日本海で発達中の低気圧と寒気の影響で、西日本ではきょう昼過ぎから、東日本では今夜からあすにかけて、大雪になるとして、気象庁が警戒を呼びかけている。

 日本海で発達中の低気圧が北へ進んでいて、あす日中に北日本を通過し、三陸沖へ進む見込みだ。またきょう午後からあすにかけて、西日本から東日本の上空に氷点下33℃以下の強い寒気が流れ込むことから、北日本では18日にかけて雪が降り続き、大雪になるおそれがある。

 冬型の気圧配置が強まることから、西日本ではきょう昼過ぎから、太平洋側の平野部でも雪が降り、警報級の大雪になる可能性がある。また東日本でも今夜から18日にかけて大雪が降るおそれがあるという。

 18日朝6時までの24時間に予想される雪の量は、いずれも多いところで、▽北陸地方50cm、▽北海道と中国地方40cm、▽近畿地方30cm、▽四国地方25cm、▽九州北部20cm、▽九州南部10cm。くわえて、あさって19日までの24時間に予想される雪の量は、▽北陸地方30〜50cm、▽北海道と近畿地方20〜40cm、▽中国地方10〜20cm。

 西日本から北日本にかけての広い範囲で風が強まってきていることから、大しけや吹雪のおそれがある。最大風速(最大瞬間風速)は、▽北海道で23m(35m)、▽東北から北陸、九州北部地方では20m(30m)になると予想されることから、暴風や高波、猛吹雪による交通障害に警戒してほしい。