1月24日、選抜出場校が発表された。選抜に出場する32校にはどんな注目選手がいるのか、東日本投手、野手、西日本投手、野手と全4回に分けて紹介したい。第3回の西日本投手編だ。

東日本投手、野手はこちらから!
世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!
西川、内山、井上のスラッガートリオなど東日本野手は逸材が勢揃い!注目選手 38名リスト

近畿地区に逸材投手が集結!

中森俊介(明石商)

 まず西日本で見ていくと、近畿地区に投手が揃っている。

 その筆頭候補が明石商のエース・中森 俊介。
 右スリークォーターから最速151キロのストレート、スライダー、スプリット、カーブと精度抜群だ。課題である硬い肩甲骨周りを改善するために、チューブトレーニングに取り組んでいる。投手としてアドバンテージとなる柔軟性が身につけば、さらに進化ができるだろう。

 そして6枠目で出場することになった智辯和歌山のエース・小林 樹斗は縦回転のフォームから繰り出す最速148キロのストレートは威力抜群。昨秋は不調だったが、しっかりと形が決まってくれば、安定した活躍が期待できるだろう。

 そして履正社のエース・岩崎 峻典は伸びのある145キロ前後の快速球、カットボールの精度の高さも素晴らしく、しっかりと状態を取り戻していきたい。

 昨秋の近畿大会優勝の天理は、制球力が高い好投手・庭野 夢叶、191センチの長身から角度のある速球を投げ込む達 孝太は期待の大器。速球とキレのあるスライダーで大阪桐蔭打線を苦しめ、大きく評価を上げた。ただ、体力的な課題が多く、安定して結果を残せるかは未知数。この冬の取り組み次第で逞しさが出てくるのか、注目したい。

 近畿準優勝の大阪桐蔭は速球派投手が勢揃い。その中でも上げたいのが最速141キロながら、切れのある直球と落差が鋭いチェンジアップの使い分けが上手い藤江 星河、辻内 崇伸(元巨人)以来の大器として期待がかかる146キロ左腕・松浦 慶斗、明徳義塾中時代から騒がれた146キロ右腕・関戸 康介、140キロ中盤の速球を投げ込みストレートの威力ならばチームトップクラスの申原 理来などがいるが、全員ベンチ入りできるとは限らないぐらいレベルが高い布陣だ。

 近畿ベスト4の智辯学園は、140キロ前半の速球を投げ込む大型右腕・小畠 一心、切れのある130キロ後半の速球を投げ込む左腕・西村 王雅の1年生コンビはさらにスケールアップした姿を見せることができるか。

中四国・九州の注目は大分商の川瀬!

若杉晟汰(明豊)

 中国地区では中国大会優勝の倉敷商は投手と野手を兼任する福家悠太はまる分厚い下半身があり、そして吉田 輝星のように下半身主導のフォームから投げ込む130キロ後半の速球は球速以上に勢いを感じる。また左腕の永野 司も切れのある130キロ中盤の速球とスライダー、チェンジアップを駆使して抑える好左腕だ。

 広島新庄のエース・秋山恭平は、中学時代にU-15代表を経験していた好左腕。切れのある速球とチェンジアップを駆使して抑える投球は選抜でも注目を浴びそうだ。

21世紀枠で出場する平田のエース・古川雅也は速球とスライダーを丁寧に投げ分ける好右腕で全国レベルでも活躍できそう。

 四国地区では四国大会優勝の明徳義塾も技巧派左腕・新地 智也は四国大会では無四球という抜群の制球力を発揮。勝てるピッチングを選抜でも発揮したい。

 また最速138キロ左腕・村上 侑希斗(尽誠学園)も角度ある速球とキレのある変化球で安定したピッチングを見せる。

 九州地区は昨秋の九州大会優勝の明豊は昨年からエースを務める若杉 晟汰は140キロ前後の速球、切れのあるスライダーで勝負する本格派左腕。大会までしっかりと復調すれば、大会屈指の左腕と呼ばれるピッチングは期待できそうだ。また、140キロを超える速球を投げ込む速球派右腕・狭間 大暉も成長に期待がかかる。

 九州準優勝の大分商はエースの川瀬 堅斗は大会屈指の大型右腕。バランスの取れたフォームから投げ込む140キロ前半の速球、切れのあるスライダー、カーブを高低に投げ込む投球術はハイレベル。そのままスケールアップすれば、ドラフト上位候補に名乗り上がりそうなスケールがある。

 九州ベスト4の創成館は技巧派左腕・白水 巧に注目。130キロ前半の速球、スライダーなど丁寧に投げ分ける投球が持ち味。同じくベスト4の鹿児島城西のエース・八方 悠介は140キロ前半の速球、曲がりが鋭いスライダーをコンビネーションにする右の本格派。二枚看板を組む前野 将輝は角度のある140キロ近い速球を武器にする本格派だ。

中森 俊介(明石商)
小林 樹斗(智辯和歌山)
岩崎 峻典(履正社)
庭野 夢叶(天理)
達 孝太(天理)
藤江 星河(大阪桐蔭)
松浦 慶斗(大阪桐蔭)
関戸 康介(大阪桐蔭)
申原 理来(大阪桐蔭)
小畠 一心(智辯学園)
西村 王雅(智辯学園)
福家悠太(倉敷商)
永野 司(倉敷商)
秋山恭平(広島新庄)
古川雅也(平田)
新地 智也(明徳義塾)
村上 侑希斗(尽誠学園)
若杉 晟汰(明豊)
狭間 大暉(明豊)
川瀬 堅斗(大分商)
白水 巧(創成館)
八方 悠介(鹿児島城西)
前野 将輝(鹿児島城西)

(文=河嶋 宗一)

関連記事
◆特設サイトはこちら⇒選抜2020特設サイト
◆選抜に出場する32校をチェックする⇒明石商や花咲徳栄などが選出!
◆東日本の注目投手たちを一挙紹介!⇒世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!