今年のドラフト会議で中日から3位指名を受けた近江の土田 龍空。1年夏から遊撃手のレギュラーを勝ち取り、甲子園でも活躍。守備力の高さは高校トップクラスの評価を受けている。

 土田が中学時代に所属していたのが滋賀県長浜市に本拠地を置く湖北ボーイズだ。当時を知る中村忠博監督に土田の中学時代を振り返ってもらった。


先輩・荒木相斗を参考に内野守備上達

中日に3位指名を受けた土田龍空(近江)

 中村監督が初めて土田を見たのは入団する前のこと。湖北ボーイズの磯谷正貴代表と土田の父親が友人だったこともあり、高校野球の試合を観戦した際に当時小学生だった土田に会う機会があったのだ。「その時から野球のグラブをはめた野球小僧という姿でしたね」と中村監督は土田の第一印象について語る。

 父親同士の縁もあり、中学生になると湖北ボーイズに入団。中村監督は入ってきた時から能力の高さは感じていたそうだ。

「非常に運動能力の高い選手でした。入団当初はショートではなく、小学生の時はピッチャーやキャッチャーを任されていました。守備よりも打撃の方に凄く魅力のある選手という印象です。バッティングに期待して、下級生の時は外野手で上級生のチームに入ってもらっていました」

 まずは打撃で頭角を現した土田。「元々運動能力の高い選手でしたし、彼をショートにおいてチームをまとめてもらいたい」という期待を込めて、中村監督は2年生から土田を遊撃手にコンバートさせた。

遊撃手を始めた当初は苦戦していたが、1学年上の荒木 相斗(比叡山→國學院大)のプレーを見て学んだことで、すぐに上達。技術を向上させた裏には彼の内面的な要素も大きかったと中村監督は語る。

「人間的にも先輩等に好かれるコミュニケーション能力の高い子でした。先輩もどんどん上手くなる後輩に刺激をもらいながら一緒に練習に取り組んでくれていたと思います。彼は四六時中野球のことばかり考えているような選手だったと思いますし、絶えずグラブを触っているか、バットを握っているような選手でした。メキメキと上達して、すぐにチームでナンバーワンの選手になってくれたと思います」

 先輩から可愛がられる人間性の持ち主だったからこそ、近江でも1年生からチームに順応し、甲子園でも活躍することができた。

「緊張するような男じゃない」

湖北ボーイズ・中村忠博監督

 初めて甲子園に出場した時の土田は緊張した様子は一切見られず、攻守に渡って1年生離れしたプレーを披露していた。大舞台でも緊張しないメンタリティは湖北ボーイズ時代から持ち合わせていたという。

「彼は甲子園だから緊張するような男じゃないと思うんですよね。自分がどの場所でプレーしていても、そのゲームに集中してプレーしていると思うので、緊張とかは全然なかったと思います。それはウチにいた時からそうでしたね。本番だからどうとかではなく、本当に野球が大好きなんですよね。緊張したなんて言葉は、一回も聞いたことがないような気がします」

 近江の多賀章仁監督も以前、「土田は甲子園でも近江のグラウンドでも変わらない」という話をしていた。観衆が多くても少なくても自分のやることは同じ。土田とはそういう選手なのだ。

 コロナ禍で夏の甲子園が中止になったことで、プロを目指すために独自大会は木製バットで試合に出ることを決意した。こうした姿勢も土田らしさが出ていたと中村監督は話す。

「木製バットで最後の大会に出るのは、なかなかできないと思うんですけど、それが彼の良いところだし、チャレンジ精神や取り組む姿勢の表れだと思います。我々より一つ先を見ていたところはあったのかなと、今思うと感じますね」

 晴れて、野球を始めた頃からの目標だったプロ野球選手になった土田。中村監督はかつての教え子にこうエールを送ってくれた。

「彼が野球を始めるきっかけになったのが今のプロ野球選手だと思いますので、今度は彼がそういう選手になってもらいたいと思います。体には十分に気をつけて1年でも長く野球を続けてもらいたいですね」

 人から愛され、大舞台でも物怖じしない土田の性格は間違いなくプロ向きだろう。恩師が望むように長くプロの世界で活躍してくれることを期待したい。

(記事=馬場 遼)