南岸低気圧の影響で、関東地方では今夜からあす昼過ぎにかけて大雪となり、東京23区をはじめ、平野部でも雪が積もるおそれがあるとして気象庁が交通障害などに注意を呼びかけている。

 日本の南の海上では、前線を伴った低気圧が発達しながら東北東へ進んでいる。このため、関東甲信地方では1日の昼過ぎから雪や冷たい雨が降り出し、夜のはじめごろから2日昼過ぎにかけて大雪となる見通し。

 気象庁によると、関東地方の平野部でも積雪のおそれがあり、あす午前6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多いところで甲信地方15センチ、関東地方北部の山沿いや箱根から多摩〜秩父にかけて10センチ、関東北部平野部で8センチ、南部平野部で5センチの見込みで、東京23区でも3センチの積雪となるところがあるという。

 気象庁は、大雪や路面の凍結、電線や樹木への着雪、風雪による視界障害、水道管の凍結などに注意するよう呼びかけている。

■ハザードラボ「気象マップ」も合わせてご活用ください。