8月30日から韓国・機張(キジャン)で開催される「第 29 回 WBSC U-18 ベースボールワールドカップ」へ出場する侍ジャパンU-18代表20名が発表された。今回は投手9名の実力について徹底紹介。今年は150キロ超の投手が5名おり、その実力は世界ナンバーワンだといえる。

関連記事はこちら
佐々木朗希、奥川恭伸などが選出!侍ジャパンU-18代表20名の顔ぶれ
韓国で戦う高校日本代表の野手11人のストロングポイントを徹底分析!



佐々木朗希(大船渡) 写真=共同通信社

【投手】9名
佐々木 朗希(大船渡)
奥川 恭伸(星稜) 
西 純矢(創志学園) 
飯塚 脩人(習志野) 
前 佑囲斗(津田学園) 
池田 陽佑(智辯和歌山) 
林 優樹(近江) 
浅田 将汰(有明) 
宮城 大弥(興南)

 大船渡の163キロ右腕・佐々木が選出された。岩手大会では、29回51奪三振と圧巻の投球を見せた佐々木は、4回戦の盛岡三戦で最速160キロをマークし、観客をどよめかせた。

 常時150キロ中盤の速球と、140キロ近いスプリット、130キロ後半の横のスライダー。さらには、120キロ後半の縦スライダーの威力も、高校生レベルを超越しており、アメリカ、韓国など強豪国の投手を含めても、その実力はトップクラス。 前回優勝のアメリカの強力打線を抑えられる可能性は十分にある。能力はエースクラスの佐々木だが、大船渡では、球数や体の状態を見ながら、限定的な起用法を行ってきただけに、今大会ではどんな登板間隔で投げさせるかに注目が集まる。

 また、佐々木に負けない実力を秘めた星稜の奥川は、世界トップクラスの活躍が期待できるパーフェクトピッチャーだ。

 奥川のすごさは、試合の流れを読んで、力の加減ができること。チームに勢いをつけるような、150キロ超のストレート、130キロ前半のチェンジアップ、130キロ前半のフォークで圧倒するパワーピッチングを世界の舞台でも披露できるか。

 甲子園では、準決勝を終えて4試合に登板。32.1回を投げ、45奪三振、5四死球(3四球)、防御率0.00と抜群の安定感を見せている。注目したいのは奪三振の多さの割に、球数が少ないことだ。140キロ中盤の速球とカーブを織り交ぜた打たせて取る球数を最小限にしたピッチングも魅力。甲子園ではここまで、385球と1イニングに換算すると11.99球と少ない球数で終えているが、球数制限のある世界大会で、効率的な投球で試合を組み立てられる奥川は、チームにとっても貴重な存在だ。

 創志学園の西も、エース候補として期待したい好投手。140キロ後半の速球と、縦スライダー、スプリット、カーブの精度も高い。走者を背負ってからの粘り強さもある。

 習志野の飯塚は、右スリークォーターから投じる140キロ後半の速球は回転数が高く、空振りが取れる。甲子園では、12.1回を投げて、15奪三振の好投。タイプ的には柿木 蓮(大阪桐蔭-北海道日本ハム)を思い出させるスライダーピッチャーだ。

 この130キロ前後のスライダーだけではなく、落差が鋭いフォークも3年生になってからマスター。先発もできるが、適正はリリーフ。昨秋から厳しい試合を乗り切った集中力と、精神力の強さがウリで、世界の舞台でも窮地を救う投球を見せてくれそうだ。

 津田学園の前は、伸びのある145キロ前後の速球、曲がりが鋭いスライダーが光る好右腕。尻上がりに球速が上がるタイプで、力配分もうまく、緩急を使い分ける投球も見事。まさに、先発向きの好投手だ。

 この夏の甲子園では3試合で、防御率0.89と好投を見せた智辯和歌山の池田も選出された。2回戦の明徳義塾戦では最速150キロを計測。常時140キロ中盤〜140キロ後半の速球を両サイドと、高低に投げ分けることができる。制球力の高さは超高校級だ。さらに、変化球は120キロ台中盤のスライダー、130キロ前半のカットボール、フォークを内外角に投げ分け、隙がない。先発・中継ぎ、どちらでも活躍が期待できそうだ。

 近江の林は、本格派右腕が揃う今回の代表では、希少価値が高い技巧派左腕。130キロ前後ながら、インステップ気味に投げ込む速球は、角度があって打ちにくい。独特の曲がりを見せるチェンジアップ、カーブ、スライダーを低めに集める投球は、研究されても攻略は難しい。制球力も高く、中継ぎでの登板が増えるか。

 有明の浅田は、投打で優れた才能を持つ大型右腕。真上から振り下ろす角度のある140キロ後半の速球は威力抜群。変化球は横滑りするスライダー、カーブ、シンカー気味に大きく落ちるチェンジアップの3球種を持ち、三振も奪える。大会では先発・中継ぎとしても活躍するだろう。
 浅田は高校日本代表候補の研修合宿で、投手ながら木製バットでも快打を連発していて、野手並みの打撃をみせた。外野手としての起用もあるのではないだろうか。

 興南の宮城 大弥は唯一、U-15代表に続いて、連続でU-18代表入り。

 左スリークォーターから140キロ後半の直球とスライダー。さらに浮き上がって落ちるチェンジアップで三振を量産。左のエースとして、先発としても期待したい。

 次回は、野手11名を紹介していきたい。

関連記事はこちら
佐々木朗希、奥川恭伸などが選出!侍ジャパンU-18代表20名の顔ぶれ
韓国で戦う高校日本代表の野手11人のストロングポイントを徹底分析!

文=河嶋 宗一