前回は「個人的な会話をしない、「「見る」コミュニケーション」について書かせてもらった。今回は、古賀 豪紀(こが・ひでとし)監督(九州文化学園)が考える「声がけ」について考えていきたい。古賀監督は、「個人的な会話」の代わりに簡単な「声がけ」をどのように使用しているのか、その意図とタイミングについて読み解いていきたい。

今までの連載記事
vol.1:背番号は総選挙で決めるその真意 古賀 豪紀監督(九州文化学園)
vol.2:どこよりも重みのある背番号 古賀 豪紀監督(九州文化学園)
vol.3:個人的な会話をしない「見る」コミュニケーション 古賀 豪紀監督(九州文化学園)

指導者の声がけは重要

古賀 豪紀監督(九州文化学園)

 古賀監督が高校時代、長崎県では佐世保実が強かった。古賀監督は当時の練習試合の思い出しながら、あるエピソードを話してくれた。

 「佐世保実と練習試合をした時に、当時の佐世保実の監督さんに『お前、良い選手になるぞ』と言われたんですよ。子供ってそれだけで嬉しいですよね。だって阪神甲子園球場 に行った監督さんから『おまえ良い選手になるぞ』と言われて。『俺いい選手になるんだ』と思って頑張れる。だから僕も練習試合したら相手の選手」にもとにかく積極的に声かけて『ナイスバッティングだった』と言ってやろうと思ってます」

 これが「言葉の力」である。会話までしなくとも、適切なタイミングで伝えられる一言(声がけ)が選手にとってとても大きな力になることは想像に難くない。古賀監督はそのタイミングを心得ているのである。

 「僕らの声掛けというのは相当影響力があるんで。それをしない高校野球の監督っていっぱいいるんですよ。自分たちのチームさえよければ良いと言う。それが僕は嫌なんですよね。例えば、同じ県のチームが阪神甲子園球場 に行ったら、一回戦で負ければいいのにと思う指導者もいるかもしれない。でも僕は同じ県のチームが行ったら『頑張れ』と応援したいんですよ。『優勝してこいよ!』と。そういう人間になりたいんです。負ければいいと考えるようなチームにもなって欲しくないでし、そんなチームもなりたくないなですね。」

 古賀監督は、やはり選手ファーストなのである。九州文化学園の選手たちはもちろんのこと、縁があり対戦したチームの選手にもタイミングがあれば「言葉の力」を届けたいと考えている。古賀監督が考える「言葉の力」と「見る」コミュニケーションは、高校野球に新しい考え方を届けようとしている。

編集後記
古賀監督の言葉の中に、「選手の使用者でなく、指導者になれ」という言葉がある。もちろん、古賀監督は後者である。古賀監督は、将来どこででも活躍出来るような選手を育てるために、日本一の指導者を目指している。日本一とは、選手のことを日本一に伸ばして上げられる指導者という意味だ。古賀監督の魅力にやられてしまった。

文=田中 実