高校野球と同様に、中学野球も春先から試合が無くアピールのチャンスは大きく減っているが、それでもここまで素晴らしいパフォーマンスを見せている選手はたくさんいる。

 これまでに取材をしてきた、注目の中学球児8名をまとめたので紹介していきたい。
 今回は関東地区編だ。

武蔵狭山ボーイズの2選手と右のスラッガーを2名を紹介

武蔵狭山ボーイズの山内教輔選手

 まず紹介するのは、武蔵狭山ボーイズの山内教輔選手。
 投手としても野手としても高い能力を持っているが、特に打撃センスは中学でもトップクラスだ。スイングが非常に柔らかく、武蔵狭山ボーイズでも主軸を任されており、高校野球でも中心打者として打線を牽引しながら、投手としてもマウンドに立つような活躍が期待される。

 また同じ武蔵狭山ボーイズの森柊太投手も注目だ。
 しなやかな腕の振りから130キロ台中盤の速球を投げ込み、下半身の使い方も非常に素晴らしい。気持ちの強さも持ち合わせており、決して逃げない精神力は武蔵狭山ボーイズの飯野靖典監督も太鼓判を押す。 夏に大会が開催されれば、気持ちの面でも注目してほしい。



狭山西武ボーイズの小野勝利選手

 スラッガー枠では、狭山西武ボーイズの小野勝利選手を挙げたい。
 元プロ野球選手の小野剛さんの息子で、屈強な体格から中学通算20本以上の本塁打を放つなどパワフルな打撃が持ち味。また野球に取り組む姿勢も素晴らしい選手なので、この先どんな環境の中でも努力ができる選手だ。

 そして飛ばすことに関しては、戸塚シニアの松本ジョセフ選手も負けていない。
 身長178センチ、体重100キロと中学生離れした体格を持っており、ここまで中学通算23本塁打を放っている。現在は変化球への対応を課題に挙げており、ここからはパワーだけでなく打撃技術も磨いていく姿勢を見せてる。

 ここまでは中学生離れした体格から抜群のパフォーマンスを魅せてきた選手を紹介してきたが、次のページではスローイングタイム1.9秒台をマークする強肩捕手や元プロ野球選手の孫など個性的な選手も多くいる。

中学生離れした強肩捕手・本田、大型遊撃手・小川は注目の逸材
東京城南ボーイズの山崎隆之介選手

 潜在能力の高さなら、東京城南ボーイズの山崎隆之介選手がピカイチだ。
 190センチ近い身長も特徴だが、スイングが柔らかさが一番の魅力で芯を食った時の飛距離はトップクラスだ。これから筋肉もついてきて、パワーも技術も伴ってきたときの姿がとても楽しみな選手だ。

 捕手では浦和シニアの本田凌太選手を紹介する。
 昨年は2年生ながら、正捕手としてリトルシニア日本選手権優勝に貢献した本田選手。小学6年生時にはスワローズジュニアに選出され、セカンド送球は1.9秒台、中学通算5本塁打を放つなど、「打てる捕手」として期待の高い選手だ。
 目標とする選手には森 友哉選手(埼玉西武)を挙げており、地元・埼玉県のスーパースターのような「打てる捕手」を目指す。

 内野手では中本牧シニアの小川大地選手が別格だ。
 181センチ78キロ、中学通算13本塁打、投げては最速132キロと、まさに強肩強打の大型遊撃手である小川選手。また体力面だけでなく、打撃技術やグラブ捌きなど技術面も一級品で、夏に大会が開催されれば注目してほしい選手の一人だ。



都筑中央ボーイズの谷澤歩夢選手

 最後に紹介するのは、都筑中央ボーイズの谷澤歩夢選手。
 元中日ドラゴンズの谷沢健一氏の孫にあたり、チームではエースで4番とまさに大黒柱である谷澤選手。投手としては切れのあるボールをコーナーに投げ分ける技術を持っており、打者としては広角に長打力を打つことができる。
 ここからさらに体が成長してくれば、高校野球でもトップクラスの活躍ができる可能性を持っている。

 今回は以上の8名をピックアップさせていただいた。
 今年に関しては、中学3年生が一番成長した姿を見せる春先以降の大会がすべて失われ、歯がゆい思いをしている選手は多いだろう。
 これからもし大会が開催されれば、ここで挙げた選手以外にも活躍を見せる選手は多くいるだろうし、今後は関東地区以外や軟式野球の選手にも注目していきたい。

(取材=栗崎 祐太朗)


関連記事
◆中本牧シニアの強肩強打の遊撃手・小川大地の武器は「向上心の強さ」
◆中学通算本塁打20本以上の長距離砲 小野勝利(狭山西武ボーイズ)が狙う高卒プロ入り
◆セカンド送球は1.9秒台。本田凌太(浦和シニア)が目指すのは「打てる捕手」