子安秀弥投手

 今夏神奈川大会で準優勝した東海大相模の新チームも投打ともに戦力が揃う。

 夏の大会から注目度は高かったが、潜在能力が高い。新チームの陣容について紹介していきたい。

 投手では子安 秀弥投手(2年)がエースとして君臨する。常時130キロ後半〜140キロ前半の速球に切れのあるスライダーで翻弄し、ゲームメークを行う。フィールディングもうまく、総合力が高い。今年の神奈川を代表する投手だ。

 他では本格派左腕・高清水 慧吾投手(2年)や、191センチ、78キロの大型左腕・藤田琉生投手(1年)に加え、ゲームメーク能力が高く、完成度の高い投球を演じる高橋侑雅投手(1年)も控える。ここぞという場面では子安だが、藤田、高橋といった下級生投手たちも経験を積めているのは大きい。苦しい試合を味わってどんどん大きくなってほしい。

 打線では及川 将吾内野手(2年)、山内 教輔外野手(2年)のスピード感が他の野手と比べても一歩先を行っている。及川の二塁守備は、視野が広く、守備範囲の広さも光り、1人だけ群を抜いている。打者としてもミートセンスが高く、粘り強い打撃ができる。どの試合でも最低限の仕事をしてくれる頼もしい打者である。

 山内は中学時代からスラッガーとして活躍。前チームでは主軸打者として大きな活躍を見せ、この秋は1番センターとしてチームを牽引している。中学時代は好左腕として活躍していたこともあり、抜群の強肩を持つ。フォームもコンパクトなので、コントロールも安定している。何より打撃はフルスイングをしながら、コンタクト力が高い。本塁打も打てるが、逆方向に長打が打てる。積極的な走塁で、次々と進塁を狙う。走攻守のバランスの良さは、ドラフト候補として注目されてもおかしくない。

 原監督は及川、山内のスピードある動きについて高く評価。新レギュラーの模範になってほしいと期待を込める。



松本ジョセフ内野手

 小技もできて、1年生ながらどっしりとした守備ができる木村 海達捕手には安定感があり、才田 和空遊撃手(1年)の守備は、まだ荒削りながら、スピーディーな動きが光る。

 スラッガー・松本ジョセフ内野手(2年)が成長を遂げている。桐光学園戦で特大本塁打を放った。まだ、守備など課題はあり、守備重視の指揮官にとっては起用に悩むタイプだろう。ただ原監督はあえて目をつぶって、自慢の長打力を開花できるよう、スタメンとして起用しているように感じる。

 試合を重ねるごとに、徐々に持ち味を発揮。巧打者タイプが多い今年の東海大相模打線の中では、貴重な大砲タイプとして存在感を示している。

 シャープな打撃が光る板垣 拓心外野手(2年)、下位打線ながら成長著しい左打者・安達 琉希内野手(2年)と能力が高い打者も揃う。

 今年の東海大相模は素質の高い選手が多く揃っているが、試合運びを見るとまだ「若さ」を実感する。原監督は個性がある選手についてはそれを伸ばしつつ、実戦力が高く、視野が広い選手については、チームを俯瞰して見る動きを求めているように感じる。

 個を殺さず、選手のカラーを引き出している今年の東海大相模は見ていてワクワクする。果たしてこの秋はどこまで勝ち進むことができるか。

(記事=河嶋 宗一)