明治神宮大会優勝の中京大中京の正捕手・印出 太一。183センチ80キロと恵まれた体格を持つ強打の捕手だ。小学校時代は中日ジュニアを経験。さらに中学時代は世界大会を経験。逸材揃いの中京大中京の中でもここまでの実績はピカイチだ。

 そして高橋源一郎監督から男気溢れる選手と評価され、主将を務めてチームを引っ張る選手だ。そんな印出の歩みを負った。

中京大中京に進むきっかけは

印出太一(中京大中京)

 印出の野球の出会いは、小学校2年生から。捕手一筋の人生を歩んできた。その才能は小学校の時から突出しており、小学校6年には、中日ジュニア入り。そのチームには中京大中京のエースとなる高橋宏斗もいた。当時、2番ショートで小柄だった高橋は印出の印象について、「本当に体が大きくて長打力もある選手でした」と振り返る。

 そして強豪の東海中央ボーイズに進み、1年生時にはしっかりとトレーニングを積んで、体がさらに大きくなった印出は2年に、レギュラーとなり、3年生になると、東海地区でも指折りの捕手として注目される。

 印出は中日本選抜に選ばれて活躍を見せ、ボーイズ日本代表に選ばれ、世界大会を経験。数多い勧誘がある中、中京大中京を選んだのは、小学生時代、中京大中京の2009年の甲子園優勝を見ていたのがきっかけだった。ただここまでの志望動機はよくあるケースだろう。

 なんと印出は挨拶に訪れた高橋源一郎監督に、「監督を日本一の男にします」と宣言したのだ。高橋源一郎監督にとって感激の一言だ。
 「いや嬉しかったですね。大人に言わされているんじゃないかと思いましたが(笑)。ただ嬉しくて涙が出ましたね。40近くになるおっさんが中学3年生にこんなことを言われるのは初めてでしたから」



印出太一(中京大中京)

 印出は当時の状況についてこう語る。
 「しっかりと目標を掲げることが大事だと思い、あの言葉を言わせていただきました」

 この話を聞いたエースの高橋 宏斗は、「自分は、まだそんなことを言える実力も、自信まだなかったので、素直に凄いと思います」と感心していた。

 印出は1年春の練習試合から主力チームの中で起用され、打撃で結果を残し、存在感を示し、下級生までは打撃力の高さを評価され、捕手の練習をしながらも、試合では一塁手として試合に出場し、公式戦の経験を積む。

 そして2年夏の大会前に高橋監督から正捕手を務めることを言い渡される。一学年上は旧チームから活躍している関岡 隼也という好捕手がいる中での抜擢に、「先輩の夏を終わらせるわけにはいかないと思いましたね」と強い気持ちをもって夏に臨んだ。

 正捕手を任されることになってから、印出は関岡から教えをこいた。
 「スローイング、フットワーク、ボディストップなど基礎的なものレベルが高い方でしたので、そういう基本を学ばせていただきました」

 先輩のアドバイスもあり、正捕手として活躍し、準決勝まで勝ち進んだが、誉戦で敗れ、甲子園出場を逃す。この試合が印出にとっても、チームにとっても、優勝につながる試合だった。

明治神宮大会優勝も、まだ自分は実力不足

印出太一(中京大中京)

 印出はあの試合が一番悔しい試合だったと振り返る。
 「あの試合は自分のリードミスで負けてしまいましたし、打撃でも全く貢献ができなかったので、ふがいなく何もできなかった。一番悔しかった大会でしたので、新チームに生かそうと切り替えました」

 そして印出はリーダーシップもあり、高橋監督の前で、「日本一の男にします」と宣言したように男気溢れる性格を評価されて、主将に就任。印出は絶対にあきらめないチームにするために、試合中はベンチ内でしっかりと声を出し、特に劣勢時は諦めない雰囲気を作らせることを心掛けた。

 そういう中で、愛知県大会、東海大会でも圧倒的な力を示し、優勝。新チーム時に目標を掲げていた明治神宮大会も優勝を決めたが、その中でチームとして大きい勝利だったと印出が挙げたのは準決勝の天理戦だ。

 劣勢な状況の中、追いついて勝利をものにした試合について印出は
 「まずエラーがなかったのが良かったと思います。ベンチの雰囲気はとても良かったのでそこはその雰囲気を作った控え選手、ベンチ外の選手に感謝しています。あの試合は4点ビハインドでも、雰囲気がシュンとすることはなかったですし、ここから焦ることはなく、自分たちのやることを忘れずにできたのでひっくり返すことができたので成長できたと思います」

 チームの成長をたたえた。しかし個人では攻守ともに課題が残る大会となった。まず打撃は、腰の開きが早くなり、芯から外した打球が多かった。その点について印出は
 「足の挙げ方が少し大きくなりすぎていたので、この冬で修正しながら、スイングの力をつけながらしっかりと打てるようにしていきたいと思います」



印出太一(中京大中京)

 高橋監督も「本来はミート力が高い選手なのですが、長打を打つ意識が強すぎて持ち味が失われていたのかなと思います。そういう経験もよかったと思います」

 また捕手としての課題も見つかった。リード面ではエース・高橋が「首を振ったことがない」というぐらい全幅的に信頼されている印出だが「捕手のスキルが全般的に低いと感じました。特にスローイング面は持ち替え、送球の速さがないので、その点を鍛えていければと思います」

 高橋監督は印出の将来性についてこう話す。
 「体格も優れておりますが、まだフィジカル面に弱さがあります。そういうところを解消していけば、高校になるか、大学になるかは分かりませんが、爆発的にパフォーマンスを伸ばせる可能性を持った選手だと思っています」

 

 この1年は春夏連覇を目指すと決意を固めた印出。神宮大会優勝直後、高橋監督からこう声をかけられた。
 「印出、俺が欲しい日本一はこの日本一じゃないぞ!分かってるよな!」
 「もちろんです!」

 高橋監督を日本一の男にするために、訪れる全国の舞台で、獅子奮迅の活躍を見せる。

(取材=河嶋 宗一)

関連記事
◆他のインタビュー記事はこちら!
◆2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 準決勝 天理戦の熱戦レポート
◆高橋宏斗のインタビューを読む⇒小柄な2番ショートが高校1年までの4年間で146キロ右腕になるまで