気象庁によると、強い台風5号はあす(29日)にかけて、勢力を維持したまま小笠原諸島に接近する見込みで、暴風や高波への警戒を呼びかけている。

 台風5号は28日現在、小笠原近海を時速30キロで西南西に進んでいる。中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径80キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いている。

 今夜からあす朝にかけて勢力を維持したまま父島に近づき、週明け以降は、小笠原近海で動きが遅くなるため、その後も小笠原諸島は台風の影響を受け続けるおそれがある。

 小笠原諸島では28日以降、風が次第に強まり、海はうねりを伴って大しけとなる見込み。予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北西のち南東の風30メートル(40メートル)で、これに伴って波の高さは8メートルまで上昇すると予想されることから、気象庁が暴風・高波に警戒するよう呼びかけている。

 一方、台風9号は28日現在、沖縄の南の海上を北北西に時速15キロで進んでいる。中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心から半径60キロ以内は25メートル以上の暴風となっている。

 このまま勢力を維持して、あす朝には石垣島沖に到達し、そのまま台湾を直撃し、週明けには中国南部に到達する見込み。