上野 浩聖(立花学園) 小松 勇輝(東海大相模) 横瀬 辰樹(横浜隼人) 重村 瑠惟(日大藤沢)   遠藤 圭吾(横浜)  宮尾 将(慶應義塾)

次々と現れる神奈川の好ショートたち

 今年の神奈川は好遊撃手が多い。これほど遊撃手が集まった年はなかなかない。今回、高校野球ドットコムがピックアップする遊撃手は
小松 勇輝(東海大相模)
宮尾 将(慶應義塾)
横瀬 辰樹(横浜隼人)
重村瑠惟(日大藤沢)
上野浩聖(立花学園)
遠藤 圭吾(横浜)

 の6人だ。小松は1年春から遊撃手のレギュラーを獲得。パンチ力ある打撃を武器に1年から快打を連発した小松は、自慢の俊足を磨きライト前ヒットで二塁を陥れる走塁を身に付けた。強打の東海大相模打線を引っ張る核弾頭として活躍を見せ、3年春に甲子園初出場。日本航空石川戦で先頭打者本塁打を打つなど、全4試合で19打数6安打の活躍を見せた。これからも攻撃的1番打者として活躍を見せていきたいところだ。

 宮尾は中学時代、侍ジャパンU-15代表として、2015 U-15 アジアチャレンジマッチを経験した遊撃手。1年秋から遊撃手のレギュラーを獲得し、不動のショートストップとしてチームを引っ張った。宮尾の持ち味はスピード感溢れる守備だ。打球反応が非常に速く、三遊間で抜けたと思われる打球も追いついていく。判断力も高く、特に印象的だったのは選抜・彦根東戦。7回表、彦根東の9番・永井 結登が三遊間へ深めのゴロを放ち、内野安打性の当たりだったが、宮尾は横っ飛びで追いついた。打球に追いついたスピードも素晴らしいが、そのあと、宮尾は無理に一塁に投げず、目で三塁走者を追った。無理な体制から投げて暴投になっていれば、点を失っていたかもしれない。冷静に次のプレーを判断できる頭脳が優れている。
 また打者としても、広角に打ち分け、ツボに入れば本塁打にできるパワーを持っている。10年ぶりの甲子園を目指し、攻守でハツラツとしたプレーを見せたい。

 (横浜隼人)の横瀬は攻守で総合力が高いショートストップ。シートノックから身のこなしが良い動きを披露し、打席ではどのタイプの投手にも対応できる。春季県大会を振り返れば、初戦で神奈川の公立校屈指の好投手・富田 歩(平塚江南)と対戦し、三塁打、二塁打を放ち、富田が降板した後には本塁打を記録。レベルが高い打撃ができることを証明した。また、横瀬の良さは常に明るく振舞ってプレーすることができること。主将として選手たちを引っ張り、周りを乗せることができる。ファイターという表現がぴったりなプレイヤーだ。

 この春は惜しくも4回戦で敗れ、ベスト8入りはならなかったが、南神奈川注目の選手だろう。

 重村は下級生の時から活躍を見せていた遊撃手。守備範囲が広い守備でチームを盛り立てる。春の県大会で守備面で活躍を見せたのが3回戦の藤嶺藤沢戦だ。藤嶺藤沢の148キロ左腕・矢澤 宏太から7回表に勝ち越しの二塁打を放ち、9回裏には、一死一、二塁のピンチで、三遊間に転がった鋭い打球をアウトにする好守備を見せた。この好プレーにより勢いづいた日大藤沢は延長11回に勝ち越しに成功。ベスト16まで進出した。

立花学園の上野のスピーディな動きに注目!

上野(立花学園)の動きには注目だ。

 上野はほかの5人と比べると知名度がなく、初めて聞いた方も多いだろう。しかし、一目プレーを見ればすぐに好ショートとわかる素材だ。特に活躍した試合はシード入りをかけた3回戦の横浜商戦。横浜商の長身右腕・樺田魁相手に、1回表、初球を打って左前安打。さらに二盗を成功させ、先制のホームを踏むと、その後、5打数3安打3盗塁1打点の活躍を見せた。アッパー気味のスイングをしているが、ボールの軌道に合わせるのがうまく、4回戦の鎌倉学園戦でも2本の三塁打を打って、存在感を示した。また盗塁センスも高く、軽々と盗塁を決める技術の高さは必見だ。

 そして3回戦の横浜商戦では軽快な守備も披露した。1回裏、三遊間へ抜けそうな打球に対して、すぐに反応してバックハンドで捕球し、踏ん張りながら一塁へダイレクトスローのファインプレー。その後も三遊間の打球に追いついてアウトにした守備や、併殺の場面でも慌てることなく良い送球を見せた。

 夏へ向けて楽しみな選手だ。

 遠藤は2年夏に甲子園を経験したように、実績は十分。打順は下位だが、横浜でなければ1、2番を打っていてもおかしくない選手。バットに当てるのがとても上手くて、空振りが少なく、広角に打ち分ける打撃が持ち味。ファールで粘ったり、バントの構えを見せるなど揺さ振りや小技も得意しており、投手目線からすると厄介な選手だ。

 また守備を見ても、軽快なフットワークと巧みなグラブ捌きでしっかりとアウトを演出するショートストップだ。長距離打者が多い横浜において、遠藤のように自己犠牲ができる選手は貴重で、勝ち進むごとに存在感を示している。3年連続の夏の甲子園出場へチームの勝利にために尽くしていきたい。

 

 チームによってこの6人が求められる役割は様々だが、夏へ向けて彼らにかかる期待はますます大きくなっていくだろう。ぜひ彼らの活躍を見るたびに、「今年の神奈川はショートのレベルが高い!」と実感してほしい。