21日、日本のはるか東の太平洋上で、台風5号に続いて6号が発生した。

 気象庁によると、21日午後3時ごろ、太平洋のミッドウェー諸島近海で台風6号が発生した。台風の中心気圧は1008ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。

 台風6号は現在、風速15メートル以上の強風域を伴いながら、西北西に向かって時速15キロの速さで進んでいる。あさって23日午後には日本の東の海上に到達する見通し。

 これに先立って21日午前に発生した台風5号は、現在も南鳥島近海で少しずつ発達しながら、時速10キロくらいのゆっくりした速度で西向きに進んでいる。気象庁が予測した5日先の進路図を見ても、ほぼ同じ位置で停滞しながら発達する見込みで、迷走台風となるおそれがある。