2年前に、当時高知中だった森木 大智(高知高)が軟式ながら中学生史上最速の150キロを記録して大きな話題を呼んだが、今度は栃木県に軟式の剛腕投手が現れた。それが小山城南中の盛永智也投手だ。

 昨秋は栃木県中学校軟式野球大会を勝ち抜いて、春の全国大会への出場権を獲得。新型コロナウイルスの影響で大会は開催されなかったが、180センチ74キロと中学生としては恵まれた体格から投げ込む速球は144キロを記録するなど、スケールの大きな本格派右腕として注目を集めている。
 そんな盛永投手に、これまでの成長と将来の目標を伺った。

成長の糧になったスワローズジュニア落選

盛永智也投手(小山城南中)

 小学校1年生時に、兄の影響から小山城南クラブで野球を始めた盛永投手。投手は3年生から本格的に始めたが、始まりはあまりにも突然のことだったと振り返る。

 「小山市内の小学校3年生以下の大会があり、そこでマウンドに上がったことがきっかけで本格的に投手を始めました。それまでは投手の練習もしたことがなく、ピンチの場面での登板でしたが、そこで抑えたことで本格的に投手をすることになりました」

 ピンチの場面を抑えたことで投手としてのやりがいを見出た盛永投手は、そこから順調にステップアップを重ねていく。「もっといいピッチャーになりたい」という思いで毎日の練習にも意欲的に取り組んでいき、球速も制球力も右肩上がりに成長。

 小学校6年生時には、マクドナルド・トーナメントの栃木県予選でベスト8に進出するなど県内でも実績を残した。



ガッツポーズを見せる盛永智也選手(小山城南中)

 「県大会に出場すると、左腕につける赤いワッペンをもらえるのですが、先輩達がいっぱいつけていたので自分も欲しいなと思っていました。全国大会になるとさらに大きなワッペンがもらえるので、それを目標に頑張っていました」

 だが投手として実績を残す一方で、悔しさも経験した。
 少年野球のトップ選手が集うNPBジュニアトーナメントの出場を目指して、東京ヤクルトスワローズジュニアの選考会を受けた盛永投手だったが、最終選考で惜しくも落選。

 選考会では110キロを計測したがそれ以上にレベルの高い投手が多く、さらなる成長の必要性を感じたと振り返る。

 「周りは本当にレベルの高い投手ばかりでした。コントロールも直球も、全てにおいて力不足だと痛感しましたし、もっと努力しなければいけないなと感じました」

140キロ台到達の要因は「骨盤」の使い方

盛永智也投手(小山城南中)

 スワローズジュニアの落選を経験し、更なるレベルアップを目指した盛永投手は小山城南中に進み軟式野球部に入部。入部の際には硬式野球のクラブチームと迷ったが、最後は顧問である土屋監督の熱意が決め手になった。

 「土屋監督は本当に熱心な方で、ちゃんと育てるからと言ってくださり中学校の軟式野球部に入りました。チームはみんな全国大会を目標に頑張っていて、とても良いチームだなと思いました」

 負担の少ない軟式球だったことも幸いし、入部後は大きな怪我もなく順調に成長を続けた盛永投手。
 1年の秋からエースナンバーを掴むと、2年生の夏には栃木県大会を勝ち抜いて関東大会に出場。2年秋にも栃木県大会を制して春の全国大会への出場権を掴むなど、県内では頭一つ抜けた存在となった。

 球速も2年秋に135キロを計測すると、今年の春先にはセンサー内蔵の軟式球・テクニカルピッチで144キロを記録。中学野球屈指の剛腕投手として、破格の成長を続けている。

 盛永投手が、急成長の要因として挙げるのが骨盤の使い方だ。
 これまでは骨盤が反った状態で投げていたため、ボールに上手く力が伝わらなったが、骨盤をしっかり立てた状態で投げ込むことを土屋監督から指導をしてもらい、ボールの質が格段に向上した。



盛永智也投手(右・小山城南中)とバッテリーを組む草野晃伸選手(左)

 「土屋先生は元々、『上達屋』という東京の野球教室で理論を学んだそうです。自分もこれまでに3度東京まで連れて行っていただき、本場の指導を受けてドリルなどの課題もいただきました。それを毎日取り組むことで、さらにフォームも安定してきました」

 土屋監督の手厚いサポートもあり、ここまで順調に成長を続けた盛永投手。
 直球には一段と強いこだわりを持つが、今後はボールの回転数にもこだわっていくつもりだ。スピードを求める一方で、長いイニングを投げることができるように8割程度の力でも抑えていける投球も目指しており、盛永投手は「勝てる投手になりたい」と力強く語った。

 「将来の目標は、プロ野球選手です。そしてただプロ野球選手になるだけではなくて、日本を代表する選手になって何億も稼ぎたいと思っています。
 そのためにもっと回転数を上げていき、真っすぐで空振りが取れるようになりたいと思います」

 プロ野球選手として稼いだお金は、新しい球場の建設のために使い、野球少年たちがいつでも練習ができるような環境を作りたいとその先の目標も持つ盛永投手。
 また日本だけに止まらず、世界の野球人口増加にも貢献したいと語るなど、思い描く未来はどこまでもスケールが大きい。

 中学軟式屈指の右腕が、野球人としてこれからどんな成長を辿るのか注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)


関連記事
◆最速138キロのみちのくの剛腕 近藤悠人(宮城仙北ボーイズ)の持ち味は「強気に攻めるピッチング」
◆名門・中本牧シニアに現れた180センチ超えの強肩強打の遊撃手・小川大地の武器は「向上心の強さ」
◆最速150キロ右腕・森木 大智(高知2年)「波瀾万丈」の1年を経て熟成の時へ!