夏直前!高校生期待度ランキング2022
・50位-41位 超高校級右腕、大型スラッガーが続々ランクイン
・40位-31位 全国レベルの左腕、速球派右腕、大型外野手、スラッガーをリストアップ
・30位ー21位 全国実績十分のコンビ、春ブレークの強打者、復活傾向の大型右腕をピックアップ
・20位-11位 世代屈指のスラッガー、遊撃手、左腕、二刀流など実績豊富な超高校級の逸材がランクイン
・10位-1位 スタープレイヤーが揃う中、トップに輝いた逸材は?

中学軟式 ドラフトランキング2022
・今年は中学軟式出身のスラッガーが世代トップを行く異例で熱い年に?またドラフト上位を狙える軟式出身投手も健在

 ドラフト候補に挙がる中学硬式出身の選手は総合力が高い選手が多い。激戦区となったが、その中でトップ10の選手を選んでみた。



甲子園での活躍に期待掛かる第6位・森下瑠大(京都国際)

10位 三塚 琉生外野手(八千代中央シニアー桐生第一)

群馬大会ではいずれも特大弾を2本マーク。投手としても140キロを超える速球を投げ込む。

9位 坪井 蒼汰内野手(浦和シニアー山村学園)

中学時代はジャイアンツカップベスト4を経験。高校通算37本塁打を記録するスラッガーへ成長した。

8位 戸井 零士内野手(松原ボーイズー天理)

夏の大会でも攻守ともに躍動し、評価をさらに高める世代屈指の遊撃手。

7位 井坪 陽生外野手(八王子シニアー関東一)

東東京大会でも豪快な本塁打を放つ右のスラッガー。俊足強肩で、世代トップクラスの外野手へ成長しつつある。

6位 森下 瑠大投手(福知山ボーイズー京都国際)

京都大会決勝戦で復活を印象付ける快投。逆転2ランも放ち、甲子園でも活躍に期待が高まる。


1位に輝いた松尾汐恩(大阪桐蔭)

5位 鈴木 泰成投手(友部シニアー東海大菅生)

復活を果たした東海大菅生の大エース。伸びのある140キロ中盤の快速球は威力抜群。フォームも素晴らしく、能力的にいえば、世代トップクラス。

4位 武元 一輝投手(藤井寺ボーイズー智辯和歌山)

最速149キロまで球速を伸ばした世代屈指の二刀流。地方大会の活躍、そして甲子園に出場し、トップレベルのパフォーマンスを示せば、上位に入る可能性がある。

3位 山田 陽翔投手(大津瀬田ボーイズー近江)

最速149キロまでスピードアップ。今夏の滋賀大会では伊吹戦では6回を投げて、67球、1安打、9奪三振、無失点と圧巻の投球内容を示した。

2位 西村 瑠伊斗投手(京都ポニーー京都外大西)

高校通算54本塁打のスラッガー。京都大会では大当たりを見せ、大きく評価を高めた。

1位 松尾 汐恩捕手(京田辺ボーイズー大阪桐蔭)

今年の大阪大会で3本塁打を記録した世代屈指のスラッガーは順調に進化を見せている。

 今年は中学軟式、硬式ともにハイレベルな選手が揃った。この中から甲子園に出場している選手も多く、甲子園での活躍も楽しみだ。

(記事=河嶋 宗一)