トーナメント表
・西東京大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
・第104回 全国高等学校野球選手権大会 西東京大会

選手名鑑情報はこちら
・選手名鑑一覧ページ

関連記事
・東海大菅生の大型右腕、國學院久我山の大型遊撃手など大型選手揃う西東京の逸材たち
・國學院久我山、東海大菅生、日大三が優勝争いか?大会序盤から好ゲーム続出

日程・結果一覧
・東京TOPページ
・第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
・学校検索ページ

 今年の高校生ではトップクラスの素質と評価された鈴木 泰成投手(3年=東海大菅生)。肘の手術から復帰し、大阪桐蔭との練習試合で好投を見せるなど、期待は高まっていた。惜しくも決勝戦で敗れ、甲子園出場はならなかったが、それでも投げ込む直球は絶品だ。

 改めて今後の可能性を検証していきたい。



鈴木泰成(東海大菅生)

 まず2400回転を誇る140キロ前半〜140キロ中盤の直球は、今年の高校3年生右腕の中でも屈指の球質の良さがある。特に膝元に決まる直球は惚れ惚れするほどの威力がある。

 その直球を投げることができるのはフォームの良さだろう。左足を上げ、右足で立った時のバランスが良い。長身でありながら、体を沈み込ませ、下半身主導の体重移動ができるほどの股関節の柔軟性もある。軸足でしっかりと体重を乗せ、テークバックの動きを見ると、右肘がしっかりと上がって、大きく胸を張った形ができている。腕の振りを見るとしなやかで、こうした一連の流れから放たれる直球に惚れ惚れする方も多いのだろう。

 直球の勢い、質に関してはドラフト上位クラスだ。



鈴木泰成(東海大菅生)

 ただ、今年の鈴木は変化球をしっかりとコントロールできていなかった。120キロ後半〜130キロ前半の縦横のスライダーがいずれも抜ける球が多く、直球しか頼らざるを得ない状況だった。抜きどころがないので、苦しくなりやすい。こういう投手は事前情報が少なかったり、プレッシャーが小さい試合では直球のみで圧倒できるが、駆け引きのレベルが上がる夏の決勝戦になると、汲々とした投球になりやすい。決勝戦で逆転打を許したのは必然だったといえる。

 鈴木は進学志向だという。方針によっては高卒プロでもおかしくないぐらいの素質を持っているが、故障明けで、堂々と1位にできるほどの完成度があるかといわれるとまだなく、大学4年間で、安定したパフォーマンスと実績を残して、「競合ドラ1」を狙えるレベルになってからでも遅くないといえる。

 それが狙えるほどの素質を持った投手であり、次のステージでは心技体を極め、多くのファンを驚かせるような剛腕投手に育つことを期待したい。

(記事=河嶋 宗一)