強い台風5号は4日現在、奄美大島に向かって自転車並みの速度で進んでいる。気象庁によると、あすにかけて九州南部に接近し、6日には進路を北寄りに変えて、来週初めには九州に上陸するおそれがある。

 台風5号の現在の中心気圧は950ヘクトパスカルと、若干弱まったものの、依然として強い勢力を維持している。中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル、中心から半径130キロ以内は25メートル以上の暴風が吹いている。

 引き続き5日にかけて西に進み、あす朝にかけて九州南部・奄美地方にゆっくりと接近し、6日は進路を北寄りに変え、7日には九州に上陸する見通しで、九州南部から沖縄にかけては高い確率で暴風域に入ると見込まれる。

 きょう夕方から1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがある。あす朝までの24時間に予想される雨量は、多いところで、奄美地方300ミリ、九州南部200ミリ、四国150ミリ。その後も降り続き、あさって6日までの24時間で同程度の雨量が降ると見込まれることから、浸水や土砂災害、河川の増水やはん濫に加えて、暴風や高波への厳重な警戒が必要だ。

 一方、日本のはるか東の海上で発達中の11号は、千島列島に向かって西北西にゆっくりと進んでいて7日には温帯低気圧に変わる見通し。

 引き続き台風の動向をチェックして、早め早めの警戒準備を進めてほしい。→ハザードラボ「台風マップ」では随時、最新情報を公開しています。