夏直前!高校生期待度ランキング2022
・50位-41位 超高校級右腕、大型スラッガーが続々ランクイン
・40位-31位 全国レベルの左腕、速球派右腕、大型外野手、スラッガーをリストアップ
・30位ー21位 全国実績十分のコンビ、春ブレークの強打者、復活傾向の大型右腕をピックアップ
・20位-11位 世代屈指のスラッガー、遊撃手、左腕、二刀流など実績豊富な超高校級の逸材がランクイン
・10位-1位 スタープレイヤーが揃う中、トップに輝いた逸材は?

 夏の全国高校野球選手権の大会では、ドラフト候補のパフォーマンスに大きく注目が集まるが、その選手の中学時代の所属先にも注目される。今回、中学の軟式、硬式出身別に着目して、それぞれベスト10を作ってみた。

 中学軟式出身では、投手の逸材が多く、昨年、NPBで新人王を獲得したヤクルト奥川 恭伸投手(星稜出身)や、阪神1位の森木 大智投手(高知高出身)がいる。

 今年は軟式出身のスラッガーが多く、スター性を兼ね備えており、とにかくワクワクさせられる。



大島・大野 稼頭央

10位 宮原 明弥投手(小島中ー海星)

恵まれた体格から投げ込む140キロ中盤の快速球は威力抜群。投球の完成度も高く、3年ぶりの甲子園出場に導いた。

9位 田島 善信投手(治郎丸中ー星城)

評価急上昇中の146キロ右腕。完成度の高いフォームから繰り出す140キロ前半の速球と、切れ味鋭いスライダーは絶品。

8位 金田 優太遊撃手(芝西中ー浦和学院)

軟式U-15代表を経験し、浦和学院では2年春から主力選手となり、ラストイヤーでは投手、遊撃手、主力打者として大活躍を見せた。

7位 坂本 拓己投手(奥尻中ー知内)

南北海道大会準優勝を果たした大型左腕。左スリークォーターから140キロ前半の速球と切れ味鋭いスライダーを武器に三振の山を築く。

6位 大野 稼頭央投手(龍南中ー大島)

今年の鹿児島大会でもさらなる進化を遂げた期待の本格派左腕。三振も奪え、センスの高さは世代トップクラス。


高松商・浅野 翔吾

5位 斉藤 優汰投手(明成中ー苫小牧中央)

今春の全道大会、南北海道大会でも快投を見せた151キロ右腕。

4位 内藤 鵬内野手(東山クラブー日本航空石川)

大会初戦で本塁打。パワフルなスイングで本塁打を量産する強打者。

3位 イヒネ・イツア内野手(東山クラブー誉)

3回戦敗退も、攻守のインパクトは強烈だった世代屈指の遊撃手。

2位 田中 晴也投手(長岡南中ー日本文理)

今年、最速150キロをマークし、本塁打も打てる世代屈指の二刀流。ポテンシャルだけでいえば、世代NO.1。

1位 浅野 翔吾外野手(屋島中ー高松商)

今年の夏の香川大会で先頭打者本塁打2本含む3本塁打で、高校通算64本塁打に到達した世代屈指のスラッガー。

 今年は浅野を代表するように、中学軟式出身のスラッガーが世代トップを走る活躍を見せてくれた。

 また、花巻東に完投勝利を収めた盛岡中央の速球派右腕・斎藤 響介投手、甲子園出場を決めた富島の148キロ右腕・日高暖己投手も軟式出身。軟式出身の好投手が多いのは例年通りだ。

(記事=河嶋 宗一)