18日午後9時ごろ、フィリピンの東の海上で発達中の熱帯低気圧が台風10号になった。日本に向かって北東方向にゆっくりと進んでおり、今週末21日には沖縄県那覇市に接近する見通しだ。

 発生から一夜明けて、けさ6時時点の台風10号の中心気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速25メートル、中心の南側440キロ以内と北側280キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 気象庁によると10号は現在、発達しながら北上し、あす20日は沖縄地方に近づき、21日には暴風域を伴って那覇市の南東沖にかなり接近する見込み。

 沖縄地方では、20日は海上を中心に次第に風が強まり、夕方ごろからうねりを伴って大しけとなるところがある。20日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は、沖縄地方18メートル(30メートル)。

 20日までに予想される波の高さは、沖縄地方で7メートル、奄美地方5メートル。台風がかなり接近する21日には、風はさらに強まり、発達した雨雲によって、雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあるとして、気象庁が早めの警戒を呼びかけている。

■ハザードラボ「台風マップ」では随時最新情報を更新しています。