高校の部に続いて大学の部を紹介。大学生は体格も大人になり、技術も成熟していて見ていて鳥肌が立つパフォーマンスを発揮してくれる。そしてこの大会はドラフト指名選手も登場する大会だ。今回はあえてドラフト指名選手には即戦力で活躍できるか?その観点で述べていきたい。

明治神宮大会

高校生を紹介したコラムはこちら!
高橋宏、下ら令和最初の神宮大会で輝いた好投手たち【明治神宮大会】
明治神宮大会に出場した野手はやはりタレント揃い!来春の進化が楽しみな逸材を徹底紹介! 【神宮大会総括】

投手は順位通りの実力

津森宥紀(東北福祉大)

 まずドラフト指名を受けた投手は以下の通り。

大阪商業大 橋本 侑樹(大垣日大出身)中日2位
大阪商業大 大西 広樹(大阪商業大高出身)東京ヤクルト4位
東北福祉大 津森 宥紀(和歌山東出身)福岡ソフトバンク3位
九州産業大 福森 耀真(北九州出身)東北楽天5位
慶應大 津留崎 大成(慶應義塾出身)東北楽天3位

 神宮大会のピッチングを見ると、上位指名を受けた投手は高評価される理由がよく分かる。

 まず中日2位の橋本 侑樹は左腕から140キロ後半の速球を投げ込んでいく平均球速の高さが魅力。その速球を内外角に厳しく投げ込んでいく。投球フォームを見ると、ステップ幅が狭く、立ち投げに見えるが、しっかりと振り下ろしていくので、角度がある。死球を与えても強気に内角を攻めている姿が印象的だったが、プロでもそれができるようだと、大きな強みになる。

 また130キロ中盤のカットボールも効果的で、ほかの左投手にはない強みだといえる。

 ソフトバンク3位の津森 宥紀は敗れた東海大戦で無安打の好リリーフ。最後は5失策が絡んでサヨナラ負けを喫し、「終わった気がしない」とコメントしたが、その通りだろう。

 右サイドから投じる常時140キロ中盤(最速146キロ)のストレートはほかの大学生にはない切れ味の鋭さがあり、スライダー、ツーシームの精度の高さも素晴らしく、上位も納得のピッチングだった。一時期、調子を崩した時期があったようだが、夏休みにしっかりと練習を積んで、復調をアピール。ぜひキレの良いピッチングをキャンプから見せてほしい。



東北楽天3位・津留崎 大成(慶應義塾大)

 同じく東北楽天3位・津留崎 大成は140キロ後半の速球に、130キロ後半のカットボール、ツーシームを投げ分け、いわゆるピッチトンネルが小さいピッチングを見せる。今大会、カットボールを投げる投手が多かったが、一番ストレートに近い軌道を描く変化球を投げている投手だった。

 また速球投手は力みが見られるが、津留崎はあまり力みがない。ヒットを打たれても淡々と自分のピッチングができている。そういうところも評価されて3位になったといえる。

 東京ヤクルト4位の大西 広樹は好調時と比べると、かけ離れたピッチングだった。ただ間があまりないフォームで、打たれにくいボールを投げる投手でもないので、動かしたり、いろいろ工夫して勝負できるピッチングをしないと苦労しそう。

 東北楽天5位の福森 耀真は、金沢学院大戦で平均球速146.6キロをマークしたように、平均球速の高さは、指名投手でもトップ。130キロ後半のカットボールも悪くない。ただピッチング全体に力みが見られ、球数が重なりやすい。球数を減らして、さらに成績があげられるようにボールの質、変化球の引き出しなどを増やす必要があるといえる。

野手の評価はプロ入り後、逆転する可能性は大いにあり 慶應の2人に注目!

中日4位・郡司 裕也(慶應義塾大)

 そして野手で指名されたのはこの4人。
・東海大 捕手・海野 隆司(関西出身)福岡ソフトバンク2位
・慶應義塾大 捕手 郡司 裕也(仙台育英出身)中日4位
・慶應義塾大 外野手 柳町 達(慶應義塾出身)福岡ソフトバンク5位
・大阪商業大 外野手  小野寺 暖(京都翔英出身)阪神育成1位

 今大会、ネット裏で話題となっていたのは福岡ソフトバンク4位の海野 隆司と中日2位の郡司 裕也の比較。この大会だけ見ると、郡司が圧倒的にパフォーマンスが高かった。

 決勝戦の関西大戦ではインコースを読みうちして本塁打、スライダーを読み打ちしてライト前適時打と読みの鋭さに加え、下半身主導の完成度の高い打撃フォームが素晴らしく、またインテリジェンスが優れたリード、確実性の高いスローイングが印象に残った。

 プロの世界に混ぜるととびぬけたスローイングの強さではないが、粗さがない。まだ伸ばすところはあるが、打撃面では技術的に苦労する要素は少なく、総合的に見て、現在の中日捕手陣の中でも十分勝負できる選手だろう。

 逆に海野はこのままだと苦労する選手に見えた。経験が少ない投手陣を引っ張り、どたん場で抑えるリード、1.8秒台をコンスタントにリードする強肩。捕手として細やかさも見える。



海野 隆司(東海大)

 ただ、名捕手にありがちな盤石さはまだない。もちろん投手の力量もあるが、ピンチの場面での単調さが目につき、また打撃も前でボールを捉える選手で、長打が打てる選手と比べると下半身の回転が弱く、技術的に修正しなければならない点が多い。

 現状のままだと九鬼 隆平(秀岳館出身)、栗原 陵矢(春江工出身)の若手捕手の競争から始まる選手ではないか。ただ、海野は2人の高校時代と比べると打てる捕手ではないので、まず若手のライバルに勝つには相当なレベルアップが求められる。

 福岡ソフトバンク5位の柳町 達はほとんど欠点がない。トップからインパクトまで無駄のない動きからボールを捉え、高めに入ったフォークをうまく合わせて逆方向へ長打を放った打撃は舌を巻くものがあった。

 柳町曰く逆方向に強い打球が打てるほど調子が良い証拠だという。また、軽快なベースランニングに加え、外野守備も確実性の高いスローイングや守備範囲の広い守備も魅力。うまくいけば一軍で競争できる総合力を持った選手である。

 阪神育成1位の小野寺 暖はノーステップ打法で打つ選手。ノーステップといっても実質的にステップしており、ノーステップでも本塁打を打ててコンタクト力が高い打者が多いのは、軸足の使い方が上手く、上半身、下半身の連動性が高いフォームをしているためである。小野寺は間合いがうまくとれていないので、いわゆる「手打ち状態」で打ちに行くことが多い。

 神宮大会では無安打。ここから支配下登録選手になるには相当なレベルアップ。技術改革が必要だといえる。

 果たしてこの中から何人が即戦力にふさわしい活躍を見せることができるか注目したい。

明治神宮大会
<<大学の部>>
■日程詳細・応援メッセージ
■トーナメント表

記事=河嶋 宗一