九州地区のボーイズリーグで、好打者として名前が上がる選手の一人が飯塚ボーイズの中尾湊選手だ。広角に強い打球が打てる打撃センスに加えて、守備では三塁から矢のような送球を見せるなど、高い身体能力が持ち味の選手だ。

 小学生時代には福岡ソフトバンクホークスジュニアに選出され、また元西武ライオンズ監督の森祇晶氏の親戚でもある中尾選手だが、これまでの成長や高校野球での目標についてお話を伺った。

1年春から公式戦を経験し自信を掴む

中尾湊選手(飯塚ボーイズ)

 社会人野球までプレーしていた父・豪さんの影響で、幼い頃から野球に興味を持っていたと振り返る中尾選手。小学校に入学する前から、少年野球チームの千代ウイングスの練習に参加し野球の楽しさを感じていた。

 チームでは、センスの高さと肩の強さを見込まれて投手と遊撃手を任される。
 小学校6年生に上がる頃には球速は125キロにまで達し、速球派右腕として福岡ソフトバンクホークスジュニアに選出された。

 「(NPBジュニアチームが激突する)NPB12球団ジュニアトーナメントでは、すごい選手が集まる中で自分はピッチャーとして対戦できてとても楽しかったです。チームメイトとも競い合える環境だったので、負けないように努力しないといけないと感じていました」

 小学校を卒業後、中尾選手はジャイアンツカップ優勝経験もある強豪・飯塚ボーイズに入団する。北九州市の自宅から、練習グラウンドのある飯塚市までは車で40分ほど。通うのは決して楽な距離ではなく、また両親のサポートも必要になるが、それでも中尾選手は自主性を重んじるチームの雰囲気に惹かれて入団を決意した。



中尾湊選手(飯塚ボーイズ)

 「体験に行かせていただいた時に、飯塚ボーイズはみんなが自分で考えて練習をするチームだと感じ、そこが良いなと思って入団しました。特に冬場は平日は練習が無く自主練になるので、そこでしっかりと練習すれば周りにも差をつけることができます」

 小学生時代は速球派投手として活躍した中尾選手だったが、実は将来的には野手として活躍したいという思いを密かに秘めていた。飯塚ボーイズに入団後は、投手ではなく野手としてプレーしたい思いを監督に伝え、強肩を活かすために三塁手としてプレーすることに。

 元々、福岡ソフトバンクホークスジュニアでも1番打者を任されており、打者としての才能も発揮していた。入団直後から3年生の選手たちに混じってプレーし、4月のミズノ旗争奪九州選抜大会では「1番・三塁」で先発出場を果たした。

 「1年生から試合に出させていただいて、その時に色んな凄いピッチャーと対戦することができました。それが一番成長に繋がったと思いますし、そこで結果も残せて自信を持つことができました」

課題の守備をコーチや父、そして森祇晶氏に教わり克服

中尾湊選手(飯塚ボーイズ)

 鮮烈なスタートを切った中尾選手だが、その後プレーする中で課題も少しずつ見えてくる。小学生時から遊撃の守備は経験していたが、メインはあくまで投手。三塁の守備も飯塚ボーイズに入団してから始めたため、守備でミスが目立つようになってきたのだ。

 守備力向上の必要性を感じた中尾選手は、チームのコーチや父・豪さんに守備を基礎から教わり、また練習が終わった後も、Youtubeでプロ野球選手の守備の動画を見ることを心がけた。中でも、源田壮亮選手(埼玉西武)や井端弘和さん(元中日など)の守備の動画は非常に参考になったと語り、真似できる動きはどんどん自分に取り入れていった。

 「コーチや父からは、ゴロを捕る際はボールを上から見ずに下から見るように教えていただき、捕球姿勢を一から練習していきました。
 また源田選手や井端さんの動画では、足の運びやボールとの間の取り方がとても参考になり、練習でも意識するようにしました」

 また、親戚である元西武ライオンズ監督の森祇晶氏からもアドバイスをもらうこともある。
 自主練習の動画を送り、居住先のハワイからビデオ通話で身振り手振りを交えた指導を受けており、基本を大事にすることを教わってきた。



中尾湊選手(飯塚ボーイズ)

 指導者や親族の手厚いサポートがあり、そして地道な努力を続けた結果、中学3年生になる頃にようやく守備でも自信が持て始めたと話す中尾選手。守備でのミスはほとんど無くなり、持ち味の打撃でも強打の2番打者として活躍中だ。
 来年からは高校野球の舞台でプレーすることになるが、強打と堅守を武器にチームの中心選手として活躍したいと意気込む。

 「目標としているのは、森 友哉選手(埼玉西武)のような打撃です。広角に長打が打てるところが凄いなと思っているので、森選手のような打撃ができるようになりたいです。
 最終的には日本代表に選ばれたいという気持ちがありますが、まずはチームを引っ張っていけるような存在になりたいです」

 飯塚ボーイズと言えば、これまで高濱 祐仁選手(横浜出身・北海道日本ハム)や浅田 将汰投手(有明出身・横浜DeNA)といったプロ野球選手を輩出し、現在も浦和学院の美又 王寿がドラフト候補として名前が挙がっている。
 偉大な先輩たちに、中尾選手も続くことができるか注目だ。

(取材=栗崎 祐太朗)


関連記事
◆九州に現れた最速138キロの本格派右腕・武内涼太(久留米東ボーイズ)伸びしろは無限大
◆セカンド送球は1.9秒台。スワローズジュニアにも選ばれた本田凌太(浦和シニア)が目指すのは「打てる捕手」
◆最速138キロのみちのくの剛腕 近藤悠人(宮城仙北ボーイズ)の持ち味は「強気に攻めるピッチング」