今年の高校生捕手は人材豊富といわれている。プロ志望届を提出した山瀬 慎之助(星稜)、東妻 純平(智辯和歌山)、水上 桂(明石商)など。その中で評価を大きく上げているのが藤田 健斗(中京学院大中京)だ。

 今夏の甲子園では4番キャッチャーとしてベスト4に導いた。その藤田の魅力はスローイングタイム1.8秒台の強肩、高校通算23本塁打の長打力だ。いかにして藤田はドラフト候補にまで上り詰めたのか。

硬式球の対応に苦しみながらも、1年生春からベンチ入り。そして不動の正捕手へ

藤田健斗(中京学院大中京)

 滋賀県出身の藤田が野球を始めたのは小学校2年生から。野球を始めた時から捕手だった。実際にプレーし始めて、捕手の難しさをすぐに感じた。
 「大変なポジションだと思いましたね。やはりうまくなるには試合にたくさん出て覚えるしかありませんでした。試合をこなす中で心がけていたことは、監督さんから教わったことを実践できているか。監督さんからのアドバイスを試しながら試合をこなしていました」

 そして中学に進むと、中学軟式の強豪クラブ・滋賀ユナイテッドJボーイズに所属。近畿大会出場に貢献する強豪クラブの正捕手として活躍を見せていた。ただ藤田は「レベルの高い大会に進むと、自分よりうまい捕手、肩が強い捕手はいくらでもいましたし、慢心になることはなかったです」と振り返る。

 それでも中学時代の藤田を高く評価していた人がいた。それが中京学院大中京を率いる橋本監督である。藤田は橋本監督を通じて、中京学院大中京に進むことを決める。
 「まさか自分が県外のチームに声をかけられるとは思いませんでした。それでも県外に進むことは声をかけられる前から決めていました。そして高卒プロを目指すために中京に入ることを決めました」

 入学すると、1年生春の県大会からベンチ入りを果たす。藤田にとっては驚きのベンチ入りだった。ただ高校から硬式を始めた藤田は、レベルの高さに戸惑う毎日だった。
 「硬式と軟式ではバウンドの跳ね方も全然違いますし、リードなど、まるでほかの競技をやっている感覚になりました。それでも先輩や監督さんからキャッチング、リード、スローイングを教わり、試行錯誤しながら、毎日を過ごしていました」

 

 キャッチングでは「待って捕る」ことを心がけた。構えたとき、左手で捕りにいく動作をしてしまうと、うまく捕球ができない。なるべく構えた位置でボールを待つことにした。そして自慢のスローイングのコツは慌てないことだ。

 「自分は細かいことは意識していないですが、とにかく慌てないことに集中しました。ボールを受け取って、セカンドに到達した時のタイムが1.8秒台でも、セカンドに入った選手がタッチしにくい場所に投げても意味がないので。それなら1.9秒台で、一番タッチしやすい場所に投げることが大事です」

 慌てないで投げてもスローイング1.9秒台。「自分より肩が強い捕手はたくさんいる」と謙遜する藤田だが、やはり一級品のスローイングを投げられる捕手である。

佐々木朗希のボールを受けた経験は財産になった

藤田健斗(中京学院大中京)

 本人は高校生のレベルの高さに苦労しながらも、周囲からの評価は高く、1年生の秋は4番キャッチャーとして東海大会4強入り。2年生の春も、秋に続き東海大会出場を果たした。夏の大会が終わり、満場一致で藤田を主将に抜擢。1学年下のエース・元 謙太も「健斗さんは存在感があって、グラウンドに出るだけで引き締まります」と全幅の信頼を置いていた。ただ本人にとっては苦しい日々だったと振り返る。

 「新チームが始まってからうまくいかないことの連続でしたし、勝てないことが多くて。
 主将をやらせてもらっていて悩む時期も多かったです。僕とエースの不後 祐将以外といっていいほど、前チームに出ている選手が少なく、試合の経験値も少なくて。選手たちの経験不足なのか分からないですが、バタついた試合になることが多かったですね」

 それでも秋も東海大会ベスト4進出。しかし藤田は全く手ごたえのない大会だったと振り返る。チームの実力以上に勝っていると思っていたのだ。

 「なぜか勝っている感じだったんですよね。今、振り返れば、東海大会準決勝で負けてよかったと思います。もし東邦に勝ってセンバツに出場していれば、慢心して夏は勝てなかったと思います。あの試合で負けたからこそ、冬のきつい練習も頑張れましたし、みんなも『夏に勝ちたい』という執着心がついたと思います」

 冬の間はウエイトトレーニング、走り込みなど猛練習で基礎力をつける日々。そしてそんな藤田にある一報が届く。4月に開催される高校日本代表の研修合宿の代表候補に選ばれたのだ。1年生秋から正捕手として活躍し、チームを3季連続東海大会に導き、2年生秋が終わった時点で高校通算20本塁打を放つ。東海地区屈指の捕手として評判だった藤田は実績面、能力面から見ても選出は文句なしであった。

 

 そして藤田はこの研修合宿で、捕手ならば誰もが羨む経験を味わう。今年のドラフトの目玉・佐々木 朗希(大船渡)の163キロを受けた捕手となった。佐々木の速球の凄さについて興奮気味に語る。

 「まさに唸っていましたね。指が離れた瞬間に僕のミットにボールが入っていました。まさに漫画みたいで、MAJORの主人公・茂野吾郎のストレートを実際に受けている感覚でした」
 また、全国から集まった候補選手の捕手を間近で見て、自分の立ち位置を明確にした藤田はさらに攻守のレベルアップを目指した。そして主将の立場からチームメイトへ日本代表候補の取り組みや経験したことを語った。

 そんな中、チームに危機が訪れる。なんと春季県大会後、野球部寮で感染症が蔓延し、寮に住む部員の半数が感染。藤田は幸い罹患しなかったが、それでも夏前に大きなアクシデントだった。だが、藤田はこの機会をプラスととらえて、飛躍のきっかけとしたのだった。

(取材=河嶋 宗一)