初出場の大分。攻守の原動力として活躍したのが正捕手・江川 侑斗だ。九州ナンバーワンキャッチャーとして注目される江川は巧みなインサイドワーク、高いキャッチング技術、正確なスローイングは一級品で、大分のライバル校の選手が「江川のスローイング、キャッチングがすごい」と口をそろえる。江川はいかにして高い技量を身につけたのか。その秘密に迫る。

捕手の魅力は小学校の時から気づいた

江川侑斗

 小学校2年から捕手の魅力に取りつかれた。

 松岡少年野球クラブ(軟式)では、捕手以外では、投手・三塁手・一塁手をこなしたが、なぜ捕手が一番気に入ったのか。
 「捕手は他の野手と比べて見ている景色が違いますし、自分で試合を動かして、チームの要になるポジションだと思います。そこでプレーするところに惹かれて捕手にはまりました」

 また捕手としての力量は中学野球の関係者の目に留まり、大分中からの誘いもあって受験し、見事に合格。大分中が運営する大分明野シニア(現・大分中学リトルシニア)に入部する。

この3年間は捕手として学ぶ3年間だった。
 「特に学んだのは配球ですね。監督さんから基本的な配球と勝負に行くときの強気の配球を教えていただき、大きく成長ができました」

 正捕手としてチームを引っ張り、春、夏の全国大会に出場し、さらにシニア全国代表にも選ばれる。そこで得たものは大きかった。
「みんなレベルが高くて、技術が高い選手が多くて、試合をする楽しさがありました」

 その中でも東海大相模の左腕・野口裕斗のボール、東海大菅生の成瀬 脩人のセンスの高さに驚かされたという。中学3年間は江川にとって濃い3年間だった。

 そのまま大分高に入学した江川は2年春にベンチ入り。打率を残せる打撃と声でアピールをして、夏にはレフトでスタメン出場するも、初戦敗退。
 「夏の甲子園を狙っていたのに、初戦敗退したのは本当に悔しくて、本当に落ち込んで、敗退した日はなかなか眠れませんでした」

 試合翌日もなかなか切り替えられずにいたが、先輩からの励ましもあり、秋は捕手として甲子園を目指そうと心に決めたのだった。

新チームでは扇の要としてチームを引っ張ることを決めた

バッティング練習中の江川侑斗

 新チーム後、江川は投手と対話しながら、捕手という立場から投手を成長させる手伝い、そして守備の要としてチームを引っ張っていった。特に冴え渡ったのはインサイドワークだ。大分のエース・長尾凌雅は常時120キロ台と決して速くないが、制球力とコンビネーションが優れた右投手だった。江川はそういう投手をリードする方が楽しいと語る。

 「150キロを出る投手であればそれほど考える必要はなく、抑えられると思うんですけど、球速がないからこそ、どうやって抑えられるかを考えるのが楽しいです。長尾と組んだからこそ捕手として成長できたと思いますし、また長尾とは小学校からバッテリーだったので気心は知れていて、呼吸はぴったりでした」

江川が語るキャッチング・スローイング論

インタビューに答える江川侑斗

 特に緊張したのは、九州予選の準決勝・日本文理大附戦、決勝・明豊戦だ。
 「この2試合は失投や判断ミスが許されない試合展開でした。配球だけではなく間の取り方、声掛け、ポジショニングの指示などいろいろなことに頭を使った試合でした」

 また捕手に大事な観察力は日々の生活、行動によって養うことが大切だと語る。
 「観察する部分は日常生活で鍛えられると思います。日常生活で誰が何を考えているのか、相手の行動を読んで、何かをする。それを常に考えることで、自然に備わったと思います」

 大分高のグラウンドには自己啓発を目的として、いろいろな言葉が貼りだされている。それを目にする、口にすることで人間力は鍛えられているのだ。

 江川は高いキャッチング技術、スローイング技術が注目されるが、そのコツについて解説してもらった。まずキャッチングは古田敦也氏の動画を参考にしながら身に着けた。

 「中学時代に古田さんの動画を見て凄いと感じたことが始まりです。他では谷繫(元信)さんのキャッチングで良い部分があれば、参考にしましたし、アレンジを重ねた結果、現在の形となりました。意識しているのは審判から見やすい捕球であること。捕る位置は変えないんですけど、捕るまでの過程でアウトコース、インコースによって少し内に寄って、外に寄ったりと変えていきます。ここでダメなのは捕ってからミットをずらすこと。練習法としてはマシン相手に何度も捕球する練習をしてきました」



江川侑斗

 また自信のあるスローイングは二塁送球で最速1.80秒を計測するが、ポイントは左足だ。

 「いくら肩が強くても投げるまでのタイミングが遅ければ、タイムは縮まりません。肩を強くすることはなかなかできないと思うので、タイムを縮めるにはステップが大事だと思います。自分の場合、甲斐(拓也)選手の捕球する前から左足を入れてスローイングする方法を昨秋から参考にしましたが、2年秋は盗塁を刺すことができました」

 公式戦8試合で許盗塁はわずかに2つ。ほぼ守り続けて2盗塁しか許していないのだから、どれだけ素晴らしいかがわかる。

 この冬場は打撃強化に取り組んだ。松尾監督からマンツーマン指導を受けながら、打撃力アップを目指している。またブルペンでも長尾以外の投手を受け、コミュニケーションを図ってきた。

 こうして好奇心旺盛な姿勢で、九州ナンバーワン捕手と呼ばれる存在となった江川。もちろん同世代の捕手は強烈に意識している。

 「かなり意識します。智辯和歌山の東妻 純平、星稜の山瀬 慎之助。甲子園には出ていないんですけど、近江の有馬 諒。彼らに負けたくない思いは強いですし、今年は江川 侑斗がいることを見せつけたいと思います」

 捕手が脚光を浴びるには、勝ち続けることが一番。初出場の大分が躍進を見せたとき、誰もが江川 侑斗に注目するはずだ。

文=河嶋 宗一