3人の甲子園出場監督と沖縄の高校野球記者が意見交換座談会

興南・我喜屋優監督

 全国的に、新型コロナウイルスがまだ収束していない中、沖縄県では16日連続感染者ゼロの朗報が続く。その中、多くのスポーツ新聞が出した「夏の甲子園中止へ」の見出し。20日正式発表という小見出しをしているものの、全国の球児たちの多くが動揺を覚えたのではないだろうか。

 日本高野連事務局長小倉氏は「何もこちらから発言していない」とし、各都道府県の高校野球連盟にも「報道について、連盟から発信した事実はない」とメールにて連絡。 一部の評論家から「結論を出すのはまだ先の方がいいのでは?」という意見も出ている。

 全国で唯一、春の公式戦を開催したのが沖縄県だ。感染対策を徹底した上で、無観客試合を行った結果、選手はもちろん高校野球関係者がコロナウイルスに感染したという情報は一切出て来ていない。

 各都道府県で、コロナの感染拡大に差があるのは重々承知しているが、中止ありきで議論を進めるのなら、その議論は何の意味もなさないのではないか。6月中旬まで待って、その中でコロナウイルスが暴れているようなら、そこで夏の甲子園中止を決定しても、遅くはない。

 沖縄県の高校野球監督を代表する我喜屋優氏をはじめ、3人の甲子園出場監督に加え、長く沖縄の高校野球を取材してきて精通している2人のメディアが揃い意見交換座談会を開催。沖縄からの声を、お届けしたい。

◆意見交換座談会メンバー
我喜屋優(興南高校野球部監督)
神谷嘉宗(美里工高校野球部監督)
眞玉橋元博(糸満高校野球部部長)
棚原勝也(琉球朝日放送)
我喜屋あかね(沖縄タイムス)
當山雅通(高校野球ドットコム沖縄担当)

大事なのは知恵を絞ること

美里工・神谷嘉宗監督

當山::夏の甲子園中止ということで、世間が騒がしくなっています。そんな中夏に向けて、興南高校は工夫を凝らして練習をされていると。

我喜屋優氏:間隔をあけて、ロングティーをしているよ。まず安全。選手全員がマスクをポケットに入れて、集合の声がかかるとマスクをつけて集まる。

我喜屋あかね氏:よく話になるのが移動時に感染のリスクが高いと

我喜屋優氏:選手の移動時は必ずマスク。していない選手がいたらすぐに帰す。約束事は守るのも教育。それとウチの寮生たちはシャワーを浴びるときも人数制限、時間制限している。
 コロナウイルスに限らずこのような試練は、僕は今後も形を変えて続いていくと思う。関西の大震災も東北の津波もあった。でも大事なのは知恵を絞ること。誹謗中傷の声に高校野球は負けてはいけない。

棚原勝也氏:何となく今は横並びの感じがする。センバツも止めて高校総体もない。大学野球もない。そんな中で高校野球だけ何故?みたいな

我喜屋優氏:むしろ、日本高野連が、沖縄高野連がね。こういうアイディアがあったのかと。他の屋外のスポーツの見本になるようなことを考えるべき。その中でね、大会に出る選手の親も含め、多数の意見を参考にしていく。

棚原勝也氏:出来ないというのは簡単。どうやったら出来るのかということを考えるのが大人だし、子供たちのためにも努力している姿を見せないと。生徒たちから何か、不安みたいな声はあるのですか?

我喜屋優氏:ウチの生徒は口に出さないね。

神谷嘉宗氏:不安はある。それでも口に出さないけど、生徒たちも口に出したら本当に終わってしまうと感じている。大会があると信じて個人練習している。

我喜屋優氏:試合の勝ち負けから選手たちは学んでいく。それを、コロナのせいにするような風潮を持つのは良くない。彼らの人生ダメになっちゃう。

神谷嘉宗氏:せめてね。県大会はやるべき。生徒たちはゴールがあるから、そこに向かって努力する。甲子園があればなお一層努力する。それなら、勝っても負けても、メンバーから外れてもゴールがある以上納得出来る。

 部活をしてはいけません。大会は中止にします。そのようなことは、教育者でなくても誰でも言える。どうやったら部活が出来るだろうかと。どうしたら大会が出来るだろうかと考え尽くすのが本物の大人ではないだろうか。
 コロナ対策チームだけで議論するのなら、それこそ中止ありきの不毛な議論。「もちろんコロナウイルスを無視するわけじゃない」としながら、5月20日に早計してしまうのは間違いじゃないかと語った元プロ野球選手のような声が、自粛警察や正義中毒でより固まったバッシングに負けてはいけないと、イチ高校野球ファンとして僕は強く思う。

後編に続く

(文=當山 雅通)

関連記事はこちら!
2年ぶりの甲子園へ 興南(沖縄)の課題とキーマンは??【前編】
チーム内での競争激化が、来る春そして夏への二連覇をもらたす 沖縄尚学(沖縄)
センバツ出場校に対しての救済策を考える 「選抜出場を勝ち取っていた学校で甲子園大会を!」