帝京の劇的なサヨナラ勝利で幕を下ろした東東京大会の激戦から早くも2か月が過ぎた。その大会で昨夏に続いてベスト16まで進出を果たしたのが城西大城西だ。

 過去には甲子園に2度出場した経験を持ち、OBには元プロ野球選手で盗塁王3度受賞の実績を持つ高橋慶彦らがいる。

 毎年東東京の中でも注目されるなど実績は十分だが、2017年は夏3回戦、2018年は夏2回戦と早期敗退となる時期があった。そんなチームの立て直しを図ったのが現在、監督してチームを率いて2年目となった山崎警監督だった。

強敵との戦いで今の自分たちを知るところから始める

城西大城西の選手たち

 現役時代は川越商から神奈川大、そして西濃運輸でプレー。指導者としては神奈川大学や市立川越。さらには飯能南や富士見、ふじみ野といった埼玉県内の公立校で選手たちの指導にあたってきた。

 それだけの実績をもって古豪・城西大城西の復活を学校から託された山崎監督。4月に就任し、夏の大会で結果を残すべく、山崎監督がチームに就任してからまず取り組んだことは強豪校との練習試合。これまでに培ってきた人脈を活かしながら試合を組んでいったが、対戦相手は花咲徳栄や浦和学院。さらには健大高崎といった全国でも名の知れたチームばかりだった。

 「強いところが自分たち相手に本気で試合をするとどうなるのか。それを選手たちに肌で感じて欲しかったんです。だから5月から強豪校と試合をやっていきました」

 最初のうちは2桁失点をするような試合もあった。また選手起用でも、当時の3年生メインで戦っていたことに納得がいかず苦情の声が山崎監督の耳にも届いていた。それでも我慢して戦い続けていくと、次第に点差は縮まっていったという。

 「自分たちと同じくらいの実力のチームと戦って勝敗に一喜一憂するのではなく、強いところとやって自分たちとはどれだけ違うのか。これを知ることで自分たちの本当の実力を知ることが出来るんです」

 負けを通じて実力を知り、自分たちの戦い方を見出す。これが就任してわずか3か月後で夏の大会16強進出を達成した山崎監督のスピード改革だった。成功体験を積み重ねながら基本を固めていく

練習中の様子

 そして本格的に1から指導が出来る新チームでは、夏のベスト16を経験し、強豪校とはどんなチームなのか。それを心得ている選手たちを中心に据えながら、練習をスタートさせた。

 グラウンドは学校から電車で1時間ほど離れた荒川の河川敷にある城西大城西。周りには錦城学園など多くのチームのグラウンドがある中で、トレーニング器具やブルペンもあり、夜間は照明を付ければバッティング練習ができる充実の環境。

 この中で練習を日々繰り返すが、大事にするのが基本をしっかりと叩き込むこと。全員がノックを受けることで、選手それぞれがチーム内における自身の能力を知る。つまり自分を知ると言うことも、城西大城西にとっては大事なファクターだ。

 チームをまとめる主将・渡邉寮に話を聞いても、全体で練習をすることで、自身の能力を知る場になっていることを感じている。「ノックであれば各ポジション、バッティングであれば打順によって練習から選手間で指摘をすることで、チームの中における自分の役割がわかってきます」

 チームの主軸を担っている2年生・加藤聖大も自分たちの実力を知るのに、練習は鍵になっているようだ。「練習試合で自分たちの実力がわかるので、そこで欠けている部分に気づけるので、それをいかに伸ばすのか。主体的にやらないと解決はしないので、チームメイトにも厳しく声をかけています」

 理解したうえで、選手に合わせて捕球してからのステップや、捕る位置といった細かな基礎から練習をしていくこともある。そこで成功を重ねていき、自信を深めながら基本を固めていく。

 「自主練習をする時間はできないのですが、ノックなどの時間を多く使って、選手たちそれぞれで考えて取り組んで新たな発見をしてくれたら嬉しいですね」(山崎監督)

 加藤も、山崎監督の細かな基礎を固めていく練習方法に効果を感じていた。「特に冬場に取り組むのですが、捕球態勢の状態で動いたり、外野手であれば目線を切って落下地点までダッシュをするなど基本的なことですが活きていると感じています」

 こうしてチームメイト、そして対戦相手を通じて、選手それぞれが自分を知り、基本に立ち返って成功体験を積み重ねる。これが、城西大城西に山崎監督が就任して2年間で夏ベスト16に勝ち上がり続けられる大きな要因になっているのだ。

 前編はここまで!後編では新チームにスポットを当てていきます!後編もお楽しみに!

(記事=田中 裕毅)



関連記事
◆梅野隆太郎以来の「打てる捕手」。福岡工大城東・誉田貴之は自己否定と戦い続けてドラフト候補に
◆【日程・結果一覧】九州地区高等学校野球大会 福岡大会
◆阪神タイガーズの正捕手に座る梅野隆太郎!恩師が語るその進学秘話