いよいよ8月30日(金)から韓国・キジャンで始まる「第29回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」。最速163キロ右腕・佐々木 朗希(大船渡 岩手 3年)、最速154キロを甲子園で叩き出し準優勝に輝いた奥川 恭伸(星稜<石川>3年)らキラ星輝く20名がそろった侍ジャパンU-18代表にはぜひ初の18歳以下野球世界一を目指して頑張ってほしいものです。

世界への登竜門

高校時代の大谷翔平

 そして、2度大会名を変えつつも通常2年に一度開催されるこの大会は現在NPB・MLBで活躍する選手たちの多くが経験を積んできた「世界への登竜門」でもあります。有名どころではダルビッシュ 有投手(MLBシカゴ・カブス)は東北(宮城)3年時の2004年・第21回AAA世界野球選手権大会(台湾開催)でキューバに次ぐ準優勝に貢献。

 また、大谷 翔平選手(MLBロサンゼルス・エンゼルス)も2012年・花巻東(岩手)3年時に、2004年以来の高校日本代表参加となった「第25回IBAF 18U世界野球選手権大会」(韓国・ソウル開催)に参加しています(同大会・日本は6位)。

 では、当時の代表にはいったいどんな選手がいて、その後はどんな球歴をたどっているのでしょうか?まずは「2012年・大谷世代」から追ってみましょう。当時の代表メンバーとその後の球歴は次のページから。

「2012年・大谷世代」のその後

第25回AAA世界野球選手権大会に出場した選手達

*成績は2019年8月28日現在
背番号. 氏名  2012年当時所属校 当時の年齢・学年
2012年以降の球歴

<監督>
21 小倉 全由 日大三(西東京)監督 55歳
  同校監督

<コーチ>
22 吉田 洸二 清峰(長崎)監督 43歳
 2013年から山梨学院(山梨)監督
 23 大野 康哉 今治西(愛媛)監督 40歳
 同校監督

<投手>
1 大谷 翔平 花巻東(岩手)    3年
北海道日本ハムファイターズ(同年ドラフト1位)〜ロサンゼルス・エンゼルス(2017年〜)
投手
NPB 85試合登板 42勝15敗1ホールド 防御率2.52
MLB 10試合登板 4勝2敗       防御率3.31
打者
NPB 403試合出場 1035打数296安打48本塁打166打点13盗塁 打率.286
MLB 198試合出場 666打数194安打38本塁打115打点21盗塁 打率.291
*8月28日現在

2 岡野 祐一郎  聖光学院(福島)   3年
青山学院大〜東芝

3 佐藤 拓也  浦和学院(埼玉)  3年
立教大〜JR東日本
*大学以降は外野手

4 神原 友 東海大甲府(山梨) 3年
東海大〜三菱自動車岡崎

5 濱田 達郎 愛工大学名電(愛知) 3年
中日ドラゴンズ(同年ドラフト1位)
21試合登板 5勝7敗 防御率5.07
*2017年より育成選手契約

6 藤浪 晋太郎 大阪桐蔭(大阪)  3年
阪神タイガース(同年ドラフト1位)
128試合登板 50勝40敗 防御率3.25

7 大塚 尚仁 九州学院(熊本)   3年
東北楽天ゴールデンイーグルス(同年ドラフト3位)
9試合登板 0勝0敗 防御率12.27
*2018年より読売ジャイアンツ打撃投手

<捕手>
8 田村 龍弘 光星学院(現:八戸学院光星・青森) 3年
千葉ロッテマリーンズ(同年ドラフト3位)
657試合出場 1753打数397安打12本塁打171打点17盗塁 打率.226

9 中道 勝士 智辯学園(奈良) 3年
明治大〜オリックス・バファローズ(2016年育成ドラフト5位〜2017年)〜堺シュライクス(関西独立リーグ・2019年〜)

10 森 友哉 大阪桐蔭(大阪)   2年
埼玉西武ライオンズ(2013年ドラフト1位)
572試合出場 1902打数567安打69本塁打311打点14盗塁 打率.298

<内野手>
11 菅原 拓那 常総学院(茨城) 3年
國學院大中退

12 田端 良基 大阪桐蔭(大阪) 3年
オーダースーツ事業展開中

13 城間 竜兵 光星学院(青森) 3年
東北福祉大〜パナソニック
*大学以降は本来の投手としてプレー

14 伊與田 一起 明徳義塾(高知) 3年
専修大〜JR西日本

15 北條 史也 光星学院(青森) 3年
阪神タイガース(同年ドラフト2位)
332試合出場972打数262安打13本塁打87打点8盗塁 打率.270

16 金子 凌也 日大三(西東京) 3年
法政大〜Honda鈴鹿

<外野手>
17 呉屋 良拓 浦添商(沖縄) 3年
日本大〜株式会社フュディアルクリエーション(会社員)

18 笹川 晃平 浦和学院(埼玉) 3年
東洋大〜東京ガス

19 髙橋 大樹 龍谷大平安(京都) 3年
広島東洋カープ(同年ドラフト1位)

35試合出場 64打数17安打1本塁打3打点 打率.266
20 水本 弦   大阪桐蔭(大阪) 3年
亜細亜大〜東邦ガス

 プロ野球のスターから中堅選手、そしてプロ野球の裏方に回った選手。さらに独立リーグで再起を期す選手に会社員、自営業まで。7年という年月はやはり短いようで長いものなのですね。

 次回は15年前の「ダルビッシュ有世代」にスポットを当ててみます。どうぞお楽しみに。

関連記事はこちら!
佐々木朗希、奥川恭伸などが選出!侍ジャパンU-18代表20名の顔ぶれ
【U18日本のライバル国紹介】大半がプロ内定!去年のアジア覇者・韓国の要注目の選手
佐々木、飯塚ら史上最強投手陣の仕上がりは順調!あとは奥川恭伸の復調を期待するのみ!