ポンプノブを戻してCLOSEします。

●(3)マントルの空焼き(からやき)

ポンピングが完了したら、本体の一番上に付いているボールナットを外し、カサであるベンチレーターとガラスグローブを取り外します。

マントルを取り付ける前に、マントルに付いているひもを二重に仮結びしておきます。

バーナーチューブの先にある溝にマントルをしっかり結びつけ、袋を膨らませておきます。余った長いひもはハサミで切っておくこともポイントです。

ひもが長いままだと、余った紐が空焼き後のマントルに触れてマントルが破れてしまうことがあります。それだけ空焼き後のマントルは脆いため、慎重な扱いが必要です。

マントルが固定出来たら、柄の長いライター(コールマン純正がオススメ)でマントル下部から全体を均一に空焼きしていきます。

何度も火をつけるとマントルが壊れてしまうことがあるため、着火後は一気に全体を焼き上げるのがポイントです。

●(4)点火&再度ポンピング

空焼き後のマントルは非常にもろいため、慎重にガラスグローブ、ベンチレーターを取り付け、ボールナットでしっかり固定します。

柄の長いライターを近づけて着火し、燃料バルブを開きます。その後、炎が上がりますが、すぐに落ち着くので再度ポンピングをして光を安定させたら完了です。

あとはのんびりとガソリンランタンの放つ光に照らされながらキャンプを楽しみましょう。

数時間おきに光が弱くなったかな?と思ったらポンピングし直せば持続的に使用できます。

消火するには燃料バルブをOFFにすればOKです。数分間はジェネレーター内のガスで燃えますが、やがて勝手に鎮火します。

『コールマン・ワンマントルランタン286A』口コミ情報をWEBでチェック!

> 今までLEDランタンでしたが、ガソリンランタンの灯りはとても優しく思わず眺めてしまいます。音も働いてる感があります。確かに手順、操作はありますが、それが味であり楽しみです。メンテをすれば一生モノ。使い込むほどに深みを増す。それがこの値段で手に入ることが素晴らしい。プロセスを楽しむのがアウトドアです。コールマンのロゴマークに使われている意味がよくわかります。災害時に役立つ代物は結局、長く使い継がれてきたモノです。

> 今までカセットガスのものを使用していましたが、冬場に光が安定せず、こちらを購入しました。明るさは十分、これ以上明るいとキャンプの雰囲気が壊れます。始めは火を付けるだけでも大変でしたが、慣れれば問題ないです。

> ガソリンランタンは初めてでしたが、燃える仕組みさえ分かっていれば扱いはそう難しいものではなく、同社のシングルバーナーとほぼ同じ使い勝手です。淡く黄色がかった光の色と、「シュー」…という音がとても良い雰囲気です。

> たしかにLEDもいいですが、燃焼音、あたたかい光になんともいえず、癒されます。

「286A」を含むガソリンランタンは親子代々使えるアイテム! 適切な使い方と手入れで長持ちさせよう!

「286A」を含むコールマンのガソリンランタンは丈夫で長持ちであり、しっかりとメンテナンスしながら使えば親子3代でも使えると言われる程です。

メンテナンスの例としてポンプノブへの定期的な潤滑油を注入が挙げられます。以下の純正のリュブリカント(潤滑油)を定期的にさしておくことも長持ちの秘訣ですね。

●・コールマン(Coleman)リュブリカント

ポンプ部の動きをスムーズにするポンプカップ専用特殊オイル。定期的な注油でスムーズなポンピングが行え、さらにポンプカップの寿命も長くなりますよ。

柔らかな光•機械的な音•クラシカルな外観を持つ「ワンマントルランタン286A」でキャンプに温もりを!

ワンマントルランタン286Aをはじめとしたガソリンランタンは何かと手間のかかるランタンですが、独特の柔らかな光やシューという機械的な音…さらにクラシカルな外観は、これひとつでキャンプサイトの雰囲気を変えてくれるアイテムだと思ってます。

せっかく不便を楽しむキャンプに行くならば、明かりを灯すという行為にもじっくりと向き合ってみませんか。一度使ってみたらその魅力にハマってしまうかもしれませんよ。

ランタンに関する記事はこちら!