爆弾低気圧と呼ばれる猛烈に発達した低気圧の影響で、北日本と北陸地方では猛吹雪となっており、気象庁が北海道から北日本の日本海側にかけて、暴風雪警報を出して警戒を呼びかけている。

 急激に発達した低気圧がオホーツク海に進んだ影響で、北日本の上空約5000メートルには氷点下36度以下の寒気が流れ込み、日本付近は強い冬型の気圧配置となっている。

 気象庁によると、この気圧配置は28日ごろにかけて続く見込みで、北日本と北陸地方では、雪を伴う非常に強い風が吹き、ところによっては猛吹雪となる見込みで、日本海側の海上では、大しけが続くおそれがあるという。

 あす27日にかけて予想される最大風速は、北海道で25メートル、東北地方23メートル、北陸地方22メートルで、最大瞬間風速はいずれも35メートル。これに伴って波の高さは6〜7メートルに達すると予想される。

 また、北日本の日本海側や北陸地方を中心に、28日ごろにかけて大雪となる見込みで、あす朝までの24時間で予想される降雪量は、東北と北陸地方で80センチ、北海道、関東甲信、東海地方で50センチ。

 気象庁は、暴風や高波、猛吹雪や吹きだまりによる交通障害や雪崩に警戒するよう呼びかけている。