台風5号は7日午後3時半ごろに和歌山県北部に再上陸し、暴風域を伴ったまま北東に進み、8日に東日本に達する見通し。あすにかけて西日本や東日本では非常に強い風が吹き、影響は長く続くおそれがあるとして気象庁が厳重な警戒を呼びかけている。

 気象庁によると台風5号は7日午後5時現在、和歌山県北部の紀の川市を時速20キロで北東に向かって進んでいる。中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートルで、最大瞬間風速は40メートル。

 今夜にかけて、暴風域を伴ったまま近畿地方を北東に進み、その後は次第に勢力を弱めながら、あす未明には岐阜県南部の美濃加茂市を通過し、その後は新潟県長岡市から日本海に抜けて、9日には温帯低気圧に変わるものと見込まれる。

 時速が20キロと自転車並みに遅く、列島の広い範囲で台風の影響が長く続く見込みで、西日本や東日本では8日にかけて20メートル以上の非常に強い風が吹き、海は大しけとなる見込み。

 また発達した雨雲がかかる西日本から東日本では、断続的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、局地的に猛烈な雨となるおそれがある。

 気象庁によると、あす午後6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで東海地方350ミリ、近畿・北陸地方300ミリ、関東甲信地方250ミリ、東北地方180ミリ、中国地方100ミリで、その後、あさって9日にかけてもさらに100〜300ミリの雨が降り続くおそれがある。

 当サイトの「台風マップ」では、台風の最新情報について随時更新しているので、今後とも気象警報や注意報に留意してほしい。