トーナメント表
・県大会の組み合わせ
・地区予選の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
・第75回 愛知県高等学校野球選手権大会
・令和4年度 秋季西三河高校野球大会 1次トーナメント
・令和4年度 秋季東三河地区高校野球 1次リーグ戦
・第75回 愛知県高等学校野球選手権大会 名古屋地区一次予選
・尾張地区秋季大会 1次トーナメント
・令和4年度 秋季知多地区高校野球 一次リーグ戦
・令和4年度 尾張地区秋季大会 2次トーナメント
・令和4年度 秋季知多地区高校野球 二次トーナメント
・第75回 愛知県高等学校野球選手権大会 名古屋地区二次予選
・令和4年度 秋季東三河2次トーナメント
・令和4年度 秋季西三河高校野球大会 二次トーナメント

選手名鑑情報はこちら
・選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
・愛知TOPページ

気になる学校への応援メッセージはこちら
・学校検索ページ

 秋季愛知県大会の組み合わせが決まった。各地区予選の上位校がシード校として振り分けられて、西三河地区の愛知産大三河、名古屋地区の中京大中京、知多地区の大府、東三河地区の豊川といった各1位校に尾張地区1位の愛知啓成が第1シードとなった。A〜D各ゾーンから上位進出校を占ってみよう。



祝昂輝、磯村新

 愛知産大三河のAゾーンは、名古屋地区上位4強に残った至学館もいる。夏から、ほとんどメンバーが一新された愛知産大三河だったが、西三河地区予選をきっちり勝ち上がってきたのはさすがだった。

 夏にベンチ入りしていた石原航河内野手(2年)、冨田康介投手(2年)らが中心となっていきそうだ。至学館はセンスのいい磯村新捕手(2年)を中心にまとまっている。この両校で、4強進出が争われそうだが、至学館のトリッキーな野球が展開されていかれれば面白い。

 ここに食い込んでいきそうなのは、成章と中部大一の勝者で、勝てば愛知産大三河に挑むことになる。また、東三河地区2位の豊橋中央も、勝ち上がって至学館に挑めば面白そうだ。このゾーンでは、岡崎工科もいる。夏から成長している永井海投手(2年)がどこまで投げられるのかも注目したい。

 中京大中京のBゾーンは、昨秋の3位校・中部大春日丘と、この夏に中京大中京を下した東浦が初戦で当たり、勝った方が中京大中京に挑む。どちらが来たとしても、中京大中京としては警戒したい相手だ。

 この秋の中京大中京は、左腕・祝昂輝(2年)とパンチ力のある江崎直人捕手(2年)のバッテリーが注目されている。夏は、ノーシードだったということもあったが、思わぬ早い敗退で終わってしまっただけに、中京大中京としては、この秋は最後まで残って、最低でも東海大会進出は勝ち取りたいところであろう。

 ここのゾーンでは西三河地区を順位決定トーナメントから勝ち上がってきた三好の戦いぶりも期待される。刈谷で実績を作った岡田 泰次監督が就任して、夏も10人の1年生がベンチ入りしており、経験を積んできている。いい形が出ればひと波乱起こしそうだ。その初戦の相手は夏の愛知大会ベスト8の星城である。この勝者が中京大中京に挑むことになりそう。ただ、愛知黎明も侮れない存在である。

トーナメント表
・県大会の組み合わせ
・地区予選の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
・第75回 愛知県高等学校野球選手権大会
・令和4年度 秋季西三河高校野球大会 1次トーナメント
・令和4年度 秋季東三河地区高校野球 1次リーグ戦
・第75回 愛知県高等学校野球選手権大会 名古屋地区一次予選
・尾張地区秋季大会 1次トーナメント
・令和4年度 秋季知多地区高校野球 一次リーグ戦
・令和4年度 尾張地区秋季大会 2次トーナメント
・令和4年度 秋季知多地区高校野球 二次トーナメント
・第75回 愛知県高等学校野球選手権大会 名古屋地区二次予選
・令和4年度 秋季東三河2次トーナメント
・令和4年度 秋季西三河高校野球大会 二次トーナメント

選手名鑑情報はこちら
・選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
・愛知TOPページ

気になる学校への応援メッセージはこちら
・学校検索ページ



宮國 凌空、東松 快征、間瀬貴聖

 昨夏ベスト4の大府は、この秋も知多地区1位校としてシード校となった。4番竹内聖人外野手(2年)の打撃力は評価が高い。また、1年生の長野晴太投手も制球力があり安定している。リードする大脇蓮司捕手(2年)も経験値は高い。ただ、このゾーンには、夏の愛知大会を制して甲子園でもベスト8に進出した愛工大名電がいる。

 夏のメンバーから大幅に入れ替わった愛工大名電だが、1年生ながら正選手として出場していた石見 颯真外野手を中心とした打線と、夏に投げた実績のある笹尾 日々喜投手(2年)や石島 健投手(1年)らの投手陣がどこまで仕上がってきているかというところである。

 この秋は、甲子園帰りの名古屋地区2次トーナメント初戦では、享栄には快勝したが中京大中京に敗れて2位校となっている。

 この両校でベスト4の座を争う確率は高そうだが、3回戦で日本福祉大付が上がってくると面白い。知多地区2次トーナメントでは大府に0対1と接戦を演じてきており、山本 常夫監督がどう雪辱の策を練ってくるのかも興味深い。また、愛工大名電に立ち塞がるとしたら東三河地区からこの秋は5位校としての進出となった桜丘か、西三河2位校で近年安定している西尾だろうか。

 もっとも混戦かと思われるのがDゾーンだ。東三河地区1位の豊川がシードの位置にいるが、尾張地区1位の愛知啓成も反対の位置にいる。さらには、そこのブロックには享栄、東邦もいる。

 夏のベスト4でもある愛知啓成だが、この秋の県大会初戦の相手は「享栄ー犬山」の勝者だ。享栄は、来秋のドラフト候補との評価も高い左腕・東松 快征投手(2年)にやや肘の不安があり、万全ではない状態ではあるが、最速145キロの磯部 祐吉投手(2年)や中井 創友投手(2年)など、投手陣の層は厚い。また、打線も高田 洸希外野手(2年)、西久保 颯捕手(1年)らを中心として分厚い。

 戦力が充実しているという点では、夏の準優勝・東邦も同じだ。岡本 昇磨投手(2年)が投打の軸となりそうだが、中日の石川 昂弥(東邦出身)の弟瑛貴捕手(2年)が主将となった。打撃力も兄にも負けないパワーがあると注目されている。

 この山には、猿投農林・人環大岡崎もいて混戦模様となりそうだ。そして、ベスト4を争うとみられる豊川にも、くせ者の安城と豊田大谷の勝者、さらには西三河の公立の雄とも言っていい西尾東などもいて、豊川としても息は抜けない。

 ここのゾーンから上がってきたところが、最終的に秋の愛知県を制するような気がしてならない。

(文=手束 仁)