北海道の独自大会は7月11日から支部予選が開幕する。2017年、北北海道代表として甲子園を経験した滝川西で気になるのが神山藍人だ。

 130キロ台後半のストレートにカットボールやフォークなどの変化球を織り交ぜる道内屈指の右腕として注目される神山は、昨秋の全道大会でも登板をしており、夏の大会での好投が期待される。そんな神山の夏へ向けての意気込みとは。

小野寺大樹監督に背中を押され、滝川西の門を叩く

神山藍人(滝川西) ※写真提供=滝川西野球部

 神山が野球を始めたのは小学1年生。滝川ちびっ子野球少年団で3年生まで所属し、4年からは滝川ジュニアドラゴンズでプレーをした。当時は投手ではなく、キャッチャーをメインとしており、その後の滝川江陵中でも野手として活躍していた。

 「小学校の時は肩の強さや足の速さを武器にしていました。スポーツテストでやるソフトボール投げなんかも50、60メートルくらい投げられたんですが、中学の時は周りの選手たちの方が凄かったですね」

 それから神山は滝川西へ進学することを決意したが、野球は中学までで引退しようと考えていたとのことだった。



神山藍人(滝川西) ※写真提供=滝川西野球部

 「滝川西への進学の1番の決め手は2017年の甲子園でしたが、硬式は考えていなかったです。ですが、小野寺大樹監督が活動について教えてくださったり、1度練習に参加させてもらったときに先輩方が優しく接してくださり、入部することを決めました」

 こうして滝川西での高校野球生活をスタートさせた神山。当初は野手として勝負をし、1年生の秋の大会で初のベンチ入り。外野手としてプレーをしていたが、大会が終わるとピッチャーへの転向することとなる。

 「中学時代に少しやることもありましたが、ボールもそんなに速くなかったです。結果を残せるか不安もありました」と神山本人も自信を持てていない中だったが、結果を残すべく、練習を重ねた。

軸も心もブラさず、夏は速球を武器に暴れる

神山藍人(滝川西) ※写真提供=滝川西野球部

 そこで重点的に意識したことが下半身とボールのキレだ。

 「結果を残すためにも短距離と長距離それぞれ取り組んで下半身の強化をしていましたが、ボールのキレに関しては中学生からです。野手としてプレーをしていたのもあって高校から本格的に取り組んでいて、それを活かしたキレのあるボールが投げられているか。キャッチボールの段階から意識して、キャッチャーにはいつも確認してもらっています」

 そしてフォームに関しては、いかに軸をブラさないか。ここにポイントを置いて神山はピッチングをしているとのことだ。

 「先輩たちの試合でベンチにいる時にピッチャーを見ていると、良い投手は軸がきっちりしていることに気が付いたんです。だから、まずは足を上げた時が安定するか。ここが良ければ、次の動きも上手く連動していくはずなので、投げ終わりまで軸がブレないことを大事にしています」

 そして体格に関しても、補食をするなど食事の回数を意識的に増やし、入学時より身長は10センチ以上。体重は20キロ増やすなど、徹底して身体の強化もしてきた。本格的に投手に挑戦して1年半程度。現段階で把握できている最速は昨夏計測した138キロ。夏は140キロ以上の計測が十分期待される。

 「投手を始めた時は145キロ以上を目指してきましたし、自分はコントロールよりもスピードで勝負する投手だと思いますので、変化球を混ぜながらもストレートで勝負が出来ればと思います」と意気込みを語った神山。

 自粛期間もランニングやキャッチボールなど、出来る練習を続けてきた神山。昨秋の全道大会の札幌国際情報戦では悔しい想いをしたが、その想いを晴らし、最後の夏に剛速球を携えて一気にブレークすることを誓う。

(記事=編集部)


関連記事
◆高校通算58本塁打のスラッガー、高校生ナンバーワン左腕など公立校注目10名の逸材たち
◆2017年甲子園出場・滝川西。引退の時が来るまで変わらずに高校野球に取り組んでいく
◆夏の選手権、代替大会が切っ掛けとなり、高校野球新時代の方向性も見えてきた