秋季沖縄県大会を制した沖縄尚学

 全国的に、新型コロナウイルスがまだ収束していない中、沖縄県では16日連続感染者ゼロの朗報が続く。その中、多くのスポーツ新聞が出した「夏の甲子園中止へ」の見出し。20日正式発表という小見出しをしているものの、全国の球児たちの多くが動揺を覚えたのではないだろうか。

 全国で唯一、春の公式戦を開催したのが沖縄県だ。感染対策を徹底した上で、無観客試合を行った結果、選手はもちろん高校野球関係者がコロナウイルスに感染したという情報は一切出て来ていない。

 各都道府県で、コロナの感染拡大に差があるのは重々承知しているが、中止ありきで議論を進めるのなら、その議論は何の意味もなさないのではないか。6月中旬まで待って、その中でコロナウイルスが暴れているようなら、そこで夏の甲子園中止を決定しても、遅くはない。

 沖縄県の高校野球監督を代表する我喜屋優氏をはじめ、3人の甲子園出場監督に加え、長く沖縄の高校野球を取材してきて精通している2人のメディアが揃い意見交換座談会を開催。後編では具体的な案を出し合っていく。

◆意見交換座談会メンバー
我喜屋優(興南高校野球部監督)
神谷嘉宗(美里工高校野球部監督)
眞玉橋元博(糸満高校野球部部長)
棚原勝也(琉球朝日放送)
我喜屋あかね(沖縄タイムス)
當山雅通(高校野球ドットコム沖縄担当)

せめて入場行進だけでも。せめて8チームだけでも

棚原勝也氏:前回のですが。沖縄県の高野連の発表が『甲子園の開催を前提に県大会をやる』と。県大会の中止もあるという余白を残した発表をしている。

我喜屋優氏:もしもね。外野が『甲子園開催前提でしかやらないって言ったじゃないか』としてもね。県の高野連が撤回すれば良いだけの話じゃないの。

棚原勝也氏:僕らの番組である『目指せ!甲子園』。もし甲子園が無くなったらどうするの?という声があって。いや、気にするのはそこじゃないだろうと。目指せ!甲子園という番組は、もちろん甲子園を目指そうぜという一つの目標もあるのだけど、頑張っている選手一人一人、あるいはチームの姿がまさに甲子園なんだと僕は思う。彼らが戦っている場所は地方大会かも知れないけど、甲子園へという思いは繋がる。

我喜屋優氏:夏の大会、選手権が甲子園に繋がる道。その大会に参加することでね。『オレ、甲子園目指していたんだぜ』と語れる。その思いも全て消そうとしている。

棚原勝也氏:例えば。各都道府県全てが大会を開催して。優勝校を決めて。仮に甲子園が無くなった場合。時期は8月じゃなくても良い。ベンチメンバー全員が参加するのは厳しい状況ならキャプテンだけでも甲子園に集まってね。春のセンバツに出場するはずだった高校も一緒になって、優勝旗を掲げるということは出来るじゃないかと。

我喜屋優氏:そういう意見がね。大会開催を前向きに考えるならどんどん出てくる。それらを踏まえて結論を出せば世間も納得する。

まだ議論が出尽くされていない

興南・我喜屋優監督

神谷嘉宗氏:僕の考えはね、地方大会をまずやる。その優勝校が地区大会をやる。僕らで言えば九州大会ですよ。8県あるからちょうど8チームでトーナメントする。それだと短期間(1日休養日を入れて4日間)で大会を終えることが出来る。その優勝校が甲子園に集まる。 例えば中国と四国で1校。近畿で1校。東海で1校。北信越で1校。東京と関東で1校。東北で1校。北海道で1校。これで8校になる。それなら甲子園でやっても4日間で終われる。長期間滞在するよりも遥かに、感染拡大のリスクも回避出来る。

我喜屋あかね氏:ほんの数日なら、阪神側との兼ね合いも何とかなりますもんね。

神谷嘉宗氏:8チームなら、準決勝終わっての休養日を設けて4日間で終わることが可能。

我喜屋優氏:運営側がね、過去やってきたことの積み重ねでしかやれないから、殻を破れない。こういう事態なのだから、過去の常識を覆してでも探るということをしないといけない。

神谷嘉宗氏:現場の監督はみんな、大会を開催してほしいと願っている。

棚原勝也氏:8チームならやれる。

我喜屋あかね氏:こういう先生たちからの意見を載せているのが少ない。

神谷嘉宗氏:僕ら数名が集まるだけでも、このような意見が出てくる。全国的に色々な意見が出てくるなら、和が広がっていく。

棚原勝也氏:全国の監督さんたちがね。大会をやって欲しいというアクションや、会見などはないのか。

我喜屋優氏:高体連の一声で、全てが決まっちゃったと思わせるのは得策ではないよね。

神谷嘉宗氏:高体連は一つの組織に様々な種目があるので。これは出来るが、屋内は出来ないという訳にはいかない。それで一括りになってしまっているのでしょう。

我喜屋あかね氏:逆に高野連は、こうやって工夫することで開催出来たよと後世に残せるのでは。

當山::春の大会をね。全国で唯一、沖縄だけが出来たというのは実は大きいですよね。この夏も、沖縄から発信するという意義は大きいと思う。

我喜屋優氏:どういうふうにやっているのか。沖縄に見に行こうと。あぁ、これだったらというような方法を研究していけばいい。参考にすべき学校を探せば良い。

當山::県が、県立の学校側に対して生徒を入らせない、締め出しているけど、外で自主練するよりも学校のグラウンドが実は安全なのに。

我喜屋優氏:学校来てグラウンド入るまではマスク。練習中もポケットにマスク。他者のものは触らないと指導してね。混雑するスーパーで買い物するよりも、グラウンドがずっと安全。

神谷嘉宗氏:私学が率先してそういうことをやるのは良いこと。その示しがね。県の、教育委員会の意見を変えていく。

棚原勝也氏:議論が出尽くされていない。大会を、練習を、こうやれば出来るいう可能性を探している議論が見えないのが残念。

眞玉橋元博氏:興南の練習時間形式はどうなっていますか?

我喜屋優氏:平日は午前中にオンライン授業をしている。グラウンドでの練習は午後2時、3時からとかだね。とにかく、出来ることはないかという議論から始めましょうと、声を大にして言いたい。

 ネット社会を通して、夏の甲子園開催署名運動も始まっている。今の時代、大会を開催してもしなくても万人から拍手をもらうことはない。だったらせめて、選手たちの気持ちに寄り添って、どうやったら大会を開催出来るのかという議論を、全国の高等学校野球連盟が監督さんたちが声を挙げて欲しいと願う。横並びで仕方がないと何もアクションを起こさなければ、本当にそこで終わってしまう。
 20日まで、ほんの少しかも知れないけど、まだ時間はある。ほんの少しかも知らないけど可能性はゼロじゃない。
 道はみんなで切り拓くものだ。

(文=當山 雅通)


関連記事はこちら!
2年ぶりの甲子園へ 興南(沖縄)の課題とキーマンは??【前編】
チーム内での競争激化が、来る春そして夏への二連覇をもらたす 沖縄尚学(沖縄)
センバツ出場校に対しての救済策を考える 「選抜出場を勝ち取っていた学校で甲子園大会を!」