沖縄尚学・東恩納

トーナメント表
・明治神宮大会の組み合わせ

気になる学校への応援メッセージはこちら
・学校検索ページ

大会の詳細・応援メッセージ
・明治天皇御誕生百七十記念 第五十三回 明治神宮野球大会 高校の部
・明治天皇御誕生百七十記念 第五十三回 明治神宮野球大会 大学の部

選手名鑑情報はこちら
・選手名鑑一覧ページ

 第151回九州地区高校野球大会で鳥栖(佐賀)、明豊(大分)、海星(長崎)、長崎日大(長崎)を下し見事3度目の秋九州王者となった沖縄尚学(沖縄)。9年ぶりに参戦する明治神宮大会では、強豪・仙台育英(宮城)との対戦が決まっている。沖縄尚学がどのようにして九州を制覇したのか紐解いてみよう。

打線の枢軸は前チームでも中心

 夏の選手権沖縄大会。打順の多少の移動はあったものの知花 慎之助外野手(2年)、仲田 侑仁内野手(2年)、川満 渚生内野手(2年)の3人がほぼクリーンアップを務めていた。中でも仲田は打率.450の成績を残し、比嘉公也監督の中でも「知花が出て仲田、川満で返す」という三銃士が中心となる理想布陣を描いていたはずである。

 実際、秋の大会での沖縄尚学の得点力は群を抜いていた。決勝の日本ウェルネス沖縄から2ケタ10得点。準決勝の興南からも8得点と、2回戦からの全5試合で47得点をマーク。1番に座った知花が打率.674。3番・仲田は6割ちょうど。4番・川満も.524と、3人で.585を記録して優勝した。

明豊戦で三銃士苦戦も救世主登場

 迎えた九州地区高校野球大会。初戦の鳥栖戦で、知花が名を挙げる。1回裏の打席でホームランを放つと、3回の先頭打席でも柵越えする派手な2打席連続アーチ。つられるように仲田も7回に左越えのソロアーチを放ち快勝。明豊戦へ向けて幸先良いスタートを切った。

 その明豊戦。知花、仲田、川満の三銃士合わせてたった2安打と、徹底的にマークされていた。2対2のまま苦しい展開だったが、チーム浮上に欠かせないラッキーボーイが登場。その意外な選手こそエース東恩納 蒼投手(2年)だった。

 明豊戦の9回裏、先頭打者で打席に入ると左前安打で出塁。主将の9番・佐野 春斗内野手(2年)の適時打でサヨナラのホームを踏んだ。

 準決勝の海星戦でも粘り強く渡り合う沖尚ナイン。6回に逆転され、県大会を通して初めてのビハインドとなったが、7回に暴投で1点差に詰め寄っての9回裏で、勝負強さを見せつける。

 1番・知花からの好打順で期待に応える右前への安打。その後、犠打と死球で一、二塁とし4番・仲田がセンターへ運び満塁。そして打席の東恩納が0ボール2ストライクから6球ファウルで粘ると最後はライトへ。二塁走者まで一気に生還し派手な2試合連続サヨナラ勝ちを収めた。

 そして決勝戦。3点のビハインドを追う4回、やはり知花が起点となり仲田が返す理想的な得点。後続にも連続適時打が生まれて同点に。一旦突き放されたが7回、1死一塁から東恩納が代打で登場すると中前へ運びチャンスを広げる。ここで知花が同点二塁打。さらに佐野にも適時打が出て逆転に成功すると、9回にも加点。連日の疲れを考慮し、6回までベンチだった東恩納も、終盤3イニングを危なげなく投げきって、見事、春秋合わせて5度目の九州王者に輝いたのだった。

攻撃力

 走力はあるが、個々の盗塁数は極めて少ない。知花、仲田の替えはいないが、秋の県大会で5割以上の打率を誇る川満でさえ、代役の選手たちが結果を残すなど、ベンチ入り全体の選手層の厚さは歴代のチームに比べても1、2を争うほどではないかと見る。仮に打撃不振に陥った川満が復調し4番に座れば、真の強豪が揃う明治神宮野球大会でも渡り合えるのではないか。

投手・守備力

 投手の柱は東恩納。2番手の育成が急務なのが唯一の不安。球の力強さだけなら右腕・照屋 希空投手(2年)と儀部 皓太朗投手(2年)も及第点をつけられるが、大舞台での経験のなさ=その日のピッチングでしか判断できない難しさはある。左腕・上原 秀介投手(2年)は打たせて取る軟投派ゆえに、長いイニングを任せると2巡目で捉えられてしまう。

 守りは秀逸。初戦の鳥栖戦こそ2失策してしまったが、明豊、海星、長崎日大との3試合連続無失策を記録。遊撃手・宮平 良磨内野手(2年)、二塁手・佐野、中堅手・知花のセンターラインは守備範囲も広く球際の強さ、巧さもなかなかのものだ。

(文=當山 雅通)

【九州大会のベンチ入りメンバー】

1 東恩納 蒼投手(2年)
2 大城 和平捕手(2年)
3 仲田 侑仁内野手(2年)
4 佐野 春斗内野手(2年)
5 川満 渚生内野手(2年)
6 宮平 良磨内野手(2年)
7 玉那覇 世生外野手(2年)
8 知花 慎之助外野手(2年)
9 糸数 幸輝外野手(2年)
10 照屋 希空投手 (2年)
11 上原 秀介投手(2年)
12 大城 龍紀内野手(2年)
13 奥谷 壮太内野手(2年)
14 永吉 盛空内野手(2年)
15 中里 大輔外野手 (2年)
16 石川 純平外野手(2年)
17 當銘 雄人外野手(2年)
18 儀部 皓太朗投手(2年)
19 伊波 慶治朗投手(2年)
20 伊智 司耀矢投手(1年)