9月に入って夏の終わりを感じさせる日が続いているが、東北地方から東海、北陸地方にかけては、来週8日から再び気温が高くなる可能性が高く、気象庁が体調管理に注意するよう呼びかけている。

 気象庁の早期天候情報によると、東北から関東甲信、北陸、東海地方にかけては上空に温かい空気が流れ込みやすく、9月8日ごろからかなり高温になる可能性がある。