大阪桐蔭が秋の近畿大会連覇達成戦いながら育成をして連覇を果たした大阪桐蔭

 エース・前田 悠伍投手(2年)を中心としたチームビルディングをしている大阪桐蔭(大阪)。これまでの世代と比較すると、異なる点が多々見られた。

 野手陣に関しては、2番の山田 太成外野手(2年)と3番の徳丸 快晴外野手(1年)以外は、ほとんど固定せず、4番打者に関してはラマル ギービン ラタナヤケ内野手(1年)や南川 幸輝捕手(2年)、佐藤 夢樹内野手(2年)といったあたりが座り、競争を兼ねていたことがわかる。上位から下位まで確約はほとんどない状況だからこそ、各試合で活躍する選手が日替わりで出てきたのだろう。

 秋季大会を見ると起用された選手は、その試合でしっかりを結果を残していたこともあり、野手陣の層の厚さを再確認できたのではないだろうか。

 投手陣に関しては、準決勝以外は前田が先発した。その前田のピッチングが目立った中で、準決勝では細かい継投策で龍谷大平安(京都)に勝利した。これまでの大阪桐蔭を見ると、ショートイニングの継投策は珍しいことだった。2012年や2018年の投手陣は先発として、長いイニングを投げられる投手が揃っており、まさにローテーション化が可能だった。その世代と同様に、今年3年生の世代の川原 嗣貴投手や別所 孝亮投手、前田の投手陣も、かなり自信があったのではないだろうか。誰が見ても盤石な布陣であり、3投手とも先発として長いイニングを投げられる投手だった。しかし、夏の甲子園準々決勝の下関国際(山口)の打線に攻略され逆転負けを喫した。その夏の甲子園で優勝を果たした仙台育英(宮城)や、春季近畿大会に敗れた智辯和歌山(和歌山)に勝利した國學院栃木(栃木)は細かい継投策が目立った。

 大阪桐蔭からするとその印象が強かった可能性は高い。これまで通りの投手育成と運用で夏を制覇できなかったことは大きかったのではないだろうか。その影響もあったのか、前田が登板しなかった秋季近畿大会準決勝では、かつては見られなかったショートイニングで5人の投手を繋いで勝利。特に2番手の南 陽人投手(1年)は好リリーフを見せた。前田が投げなかった試合で、この勝利は1勝以上の価値を見出したといっても過言ではない。実戦経験があまりない投手が底上げされた試合だった。その相手が、龍谷大平安だった点も大きかっただろう。

 この試合に勝利した5人の投手は全員140キロ台を記録したが、大阪桐蔭は6人の投手が140キロ台を記録したこととなる。下記が6人の投手の球速だ。

前田 悠伍:148キロ
南 陽人:145キロ
南 恒誠:145キロ
平嶋 桂知:144キロ
松井 弘樹:143キロ
境 亮陽:141キロ

「140キロセクステット」を確立。現状は前田頼みではあるが、このような勝ち方を確立していければ、明治神宮大会とセンバツ2連覇に近づいていけるだろう。

ベスト4が名門揃いになった今大会

 今大会は優勝した大阪桐蔭はもちろんのこと、準優勝の報徳学園(兵庫)、ベスト4の智辯和歌山と龍谷大平安といった名門校が勝ち進んだ結果となった。近年の近畿勢は高いレベルの野球をしているが、ベスト4に残った高校は全て甲子園の優勝を経験している。この4校が残っている状態は、甲子園のベスト4といっても不思議ではない。

 やはり、頭ひとつ抜けていたのは大阪勢だ。報徳学園は、その大阪勢の2校と対戦したが、履正社(大阪)には打撃戦の末勝利。9対6と接戦となり、履正社の打撃力の高さが分かる試合となった。決勝の大阪桐蔭には、前田に完封負けを喫した。ただ、準決勝では智辯和歌山にも9対5と打撃戦を制した報徳学園は、センバツに向けて楽しみなチームの一つである。その報徳学園に敗れた智辯和歌山は、打撃力の高さはもちろんのこと、複数人の投手を擁している。投手陣が底上げされたら、大阪桐蔭の投手陣のように、さらに化ける可能性が高いチームになるだろう。

(文=ゴジキ)