気象庁によると20日、はるか東の小笠原諸島の南鳥島とミッドウェー諸島の近海に熱帯低気圧が相次いで発生した。ふたつの熱帯低気圧は現在、日本列島に向かってゆっくりと近づいており、あす以降、台風に発達する可能性が高い。

 熱帯低気圧はけさ9時に南鳥島近海に発生したのに続いて、午後3時には、さらに東のミッドウェー諸島近海でもうひとつ発生した。いずれも列島に向かって西北西に時速10キロ以下のゆっくりした速度で進んでおり、中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートル。

 夏から秋にかけての季節は、海水温が上昇し、平常時の潮位が年間で最も高くなる。そのうえ、新月の23日前後は大潮の時期にあたり、満潮時を中心に波の高さが上昇する。

 気象庁は、東北から関東地方北部の太平洋沿岸、近畿、中国、九州の沿岸の一部では、あす21日から28日にかけて、海岸や河口付近の低地で浸水や冠水のおそれがあるとして、注意を呼びかけている。

 また、この期間中に台風が接近した場合は、数分から数十分の周期で、海面が昇降を繰り返す「副振動」が起きて、さらに潮位が上昇するおそれがあるという。今後の台風情報や潮位の動きに留意したい。