トーナメント表
・夏の甲子園の組み合わせ

関連記事
・ダントツの優勝候補の大阪桐蔭は何が凄いのか?大阪桐蔭に対抗できる優勝候補8校もピックアップ
・第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧
・甲子園注目選手

大会の詳細・応援メッセージ
・第104回 全国高等学校野球選手権大会

 第104回全国高校野球選手権(甲子園)が開幕した。今回は注目の投手たちを紹介していきたい。

日本文理の田中は期待通りのパフォーマンスを示すことができるか

日本文理・田中晴也

 まずドラフト的に圧倒的に注目を集めるのは日本文理(新潟)の田中 晴也投手(3年)だろう。この夏に、最速150キロの直球をマーク。安定して145キロ前後の速球をコントロールできるようになり、キレの良い変化球を出し入れしながら、投球できるようになった。

 成績を見ると、まだ圧倒できていないところはある。初戦の相手、海星(長崎)は強打を誇るチームだけに、抑えることができれば、一気に評価は高まる。

 富島(宮崎)・日高 暖己投手(3年)は、素材であれば大会屈指。184センチ、77キロと細身の体型であるが、躍動感のある投球フォームから投げ込む140キロ後半の速球は、伸びがあり、見ていて惚れ惚れする。今大会で大きくアピールできれば、活躍が期待できそうだ。

 大阪桐蔭の川原 嗣貴投手(3年)は、188センチの長身から繰り出す140キロ後半の直球と多彩な変化球を交えて抑える。この1年、緩急を使う投球をテーマにして、投手として成長した。好調時には、140キロ後半の速球を投げ込むだけに、甲子園でも同様な投球を見せてくれることを期待したい。

 海星(長崎)の宮原 明弥投手(3年)は、182センチ、90キロと恵まれた体格から振り下ろす直球は、140キロ〜145キロで威力十分。130キロ台のカットボールの精度の高さも超高校級だ。いきなり日本文理の田中と投げ合うことになるが、ハイレベルな投手戦が期待できそうだ。

 そして最も忘れてはならないのが近江の山田 陽翔投手(3年)だ。最速149キロの速球と、多彩な変化球で圧倒する投球は春以上に迫力があり、甲子園で大きく評価を高める可能性がある。芝本 琳平投手(社)はテークバックが大きいフォームが特徴で、140キロ後半の速球は威力抜群。この大会で大きく評価を高めることはできるか。

 智辯和歌山・武元 一輝投手(3年)は最速149キロの速球に威力があり、スライダー、カットボールも切れ味が鋭い。打者としても高校通算20本塁打の長打力を持つだけに、投打でアピールできるか。興南(沖縄)・生盛 亜勇太投手も躍動感溢れる投球フォームから繰り出す最速147キロの速球は魅力的で、変化球も鋭く、ゲームメイクが期待できる。

京都国際の森下は期待通りのパフォーマンスを見せることができるか?

京都国際・森下瑠大

 今年の左腕の最注目は京都国際・森下 瑠大投手(3年)だろう。140キロ前半の速球、切れ味鋭いスライダーを武器に京都大会決勝戦では6回1失点の好投を見せた。京都大会でも3本塁打を放っている。京都国際の小牧監督が評価するのは、嗅覚の鋭さ。スカウトが見ている試合や、ここで本塁打を打てば、三振に抑えれば、スカウトの評価が上がるぞという場面で必ず結果を残すという。スピードだけでいえば、森下を上回る高校生左腕はいるが、この勝負強さを持った投手は、なかなかいない。

 コロナ感染などで、苦しい時期が続いた京都国際だったが、勝ち進むごとに勝負強さを発揮する森下が、甲子園でも高いパフォーマンスを見せてくれることに期待する。

 森下以外にも有望な左腕投手が多い。愛工大名電の有馬 伽久投手(3年)は最速147キロを誇る速球派左腕。安定して140キロ前半の速球を投げることができ、平均球速自体は森下を上回る。タイプ的には、同校OBで2012年、世代を代表する左腕として活躍した濱田 達郎投手(中日)を彷彿させる。

 札幌大谷の森谷 大誠投手(3年)は、ガッシリとした体型から140キロ前半の速球で圧倒する。下関国際・古賀 康誠投手(3年)も147キロを誇る本格派左腕で、甲子園でその能力の高さを発揮できるか。

 四国地区を代表する鳴門・冨田 遼弥投手(3年)は140キロ前半の速球を内外角にしっかり突けるコントロールがあり、相手打者を翻弄する。昨夏、変則フォームの技巧派左腕として甲子園を沸かせた明徳義塾・吉村 優聖歩投手(3年)は、昨年よりも球威が増した。初戦は強打者揃いの九州国際大付(福岡)だが、どれだけ評価を高める投球ができるか。

(文=河嶋 宗一)