国内最大手のアウトドアショップA&Fが手がける大人気ブランド「サバティカル」。毎回抽選になるほどの人気を博すサバティカルのテントの人気の理由、気になる入手方法・抽選情報を詳しくご解説します!

A&Fが生み出したSABBATICAL(サバティカル)のテントが話題!超人気の理由に迫る

SABBATICAL(サバティカル)は、ベアボーンズやYETI(イエティ)などを扱う日本最大手のアウトドア用品店A&F(エイアンドエフ)が手がけるブランド。

テント・タープ、寝袋などの商品があり、2019年の登場から瞬く間に大人気ブランドへと昇り詰めました。

SABBATICAL(サバティカル)の商品はどれも凄まじい人気なので、購入するのはなかなか難しい…。テントは常に購入希望者が生産量を上回るため、抽選販売になっています。

SABBATICAL(サバティカル)はなぜそれほどまでに人気なのか?!筆者なりの分析をしてみます。

●サバティカル人気の理由(1) デザインがとにかくかっこいい!

サバティカルのテントで最も素晴らしいと思うポイントは、「とにかくすっごくカッコいい!」という点だと感じます。

その洗練されたカラーとフォルムは玄人感が満載で、持っているだけでワンランク上のキャンパーになれた気分。

「カラフルでポップが好みの方」には「渋すぎる…」と感じるかもしれませんが、この渋さこそサバティカル・イズムを感じるポイントです。

●サバティカル人気の理由(2) 性能に対するコスパが良い!

サバティカルを手掛けるA&Fは、海外の有名アウトドアメーカーの商品を相当量取り扱っていますので、様々なメーカーのテントを知り尽くしているのです。

そのA&Fがオリジナル商品として作っているサバティカルのテントは、「よくあるテント」のレベルを大きく上回るコスパを実現することに強く拘っています。

例えば…。

サバティカルのフラッグシップモデルである最大8名までの大型シェルター「スカイパイロット TC(下記)」は、遮光性・保温性を兼ね備えたTC素材を使用していて、さらにフルスカートまで搭載されているテントですが、その価格は¥88,000(税込)。

スカイパイロットの対抗馬として検討される可能性が高いスノーピーク「ランドステーションL(下記)」は、TC素材ではなく、スカートもなしで価格は¥99,000(税込)。

TC素材はメリット・デメリットがありますが、一般的なテントが採用しているポリエステル素材に比べて数万円ほど高くなるのが相場です。

ということを踏まえると、サバティカルのテントのコスパが優れていることがお分かりになると思います。

●サバティカル人気の理由(3) 希少価値が高い!

「サバティカルは人気すぎて、宝くじのような抽選に当たらないと買えない…」ということは、希少価値がとても高いということですよね。

サバティカルのテントはキャンプ場で被ることがかなり少なく、知っている人からは「あ!サバティカルのテントだ!いいなぁ〜…。」と羨ましがられるのです。※かく言う私も「うらやましがっている人」の一人です。

といった大人気の理由があり、サバティカルのテントを所有している方の満足度はすごく高いのではないかと想像します。

サバティカルは全4種類のテントを展開!

サバティカルのテントの詳細をご紹介してまいります。

現在(2022.6月)の時点でサバティカルが展開しているテントは以下の4種類です。

テント名 タイプ 対応人数 価格
スカイパイロット TC 大型シェルター 〜8名
(就寝4名)
¥88,000(税込)
モーニンググローリー TC ワンポールシェルター 〜4名
(就寝2名)
¥47,080(税込)
アルニカ 2ルームテント 就寝5名 ¥88,000(税込)
ギリア 2ルームテント 就寝7名 ¥47,080(税込)
写真提供:A&F

価格は¥88,000と¥47,080の2種類に統一というシンプルさも、なんかちょっとカッコ良いですね。

各テントの詳細を見てまいりましょう!

サバティカルのフラッグシップテント『スカイパイロット TC』

サバティカルテントのフラッグシップモデルとも言えるテントが、この『スカイパイロット TC』です。

●サバティカル「スカイパイロット TC」の特徴は…?

『スカイパイロットTCの魅力』は本当にたくさんあります!

スカイパイロット TCの特徴

  • 幕内の空間がとても広い
  • 大人数でワイワイできる
  • 家族で使う場合は荷物をたくさん入れられる
  • 天井高さがすごく高いので幕内にこもっていても解放感がある
  • 4本のサイドポールがあることによってデッドスペースがほとんどない
  • 大きなテントだが設営がすごく簡単
  • 前後左右に大開口があり見晴らしや通気性が抜群
  • 張り方バリエーションが多様
  • TC素材なので冬は暖かく夏は涼しい
  • 別売りのインナーテントをつければ2ルームテントのように使える
  • フルスカート付き
  • スカート部分だけを巻き上ることができるので、通風性を確保することができ、パネルを跳ね上げた際にスカート部分がベラっとならない

スカイパイロットTCで注目したいポイントの一つ「張り方バリエーションの豊富さ」ですが、以下の写真で代表的な4パターンがご覧いただけます。

「この他にもたくさんのアレンジができそう!」というのがお分かりになると思います。

実際に使っているユーザーの方は、「どんな角度から日差しが来ても対応できる全方位のパネルがすごい!」という意見も。多彩なバリエーションというのは、太陽の日差しへの対応力も高めるのですね。

そして、どのアレンジもとても美しい!!キャンプサイトでも一際目立ちます。

●「スカイパイロット TC」を特におすすめしたい方は…?

こんな人には特におすすめ!

  • テント内スペースの広さを重視される方
    →室内空間が本当にめちゃめちゃ広いです
  • グルキャンでワイワイしたい方
    →大人8名入っても余裕があります
  • 張り方アレンジを楽しみたい方
    →パネルの跳ね上げ方で見栄えも変わりますよ
  • テント内メインで過ごす「おこもりキャンプ」をする方
    →前後左右の大開口はメッシュにできるので真夏のおこもりも◎

●「スカイパイロット TC」商品仕様

商品スペック

  • 価格:¥88,000(税込)
  • サイズ:W720×D380×H270cm(収納サイズW82×D39×H29cm)
  • 総重量:22.4kg(本体重量14.7kg、ポール重量5.6kg、ペグ重量2.1kg)
  • ウォール素材:撥水加工TC素材(コットン/ポリエステル混紡素材)
    マッドスカート/トップキャップ素材:210デニールポリエステルオックス
  • センターポールサイズ:32φmm×270cm
  • センターポール素材:スチール
  • 付属品:本体、センターポール、サブポール×4、ハンガーテープ×2、ペグ×20、3mロープ×8、キャリーバッグ、ポールケース、ペグ・ロープケース

※インナーテントは別売りとなります

●「スカイパイロット TC」の専用インナーテント

最大4人まで就寝できるサイズの専用インナーシート(税込18,480 円)があります。

スカイパイロットにピッタリと収まる形になっているので、インナーテントを吊るしても幕内空間を圧迫しません。

また、インナーテントには前後左右にメッシュにできる大開口があるので、通気性は100点満点!

スカイパイロット TCのような大型シェルターは、別テントを入れたカンガルースタイルも良いのですが、空間の使用効率を最大化したい方にはこの専用インナーテントをおすすめいたします。

最高の景色を眺められる『モーニンググローリー TC』

続いてご紹介するのは、人気のワンポールテント『モーニンググローリー TC』です。

その名の通り、テントの中から雄大な朝日を眺められる「すごい大開口」がついているテントなんです!

●サバティカル「モーニンググローリー TC」の特徴は…?

モーニンググローリー TCにも、推しポイントがたくさんあります。

モーニンググローリー TCの特徴

  • 3本のポールを利用することで前面に大開口がある
  • 前面の大開口はフルメッシュにでき、虫の侵入を防ぎながら景色を眺められる
  • 前面の大開口はトップが少し迫り出しているので、多少の雨の日なら大開口を閉めずに外の景色を楽しむことができる
  • 後方のパネルは「半分だけ開ける」「全部開ける」ができる
  • サイドのパネルも跳ね上げ可能
  • 別売りのインナーテントをつけると2ルームシェルターのように使える
  • TC素材なので冬は暖かく夏は涼しい
  • フルスカート付

「この景色」と決めて前面の位置を合わせれば、最高の借景になります。

●「モーニンググローリー TC」を特におすすめしたい方は…?

こんな人には特におすすめ!

  • デュオキャンプをする方
    →2人でも広々使えますよ
  • ワンポールテントが好みで幕内空間の広さも欲しい方
    →他のワンポールテントよりも広く感じます
  • 天候に関わらずテント内からの眺望を楽しみたい方
    →多少の雨なら全面パネルを開けておけます
  • 景色が素晴らしいキャンプ場によく行かれる方
    →テント内から見える景色が最高です

●「モーニンググローリー TC」商品仕様

商品スペック

  • 価格:¥47,080(税込)
  • サイズ:W470×D440×H270cm(収納サイズW77×D36×H23cm)
  • 総重量:14.35kg(本体重量9.2kg、ポール重量3.7kg、ペグ重量1.45kg)
  • ウォール素材:撥水加工TC素材(コットン/ポリエステル混紡素材)
    マッドスカート/トップキャップ素材:210デニールポリエステルオックス
  • センターポールサイズ:32φmm×270cm
  • センターポール素材:スチール
  • 付属品:本体、センターポール、フロントポール、サイドポール×2、ハンガーテープ、ペグ×14、3mロープ×5、1.5mロープ×2、キャリーバッグ、ポールケース、ペグ・ロープケース

※インナーテントは別売りとなります

●「モーニンググローリー TC」の専用インナーテント

モーニンググローリーにも、専用インナーテント(税込13,970円)があります。

2人まで就寝ができるサイズで、前後方にメッシュになるパネルを備え通気性を確保。

モーニンググローリーにピッタリ収まる形なので、テント内空間を有効活用することでできます。

大型ツールームテント『アルニカ』

サバティカル「アルニカ」は大型のツールームテントで、インナーテントが標準装備されています。

●サバティカル「アルニカ」の特徴は…?

アルニカの特徴

  • 大型のツールームテントでとても広い
  • トンネル型なので設営がとても簡単
  • トンネル型テントの弱点である強度問題が「ブリッジフレーム搭載」によって解決されている
  • サイドパネルがとても大きく開放的
  • サイドパネルは3分割されていて、それぞれ開け閉めができる
  • 全面(前方・後方・サイドの全て)のパネルがメッシュにできる
  • 全面(前方・後方・サイドの全て)のパネルが跳ね上げ可能なので広いタープのように使うこともできる
  • インナーテントとの比率でリビングスペースがとても広く設計されている
  • フルスカート付

インナーテントを使わず大型シェルターにすることもでき、大人数がゆったりと過ごせる十分な広さがあります。

また、サバティカル「アルニカ」は、「トンネル型テント」と呼ばれる形をしております。トンネル型はクロスフレームで組み立てていくツールームテントに比べて設営が簡単で楽ちんという特徴があるので、初心者にもおすすめなテントと言えるでしょう。

●「アルニカ」を特におすすめしたい人は…?

こんな人には特におすすめ!

  • 4〜5人家族のファミリーキャンパーの方
    →インナーテントは十分な広さがあります
  • インナーテントがセットになったツールームテントをお探しの方
    →スカイパイロットはインナーテントが別売りとなりますが、こちらはセットでついています
  • 設営を簡単に済ませたい方
    →トンネル型なので楽ちんです
  • 夏は風通し抜群で過ごしたい方
    →全方向フルメッシュにできます
  • サイドパネルであらゆる方向からの日差しを防ぎたい方
    →3分割された大きなサイドパネルをそれぞれ跳ね上げられます

●「アルニカ」商品仕様

商品スペック

  • 価格:¥88,000(税込)
  • サイズ:W620×D320×H210cm(収納サイズL81cm×W42cm×H35cm)
  • 総重量:20.5kg(ポール5.8kg、ペグ1.9kg)
  • ルーフ素材:210デニールポリエステルオックス遮光PU加工(耐水圧3,000mm)
  • ウォール素材:75デニールポリエステルタフタ
  • インナーテントウォール素材:68デニールポリエステルタフタ
  • インナーテントボトム素材:210デニールポリエステルオックスPU加工(耐水圧1,800mm)
  • ポール
    • メインポール(長)太さ:13φmm/13.4φmm
    • メインフレーム(短)太さ:16φmm
    • ブリッジポール太さ:13φmm
  • ポール/フレーム素材:A6061
  • 付属品:本体×1、インナーテント×1、メインポール(長)×2、メインフレーム(短)×2、ブリッジポール×2、ペグ×24、3.5mロープ×4、2.5mロープ×8、キャリーバッグ、ポールケース、ペグケース、ロープケース

2人用・5人用の2つのインナーテントがついてくる『ギリア』

サバティカル「ギリア」は、大小サイズ違いのインナーが2つ付いているという大変ユニークなセット内容のテントです。

天井高は170cmと低めですが、全長520cm・全幅300cmとしっかりとした広さがありますので、4人家族でもゆったりと使えるテントだと思います。

この内容に対して価格は驚きの¥47,080円!!衝撃的な安さです!

●サバティカル「ギリア」の特徴は…?

ギリアの特徴

  • インナーテントが2人用・5人用と2つ付属している
  • この大きさとセット内容で価格が¥47,080と破格
  • 利用人数によってインナーテントを変えられる
  • インナーテントを2つつければ6〜7名まで就寝可能
  • 天井の高さは他のテントより低めで170cm
  • トンネル型なので設営がとても簡単
  • トンネル型テントの弱点である強度問題が「ブリッジフレーム搭載」によって解決されている
  • サイドパネルがとても大きく開放的
  • サバティカルテントで唯一「スカート」が無いモデル
  • サイドパネルはメッシュにならない

ファミリーキャンパーを想定しているのか、5人用の大きめなインナーテントと2人用のインナーテントが、最初からどちらも付いているというのはすごいです。

「どちらかのインナーテントを使う」、、という方法の他に、「両方使う」ということも可能!大人数のキャンプや、子どもと大人で寝床を分けるといった使い方もできちゃいます。

もちろん、インナーテントをつけずにシェルターとして使ってもOK。

ただ、サバティカルの他のテントと比べると、「スカートが無い」「サイドパネルがメッシュにならない」という点があるので、「春夏秋の3シーズンをメイン」に「インナーテントさえ守れていればテント内への虫の侵入は気にしない」と割り切ることができれば、とても魅力的なセット内容&価格でしょう。

グルキャンなどでリビングスペースはタープで作り、テント全体を「大きな寝室」として使うのもアリではないでしょうか。

尚、ユーザーの声を聞くと、「高さが170cmというのはそこまで圧迫感を感じない」…とのこと。ただし、身長が高い方はテントの出入りの際に少し屈む必要がありますので、その点は留意しましょう。

●「ギリア」を特におすすめしたい人は…?

こんな人には特におすすめ!

  • 大家族のファミリーキャンパーの方
    →インナーテントを2つ使えば最大7名まで就寝可能
  • グルキャンで大きな寝室として使いたい方
    →インナーテントを2つ使えば最大7名まで就寝可能
  • テント内の高さを重視しない方・背の低い方
    →天高170cmでもそんなに圧迫感はありません
  • 春夏秋の3シーズン利用がメインの方
    →スカートがなくても大丈夫
  • 虫はインナーテントへの侵入さえ防げればOKの方
    →サイドパネルがメッシュにできなくても大丈夫
  • 設営を簡単に済ませたい方
    →トンネル型なので楽ちんです

●「ギリア」商品仕様

商品スペック

  • 価格:¥47,080(税込)
  • サイズ:W520×D300×H170cm(収納サイズL67cm×W35cm×H30cm)
  • 総重量:13.8kg(ポール3.1kg、ペグ1.76kg)
  • フライ素材:75デニールポリエステルタフタ(耐水圧1,800mm)
  • インナーテントウォール素材:68デニールポリエステルタフタ
  • インナーテントボトム素材:210デニールポリエステルオックスPU加工(耐水圧1,800mm)
  • ポール
    • メインポール(長)太さ:13φmm/13.4φmm
    • メインフレーム(短)太さ:13φmm
    • ブリッジポール太さ:11φmm
  • ポール/フレーム素材:スチール
  • 付属品:本体×1、インナーテント×2、メインポール(長)×1、メインポール(短)×2、ブリッジポール×2、ペグ×22、2mロープ×6、3mロープ×4、キャリーバッグ、ポールケース、ペグケース、ロープケース

サバティカルのテントと合わせて使いたいタープ4種

サバティカルには、テントと合わせて使いたい4種類のタープがあります。

●スクエア型タープ「マリポサ」

タープ下の有効面積が広いスクエア型タープの「マリポサ」には、4人向けのMサイズと、6人向けのLサイズの2種類があります。

●ヘキサ型タープ「ルピネ」

耐風性に優れたヘキサ型タープの「ルピネ」にも、M・Lの2サイズがあります。

いずれのタープもサバティカルテントと組み合わせて使うと、皆さんのサイトがさらにカッコ良くなること間違いなしです。

サバティカル テントの入手方法は?抽選の最新情報

サバティカルのテントは、ごく稀に店舗で見かけることがありますが、基本的には抽選に当たらないと買えないと考えて良いでしょう。

ちなみに、4種類のテントの他に、「スカイパイロット TC」と「モーニンググローリー TC」のそれぞれの別売り専用インナーテントも抽選販売となります。

●サバティカル テントの抽選方法は?重要ルールをチェック!

抽選はwebからエントリーを行い、後日、当選者にだけメールが届きます。

とても人気のテントなので、抽選には以下のような条件がございます。

  • 家族での複数エントリーはできない
    →1家族1エントリーまでです
  • 多くの人に購入してもらいたいという目的で、「過去に同一商品を購入した人」の同一商品の当選は無効となる
    →同じ商品にエントリーしないようにしましょう
  • エントリー後の内容、数量変更、キャンセル等はできない
    →「買うかどうか迷ってるけどとりあえずエントリー」はせず、「当たったら絶対買う」という覚悟を持ってエントリーしましょう

…という重要ルールをしっかりと踏まえた上で、正々堂々と応募していきましょうね!

●サバティカルテントの抽選タイミングは?

抽選タイミングは、年間予定のような形では公表されておらず、毎月サバティカルのブランドサイトにて告知があります。

過去(直近半年間)の実績を見てみましょう。

これまでの抽選タイミング

2022年6月12日(日曜日)0:00〜6月14日(火曜日)23:55

2022年 5月15日 (日) 0:00 〜 5月17日 (火) 23:55

2022年4月10日(日曜日)0:00 〜 4月12日(火曜日)23:55

2022年 3月6日 (日) 0:00 〜 3月8日 (火) 23:55

2022年 3月27日 (日) 0:00 〜 3月29日 (火) 23:55

2022年2月13日(日)0:00〜2月15日(火)23:55

2022年1月10日(月)0:00〜1月12日(水)23:55

2022年3月だけがイレギュラーで2回の抽選がありましたが、それ以外の月は月1回で、10日前後の日曜日から火曜日にかけて抽選へのエントリーができるようになっております。

これを踏まえて、勝手な予想を立ててみます!

2022年後半のサバティカル テント抽選タイミング予想

2022年7月10日(日)〜12(火)

2022年8月14日(日)〜16(火)

2022年9月11日(日)〜13(火)

2022年10月9日(日)〜11(火)

2022年11月13日(日)〜15(火)

2022年12月11日(日)〜13(火)

あくまで「予想」なので実際にこのタイミングで抽選エントリーが発表されるかどうかはわかりません。

社会情勢が大変不安定な昨今、生産状況もいろいろな影響を受けてスケジュールが変わることもあるでしょうから、あくまで参考情報として考えていただければ幸いです。

ちなみに、各回、必ず4種類のテント全てが抽選に出るわけではございません。回によって(おそらく生産状況によって)、「2種類だけ」といったケースも過去にありましたので、お目当てのテントが抽選に出ているかどうかは、サバティカルの最新情報をチェックしていきましょう。

●サバティカル テント抽選の最新情報は公式サイトをチェック!

抽選タイミングのお知らせは、常にサバティカルのブランドサイトの「ニュース」のページ(下記)で公表されます。

サバティカルのテントをGETしたい!という方は、ぜひこのページをチェックしてくださいね!

▼こちらの記事もどうぞ