皆さん、こんにちは!俳優の吉村卓也です。
 やっとですよ…!
 首を長くして待っていた、第92回選抜高校野球大会の出場校が、遂に決定しましたね!!

 先ずは、出場校を見ていきましょう!


出場校一覧

選抜出場を決めた国士舘

【21世紀枠】・・3枠

・帯広農(北海道)
・磐城(福島)
・平田(島根)

【北海道地区】・・1枠

・白樺学園(北海道)

【東北地区】・・2枠

・仙台育英(宮城)
・鶴岡東(山形)

【関東・東京地区】・・6枠

・健大高崎(群馬)
・山梨学院(山梨)
・東海大相模(神奈川)
・桐生第一(群馬)
・国士舘(東京)
・花咲徳栄(埼玉)

【東海地区】・・3枠(神宮枠1つ)

・中京大中京(愛知)
・県立岐阜商(岐阜)
・加藤学園(静岡)

【北信越地区】・・2枠

・星稜(石川)
・日本航空石川(石川)

【近畿地区】‥6枠

・天理(奈良)
・大阪桐蔭(大阪)
・履正社(大阪)
・智辯学園(奈良)
・明石商(兵庫)
・智辯和歌山(和歌山)

【中四国地区】・・5枠

・倉敷商(岡山)
・鳥取城北(鳥取)
・明徳義塾(高知)
・尽誠学園(香川)
・広島新庄(広島)

【九州地区】・・4枠

・明豊(大分)
・大分商(大分)
・創成館(長崎)
・鹿児島城西(鹿児島)

 以上、32校!おめでとうございます!!
 第92回選抜高校野球大会は、3月19日(木)から阪神甲子園球場で開催されます。注目の組み合わせ抽選会は3月13日(金)午前9時です。

 そして、開会式の入場行進曲は「パプリカ」に決定しましたね。
 今からどんな熱戦を繰り広げてくれるのか、楽しみで仕方ないですね!

 今回は、前回紹介しきれなかった注目選手を紹介します。

ドラフト候補も紹介!

明石商のエース・中森俊介

達康太投手 天理 192センチ 80キロ 右投右打

 秋季高校野球の近畿地区大会決勝の、対大阪桐蔭戦では、7回5安打4失点と好投、見事チームを優勝へと導きました!

 現時点では最速141キロだが、なんといっても背が高い!角度のついた球に、対戦する打者は球速以上に早く感じるのではないでしょうか。
 変化球はスライダー、カーブ、フォーク。どれも空振りを奪える一級品です。
 しかも達君はまだ新二年生!ドラフトにかかるのは2021年ですが、今からどう成長していくのか楽しみです。

中森 俊介投手 明石商 181センチ 79キロ 右投左打

 ドラフト候補としてかなり有力視されている、151キロ右腕の中森君!
 中森君の良さは球速だけではなく、マウンド度胸もよく、コントロールも抜群。変化球はスライダー、スプリット、カーブ、チェンジアップと多彩。しかもどの球でも決め球になる。さらには投球のみならず、フィールディングもうまい。

 ほぼ完成された投手だと思われるが、もし今が成長途中だとしたら、今後のさらなる伸び代に期待が止まりません!

岩崎 峻典投手 履正社 175センチ 77キロ 右投右打

 昨夏の甲子園で悲願の初優勝を成し遂げた履正社、その救世主的存在になったのが、岩崎君。
 最速145キロの速球に、スライダー、カットボール、遅速2種類をカーブをうまく投げ分ける。そして勝負所で投げるフォークボールのキレは超一級品。課題であった制球力もアップし、急成長が止まらない岩崎君。
 高校在学中にどこまで成長していくのか、少しも目を離せない存在です。

と、注目選手3選手を紹介しました。

 まだまだ紹介したい選手がいっぱいいますので、それは次回に!!
 今月もありがとうございました。

記事=吉村 卓也

関連記事
◆特設サイトはこちら⇒選抜2020特設サイト
◆選抜に出場する32校をチェックする⇒明石商や花咲徳栄などが選出!
◆最速151キロ、二季連続甲子園ベスト4と全国的な活躍も…。もがき苦しんだ中森俊介(明石商)の2019年【前編】