鹿児島城西・芦谷原、神村学園・松永、大島・大野

トーナメント表
・鹿児島大会の組み合わせ

全国の日程・結果一覧
・第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

 第104回全国高校野球選手権鹿児島大会は7月2日に開幕する。今大会の出場校は2つの連合を含む64チーム70校。鹿児島市の平和リース、鴨池市民の両球場で3回戦までは連日開催。準々決勝以降は平和リースを使用し、準々決勝は17、18日、準決勝は22日、休養日を設けて24日に決勝の日程で開催される(※雨天順延)。

 昨秋は大島、今春は神村学園、5月のNHK旗は鹿児島城西、この1年間の県大会は全て優勝校が違っている。春以降の公式戦の結果から考えると春の九州大会を制した神村学園、その神村学園にNHK旗決勝で奇跡の大逆転劇を演じた鹿児島城西、南薩地区の強豪私学2強が一歩抜きんでている印象がある。春センバツに出場した大島は春以降の戦績が今一つだが、昨秋の鹿児島大会、九州大会で見せた粘り強さを取り戻して春夏連続の甲子園を目指す。

 春準優勝の国分中央、連覇を目指す樟南などシード校のみならず、ノーシードにも鹿児島実、鹿屋中央、鹿児島情報、鹿児島商、出水中央といった実力校がひしめいており、神村学園と鹿児島実が初戦で激突するなど、大会序盤から目の離せない展開になりそうだ。

 3年ぶりに開会式が実施され、全校応援なども実施される予定で、通常の夏とほぼ同じ方式で開催される。一方でコロナ禍は、なお注意が必要であり、春の県大会で鹿児島城西が、NHK旗で樟南が出場辞退したように集団感染で舞台に立てないことだけは起こらないことを祈りたい。

 3年生を中心に全球児が鴨池に集い、思う存分野球を満喫して、その中から堂々と鹿児島代表の栄冠をつかむチームが出てくる大会になることを期待する。組合せを4つのパートに分けて、大会の展望を予想してみた。

【鹿児島城西―鹿児島玉龍】




 第2シード鹿児島城西の力が一歩抜きん出ている。4番・藤田剛外野手(3年)、5番・明瀬 諒介内野手(2年)の中軸を中心とした打線は全国クラスの破壊力があり、NHK旗決勝では神村学園を相手に9回裏に集中打を浴びせて6点差をひっくり返して逆転サヨナラ勝ちした。投手陣はエース津波辰弥投手(3年)を軸に、様々な投手起用ができる投手陣をそろえている。佐々木誠監督が就任して成長著しく、初の夏の甲子園なるか。

 追いかける一番手は第7シード鹿児島玉龍。エースで主将の山下薫輝投手(3年)が投打の軸で、NHK旗では1回戦で強豪・鹿児島実に競り勝った。2回戦で対戦した鹿児島城西戦は、エース山下が先発せず、コールド負けだった。その雪辱を果たして上位に勝ち上がりたい。鹿屋中央も実力はシードクラス。このパートでは頴娃がダークホースになるか。エースで4番、主将の今吉瑛翔投手(3年)を軸に勝負強さが光る。大会開幕戦の鹿屋―徳之島戦は好勝負が期待できそう。

【神村学園―鹿児島】




 昨秋は2回戦敗退だった神村学園だが、この春以降は目覚ましい成長を遂げ、優勝候補の大本命に挙げられる。福田将太内野手(3年)、花倉凪海内野手(3年)、田中拓真外野手(3年)と積極的な打撃が持ち味の打者がそろい、相手に合わせて多彩な打線を組める。投手陣も右の朝吹拓海投手(3年)、左の内堀 遼汰投手(3年)と経験豊富な選手がそろう。

 シード順は3番手だったが、あえて鹿児島城西のいるAパートの場所を自ら選択したところに、強いチームを倒してより強くなろうという意気込みがうかがえる。その神村学園と初戦で対戦するのが名門・鹿児島実。春の鹿児島大会では準々決勝でコールド負けを喫しており、雪辱なるか。投打の軸になる左腕・赤嵜智哉投手(3年)の復調がカギを握りそうだ。第8シード鹿児島は飛び抜けたスター選手はいないが、NHK旗で大島を破った粘り強さを発揮して勝ち上がりたい。鹿屋工、伊集院の県立勢も虎視眈々と上位をうかがう。

【川内―国分中央】




 国分中央、川内のシード校をはじめ、公立の強豪校が名を連ねている。春準優勝の国分中央は選手たちの戦う姿勢に光るものを感じる。「人生かけてやる!」「死ぬ気でやる!」…熱い本気の言葉が選手たちから発せられる。どんな展開でも全力プレーを怠らない。左腕エース安藤奈々利投手(3年)は多彩な変化球を持ち、見た目以上に打ちにくい。夏は何かを起こす雰囲気を伝統的に持っているチームだ。

 第5シード川内は昨秋、今春、NHK旗とすべての県大会で8強入りと安定した戦いぶりが光る。春以降エース番号を背負う髙原明日翔投手(3年)が投打の中心。初戦のれいめい戦は1回戦屈指の好カードだ。NHK旗でも初戦で対戦しており川内が1点差で競り勝った。本川瑛光投手(3年)、室屋賢伸捕手(3年)のバッテリーを擁するれいめいも実力はシードクラスだ。好左腕を擁する鹿児島工―鹿屋農戦も好勝負の予感を漂わせている。

【樟南―大島】




 第1シードの大島だがセンバツ以降、春の九州大会、NHK旗と大きな大会での勝利がないまま夏を迎える。春の甲子園に出た「満腹感」をいかに払しょくし、どん欲に夏を目指すメンタリティーで戦えるかが春夏連続、初めての夏の甲子園をつかむカギになる。エース大野 稼頭央投手(3年)は全国的にも注目を集める好左腕。昨秋の鹿児島大会、九州大会で見せた一戦必勝の精神と、粘り強さを取り戻したい。

 樟南は町北 周真外野手(3年)、西窪 大翔外野手(3年)ら昨夏の甲子園を経験したメンバーを中心に連覇を目指す。打線は力強く、得点力も高い。右腕エース永吉浩志投手(3年)ら投手陣の成長がカギを握りそう。枕崎との初戦が大きなヤマ場であり、好勝負が期待できそう。鹿児島情報、出水中央はどちらもNHK旗4強入りしており、急成長を続けている。鹿児島商―鹿児島南は1回戦の好カードであり、大隅の雄・尚志館も高い実力を秘めており、上位進出を狙っている。

(文=政 純一郎)